北九州工業高等専門学校

自分の努力だけではなく

2018年中学部修了 男子

 僕は、中学2 年生の冬期講習から九大進学ゼミに通い始めました。成績が伸び悩んでいたとき、九大進学ゼミに通っていた友達の成績がグンと伸びたことがきっかけです。
 学校の宿題と日々宿、部活と大変忙しく、辛い時もたくさんありましたが、定期考査のたびに結果に手応えを感じることが出来ました。
 また、部活を引退した後は、他の中学の友人もでき、声をかけ合いがんばることで、お互いに成績をあげていくことが出来たと思います。
 中学1 年生の頃からの第一志望の学校に合格することが出来たのは、自分の努力だけではなく、九大進学ゼミの先生と友達のおかげです。本当にありがとうございました。


練習は本番のように、本番は練習のように

2018年中学部修了 女子

 私は中学1 年生の最初から、この塾に通っていました。中学校に入学したときから、志望高校は北九州高専と決めていました。高専の入試は難しいと聞いてビクビクしながら志 望校に向けて頑張っていました。ところで入試のことですが、まずトイレには必ず行きましょう。トイレに行くか行かないかで、合否が分かれるといっても過言ではありません。そし て腕時計のアラームは必ず切っておきましょう。これは意外と忘れがちです。実際に試験中にアラームが鳴って落とされた人もいます。最後に緊張のことですが、九進で行なう模擬 テストの方が緊張します。練習は本番のように、本番は練習のように、です。
 恐れずに自分を信じて頑張ってください。


過去問を解くこと

2018年中学部修了 男子

 僕は部活を引退するまではほとんど勉強をせず、部活一筋の生活を送っていました。そして3年生夏の大会が終わり、どの塾に入ろうかと思って入ったのが九大進学ゼミでした。
 今までの自分の生活をガラッと変えてくれたのは先生方の熱い指導でした。最初は慣れない環境でも、周りのライバル達が優しく声をかけてくれてすぐにクラスになじむことがで き、そこからは勉強が楽しくなりました。そして、努力を続けた結果、僕は見事高専に合格することができました。
 もしこの文章を読んでいる高専志望の人がいるなら、僕が一つアドバイスをします。合格するならとにかく過去問を解くこと。高専は公立とは違い、独特な問題やマークシートで 出題されるので、問題に慣れて本番に向けての準備をすることが必要だと思います。


楽しかったな、入塾してよかったな

2018年中学部修了 女子

 私は九大進学ゼミに入学する前、高校のことはあやふやで、あまり真剣に考えていませんでした。でも、入塾してから高校についてたくさんのことを教わり、真剣に受験や高校につ いて考えるようになりました。それと同時にそれまでだらだらしていた現実に目を向けて、真面目に取り組むことができました。
 また、苦手な教科の英語では、学校では教えてくれない覚え方やポイントを分かりやすく教えてもらい、苦手を克服することができました。九進に通っていなかったら英語の克服 はできず、高校のこともなにも考えずにいたと思います。
 最初の頃はあまり塾が好きではなかったのですが、終わった今は、楽しかったな、入塾してよかったなと思っています。


塾でのQトレや年号テスト

2018年中学部修了 男子

 僕は、第一志望校である北九州高専に合格することができました。僕が合格できたのも九大進学ゼミの存在や先生方の支えがあったからだと思います。中1、中2 の頃は自分の進 路が中々定まらずにいました。北九州高専を真剣に目指すようになったのは中3 になってからでした。中3 の夏休みから本格的に受験勉強を始め、苦手教科や苦手分野の克服に取 り組みました。僕が受験勉強の中で、一番大切にしていたことは、小さなことをコツコツと積み重ねることです。一日最低でも一つの知識を得れば、一ヶ月で約30 の知識を得たこ とになります。僕は、塾でのQトレや年号テストなどを通して多くの知識を得ることができました。これから受験する皆さんはコツコツと取り組むことを忘れずに、志望校合格を 目指してください。


高専に合格

2018年中学部修了 男子

 僕は、中学1 年生から九進に通い始めました。最初は成績が良かったですが、すぐに悪くなり、なかなか伸びませんでした。しかし、受験生になって成績は少しずつ上がってい きました。それは、塾の先生方のおかげです。
 先生方は、いつもわかりやすく熱心に授業をしてくださいました。また、3 年生の夏に勉強合宿に参加しました。三日間ひたすら勉強してとても大変でしたが、その分力がつきま した。先生は、僕だけのために僕の苦手教科のプリントをたくさん用意してくださいました。それを毎日、コツコツやったことで、入試本番では力を発揮することができました。
 九進の先生のおかげで、高専に合格することができました。僕は、この塾に入って本当によかったと思います。