福岡県立小倉高校

九大進学ゼミの先生方に感謝しています

2017年中学部修了 男子

 僕は中学1年生のときにはすでに塾に入塾していましたが、入試についてあまり考えたことがありませんでした。これまで、僕は配られた日々宿やQトレの課題は、見せるためするものだと思っていました。だから途中式を書く癖はつきましたが、他はあまり頭に入っていなかったです。しかし、3年に入りみんなが受験モードに入ると、ようやく自分のためにするものだと気付きました。そう思って取り組むと、多くの問題が力になり、頭に多く入るようになりました。
 僕は3学期のはじめは、数学の大問5と6があまり点数が取れませんでした。少し不安に感じましたが、先生方の指導が分かりやすく、入試の一ヶ月前には解けるようになりました。そして志望校に合格できました。九大進学ゼミの先生方に感謝しています。

九進の先生方への感謝の気持ち

2017年中学部修了 女子

 私は、中学3年生のときから、九大進学ゼミに通い始めました。私が志望校に合格できたのは、厳しくもとても親身になって指導してくださった先生方と、志望校合格という同じ目標をもった競い合える仲間と出会うことができたからだと思います。また、先生方がたくさんのアドバイスをくれたから私は頑張ることができました。その中でも私が一番心に残っているのは、「どの問題も一期一会だと思って真剣に取り組め」という言葉です。私はこの言葉を聞いてから、テキストや日々宿、プログレスの一つ一つの問題を真剣にもっと一生懸命に取り組むようになりました。ほんとうに九大進学ゼミでよかったです。私は、自分に自信を持たせ、大きく成長させてくれた九進の先生方への感謝の気持ちを忘れず、高校でも上位を目指して頑張ります。

九大進学ゼミで成してきたこと

2017年中学部修了 男子

 僕は、小6の末の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。友人が入っていたこともあり、自ら進んで通っていました。しかし、日が経つに連れ、塾に行くことを面倒に思うようになっていきました。それでも、日々の積み重ねである「日々の宿題」、またプロの先生による質の高い授業がなければ、今、「これ」を書いてはいなかったでしょう。
 日々の小さな努力を積み重ねることができたからこそ、それらの大切さに気が付くことができたのだと思います。
 これから、大学受験、就職試験、昇格・昇進試験など、より大きな壁が立ちはだかると思いますが、九大進学ゼミで成してきたことを活かしてがんばろうと思います。

最後までやる気を出させてくれた九大進学ゼミ

2017年中学部修了 女子

 九大進学ゼミに通うまでの私は、部活だけに一生懸命になっていて、家で全く勉強していませんでした。それを改善しようと入ったのがこの九大進学ゼミです。毎日ダラダラしていた私を変えてくれたのは先生方で、頑張ろうと思わせてくれたのはまわりのライバル達でした。先生方のわかりやすい授業や、レベルの高いライバル達と競い合うことができたおかげで、成績がぐんぐん伸びました。
 勉強しても成績が伸び悩み、勉強から離れたくなったときもありましたが、そんなときにやる気を出させてくれたのも、先生方やライバル達でした。もし、自分がやる気を出さず、本気で臨んでいなかったら、合格には届かなかったと思います。最後までやる気を出させてくれた九大進学ゼミには感謝の気持ちでいっぱいです。

先生のおかげで志望校を見つけ合格

2017年中学部修了 男子

 僕は、中学2年生のとき、九大進学ゼミの個別授業に通い始め、中学3年生から集団授業に通い始めました。九大進学ゼミに通い始める前は、定期テストでは学年10位くらいでしたが、九大進学ゼミの定期対策のおかげで順位を上げることができ、中学3年生の学年末テストでは、学年1位をとることができました。
 僕が今まで九大進学ゼミに通って特に印象に残っているのは、夏の合宿です。合宿へ行く前は、あまり楽しみではありませんでした。やっぱり勉強ばかりで大変ではあったけれど、そこで他の校舎の人とも仲良くなれて、きついけど楽しい3日間になりました。
 僕は入塾したときは、特に志望校はなく、いける学校でいいと思っていましたが、塾の先生のおかげで志望校を見つけ合格することができました。本当にありがとうございました。

良きライバルでもあり、大切な仲間

2017年中学部修了 女子

 私は、小1からパズル道場に通っていて、小6からは通常の授業も受け始めました。小6になってからは、お姉ちゃんのリベンジのため、小倉高校に行きたいと思い始めました。
 私は、卓球部に所属していました。とてもハードで、両立できてはいませんでした。中3の夏の偏差値は60ほどで、志望校が小倉高校だとは言えませんでした。部活を引退し、毎日、自習室をフル活用しました。しかし、11月になっても偏差値は変わりませんでした。塾の先生からアドバイスをもらい、勉強方法を変えてみると、驚くほど成績が上がり、勉強するのが楽しくなっていきました。
 曽根校やTOP校のみんなは、良きライバルでもあり、大切な仲間でもありました。自分の受験番号である331を見つけた瞬間、自分を追い込み勉強することができて良かったと、心から思いました。

日々宿プログレス

2017年中学部修了 男子

 自分は、2年の終わりから、塾に通っていました。1年間通いましたが、このように第一志望の高校に入ることができました。前日、自分はとても不安になりました。でも日々宿をパラッとめくると、「今までがんばってきた」と、自信が湧いてきました。
 自分は学力診断テスト等のテストは、時間が間に合わないタイプでした。これをどうにかしようと、日々宿の数学のページを時間を計って解いたり、何度も学診の過去問を時間内に解く練習をしました。その結果伸びたのは数学で、時間内に白い空欄をなくすことができるようになりました。
 塾で一番よかったと思ったのは、日々宿プログレスです。苦手な部分が一気に解消され得意分野にできる、恐ろしい武器です。大学受験は「苦手をなくす」ことに集中したいです。

量より質という考え方も受験間近には大事

2017年中学部修了 男子

 僕が受験を体験して、大切だと思ったことは、問題に真面目に取り組むことです。当たり前だ、と言う人もいるかもしれましせん。しかし、自分には簡単だからサボったり、難しいからとさじを投げたりしていませんか?
 九大進学ゼミの先生方は、いつでも僕たち生徒に真摯に向き合ってくれるし、テキストや宿題に無駄なものはありません。入試での点数を一点でも増やそうというつもりで、いろんな問題を解き、見直しましょう。
 なぜそのように、自分を磨き続け、高みを目指す必要があるかというと、本番で100%を発揮することはできないと僕は知ったからです。だから、このぐらいでいいやと妥協せずに、努力してください。皆さんの合格を祈っています。P・S…量より質という考え方も受験間近には大事ですよ。

多くの九進の先生方にお世話になりました

2017年中学部修了 男子

 僕は中3の一年間、毎日しんどかったです。勉強が嫌いで、部活に力を入れてて、しまいには中高一貫校で、僕は受験をできないような環境でした。その中で勉強するのは本当にキツく、辛かったです。しかし、僕は小倉高校に憧れを抱いていました。だがしかし、何度もくじけ、あきらめかけました。さらにしかし、不利な状況だからといってあきらめるのは違うと言いきかせ、何とか最後まで駆け抜けました。そして合格発表の日に、僕は結果を見て、嬉しさと達成感のあまりに吠えました。周りに引かれるぐらいに…。でも、そうなれるぐらいに頑張れたのは人生においてプラスな経験だったと思います。
 最後に、この一年間で多くの九進の先生方にお世話になりました。皆様、本当にありがとうございました!!

どれだけ真面目に頑張るかが重要

2017年中学部修了 女子

 私は中学2年生の春期講座から九大進学ゼミに入りました。入塾前、成績が下がりぎみになりよくなやんでいました。入塾後、熱心な先生たちと出会い、私は真面目に勉強しました。中学3年生になって、一番最初の定期テストでは学年2位をとることができました。この時に私は学びました。「真面目に取り組むと、結果はついてくる」ということを。
 その後の定期テストでは、いつも好成績を残せるようになりました。塾での学力診断テストでも偏差値も最終的に約9上げることができました。
 入塾前、小倉西高校の志望校判定がC だった私が、小倉高校に受かるとは思っていませんでした。でも、こうして受かることができました。どれだけ真面目に頑張るかが重要だと私は思います。頑張って下さい。


お電話での説明をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込みください。後日担当校舎より折り返しお電話にてご説明させていただきます。
コールバック申し込みはこちら

各種資料をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込みください。郵送にて資料を送付させていただきます。
資料請求はこちらから

お問い合せ内容やご意見等がございましたらこちらのフォームよりお願い致します。担当よりご連絡させていただきます。
お問い合せはこちらから