小学部



学習習慣が夢の架け橋になる!子どもたちは大きな夢を叶える可能性を秘めています。そのために必要な学習習慣の定着を、九大進学ゼミは目指します。
授業&公開実力判定テストで学力UP無学年進級方式の学習システム指導

子どもの能力を伸ばすためには、ある程度の負荷が必要です。今の力より少し上のレベルに挑戦することで、子どもたちは刺激を受け、学習能力を高めていきます。 例えば、全校舎で「公開実力判定テスト」を年3回実施したり、日々の宿題(漢字・計算)の定着を図るため、年間8回の「日々宿王決定戦」を実施しています。九大進学ゼミの全校舎が参加するこのテストによって、お互いに競い合い、子どもたちの学習意欲と向上心を高めていきます。 また09年度より導入した「無学年進級方式」の学習システムにより、一人ひとりのレベル・スピードに合った指導・単元学習が可能になりました。国語では読み書きの練習から文章読解、算数は細かいステップで計算練習することで基礎を徹底的に学習していきます。
まずは、学校での学習内容を定着させ、成績アップを目指します。

学習の好循環
授業を受ける 日々の宿題 Qトレ
授業を受ける 日々の宿題 Qトレ

精鋭教師陣によるポイントを押さえた熱血授業を行います。子どもたち一人ひとりの表情を確認しながら、丁寧に授業を進めます。指導にあたるのは、九大進学ゼミ自慢の精鋭教師陣です。

家庭学習の習慣化・基礎学力の定着を目標に、毎日自宅で取り組む宿題です。スモールステップで取り組みやすい内容になっており、九大進学ゼミに通い始めてから家庭学習の習慣がついたという声も少なくありません。

Qトレとは宿題の内容や前回の授業内容を確認する小テストの事です。習熟度を確認せずに先へ進んだとしても、成果は上がりません。Qトレを毎日行い習熟度を確認していきます。

資格取得 作文添削 Jテスト
資格取得 作文添削 Jテスト

学期末に、総合的な習熟度を判断するための学力判定テスト「公開実力判定テスト」を実施します。小学校のテストだけでは本当の実力判断や苦手分野の発見は難しくなります。「公開実力判定テスト」を通じて現在の位置を把握し、次なる目標を定めていきます。

今、子どもたちに最も必要とされる力は「表現力」です。読み手に伝わるように、順序立てて説明をしたり、表現技法を用いて文意に強弱をつけたりする訓練を毎月行います。

漢字検定・英語検定などの資格試験にチャレンジすることができます。学習の目的を明確にし、なおかつ子どもたちに自信をもってもらうのに非常に有効です。積極的に挑戦することをお勧めします。

作文 添削指導を毎月実施
日々宿 家庭学習の習慣をつけます!

毎日必ず机に向かうことで、自然と家庭学習の習慣づけを行います。内容は国語が『漢字検定』取得、算数は幅広い計算力養成を目指した内容になっています。日々、漢字・計算の反復演習を行うことで、中学入学時までに必要な基礎学力を確かなものにします。

日々宿
Qトレ 日々宿→Qトレで理解度チェック

「日々宿」で家庭学習の習慣付けを図りますが、それだけでは子どもの成績は伸びません。日々宿で勉強した内容が、本当に定着しているのかを確かめることが、成績アップには欠かせません。この確認のテストが「Qトレ」です。「日々宿」で毎日勉強し、塾に来るたびに「Qトレ」で理解度チェック。この繰り返しこそが、子どもの勉強する習慣、そして成績UPを力強くサポートします!

中学部で大きな成果を上げている指導方法を小学部にも導入!子どもたちの学習意欲と向上心を高めていきたいと思います。

Qトレ
九進オリンピック 詳細はコチラ

※保護者様へのお願い
お子様が自分からすすんで「日々宿」に取り組んでいるときは、必ず褒めてあげてください。
保護者の方の一言が、お子様のやる気を育みます。

   
         
 
小学部コンテンツ
小学部国語
検定試験
小学部算数
九進オリンピック
小学部英語
 
     
ページの先頭へ戻る