広島大学

継続と計画の大切さを痛感

2018年高等部修了 男子

 僕は、受験を意識して勉強を始めたのは部活を引退した後でした。今は合格することができて安心していますが、もっと早くから勉強に一生懸命取り組んでいれば、本番直前で焦ることはなかったのではないかと思います。
 もう1つ反省点を挙げるならば、計画性だと思います。2年生の時に日本史を苦手教科にしてしまった僕は、3年生の夏に、本来ならば国数英に力注ぐ時期であるのに、かなりの時間を日本史に費やしてしまいました。しっかり計画を立てて勉強をしていれば、もっと良い点数がとれたのではないかと思います。僕は英語が得意だったので1 年生の頃からコツコツ単語を覚えていました。一方、あまり好きではなかった国語は、大した努力もしていなかったのでなかなか伸びませんでした。大学受験を通して、継続と計画の大切さを痛感しました。


熊本大学

切磋琢磨しあえる友人

2018年高等部修了 男子

 自分が大学受験を通して学んだことはライバルの存在の重要性です。テストが返ってきたらすぐに友達と比較することを自分はしていました。このやり方はメリットが多くあると思います。相手との点数を比較して負けている部分があると次のテストでは勝ちたいと思うようになると思います。時は「こんな問題もできないのかよ」と馬鹿にしたり、馬鹿にされたり今思えば前半は大学なんて関係なくライバルに勝つことだけ考えていました。でもそれをやってきたことは無駄ではなくむしろ自分の学力を上げてきた一番の要因といっても過言ではないかもしれません。これから受験生になるという人は、互いに切磋琢磨しあえる友人を作ることが自分の志望大学へ行く一番の近道だと思います。


無理をしない

2018年高等部修了 男子

 この度、私は熊本大学法学部に合格することができました。お世話になった先生方には改めてお礼申し上げます。
 受験において大事だと思ったことですが、私は「自分を追い詰めること」が大事だとは思っていません。もちろん、志望校合格を目指して継続的に力すること、向上しようとし続けるのは良い事です。ただ、毎日それを続けていると、いつか辛くなる時が来ます。そういう時は絶対に無理をしないで下さい。身体的にも精神的にも、勉強の効率的にもよいことはありません。次に、勉強法についてですが、これは人によって適切な方法は違うので強く言えませんが、教え合いができる友人が一人でもいるとかなり良いです。
 大変なことが色々ありますが、難しく考えず気楽にやってみて下さい。


気を付けたことが2つ

2018年高等部修了 女子

 私は受験勉強をする上で気を付けたことが2つあります。
 まず1つ目は自分の決めた志望校を貫くことです。私は高校1年生のときに熊大の放射線技術科学専攻に行きたいと思い、3年間先生に何か言われても最後まで志望校を変えずに合格することができました。目標を明確にすることでモチベーションを上げることができると思います。
 2つ目は模試の復習をしっかりすることです。私は様々な参考書に手を出すのではなく自分の解けない問題だけを集めた自分だけの参考書を作り、試験前もそれを見直していました。実際に苦手だった教科も復習に力を入れることで本番ではいい点を取ることができました。目標に向かって最後まであきらめずにがんばってください。


緊張を乗りこえて

2018年高等部修了 男子

 受験後に抱いた1 番の感想は、人生で1番緊張したということでした。センター試験のとき、1日目の最初の科目で僕はすごく緊張していて、簡単なはずの1問目が分からなくなってしまいました。そこで深呼吸して落ちつくことで、なんとか平静をとり戻すことができました。2次試験では、それほど緊張していなかったのですが、最初の数学が分からなくて、テスト中に泣きそうになってしまいました。その数学をいつまでも引きずってしまい、理科や英語でも合格の確信が得られないまま試験が終わってしまいました。数日後にその問題を解き直してみると、スラスラ解けてしまったことに呆然としました。自分はやはり緊張していたんだと思います。よって、これから受験する後輩たちは、緊張を乗りこえて受験して欲しいと思います。