長崎県立長崎北陽台高校

どんなに高い壁でも、最後まであきらめず

2017年中学部修了 男子

 私は中学1年生の頃から九大進学ゼミに通い始めました。3年生の夏、部活が終わってこれから受験生というときには、私はなんとかなるだろうという甘い考えで、勉強に対する意欲も中途半端でした。しかし、夏の合宿で周りのレベルの高さに驚き、自分も頑張らないといけないと強く思いました。そこで私は、日々宿を徹底し、苦手な所を中心に多くの問題を解くことに専念しました。時には塾の先生がプリントを用意してくださったりもしました。すると、成績は徐々に上がっていき、自分に自信がついてきました。だから、本番でも平常心で勝負できたのではないかと思います。 「合格」という言葉は努力してきた人しかもらえません。どんなに高い壁でも、最後まであきらめずに乗り越えてください。

努力が自信となり、緊張もなくしてくれる

2017年中学部修了 女子

 私は3年生になる前の春休みから九大進学ゼミに通い始めました。もともと勉強に自信があったわけではなく、3年生の10月までの模試の判定はD でした…。あきらめようとも考えたし、受験勉強のやり方もわからなくなりました。でも、その中でやり続けたことが2 つあります。塾にしっかり通い続ける、日々宿を毎日解く、の2つです。悩みながらも頑張って続けました。その結果、11月ぐらいから成績が上がりました。成績はいつ上がるかは分からないけど、毎日やり続ければ必ず上がります。私は高校受験を通し、努力することの大切さを学べました。入試当日は、もちろん緊張します。でもその日までにした努力が自信となり、緊張もなくしてくれるので、日々宿も、その他の勉強も入試までやり続けてみてほしいです。

初めての塾が九大進学 ゼミで本当によかった

2017年中学部修了 女子

 私は、中学3年生の春期講座から塾に通い始めました。その時は、残りの1年頑張ろうと思うだけであまり受験を意識せずに過ごしていました。しかし、3年生になり毎月の模試ではC 判定やD 判定が多く、それを見てようやく危機感を持ち始めました。
 そこから、様々な努力をしてきました。先生にわからない問題を質問したり、先生が言った大事な所はメモをしたりし、家では毎日日々宿をするという日々を送っていました。その結果、模試でA 判定をとることができ、自信がつきました。
 入試当日は緊張し不安な気持ちでいっぱいでしたが、見事合格することができました。私が合格できたのは親、友達、九大進学ゼミの先生方のおかげです。初めての塾が九大進学 ゼミで本当によかったです。

九大進学ゼミの存在はとても大きい

2017年中学部修了 女子

 受験生としての1年間、私は九大進学ゼミに通っていたので前向きに受験勉強に励むことができました。
 最初の頃、私は「受験生」とは何なのか全く分かりませんでした。勉強を死ぬほどするというイメージはありましたが、死ぬほどとはどれくらいなのか見当もつきませんでした。しかし、夏期講習から始まり合宿、冬期講習、正月特訓とだんだん勉強時間と勉強量がふえていき、本気であきらめそうになりました。そんなとき、私を自信付けてくれたのは九大進学ゼミの先生方の熱い言葉でした。きっと、あの時声をかけられていなければ、今の死ぬほど頑張れている私はいなかったと思います。私の青春の思い出に、九大進学ゼミの存在はとても大きいです。約2年間、私を大きく成長させてくれて有難うございました。

ここでがんばれたことを思い出し

2017年中学部修了 男子

 私は、1年生の最初からテストなどは悪くありませんでした。ですが、九大進学ゼミに通うようになってからしっかりと自分のペースで勉強をするようになり、さらに得意の数学をのばすことができました。
 九大進学ゼミでは、勉強の楽しさや、目標にむかって努力することの大切さなどを学ぶことができ、クラブでラグビーをしながら、勉強にも全力で取り組むことができるようになりました。
 このように、中学校生活を充実させることができたのは、九大進学ゼミの先生方と出会うことができたからだと思います。本当にありがとうございました。
 これから大変なこともあると思いますが、ここでがんばれたことを思い出しがんばっていきます。

九進で学んだ3年間

2017年中学部修了 女子

 私は、一年生の頃から九大進学ゼミに通っていました。最初は、塾の宿題もヤル気が無くなんとなくで進めていましたが先生方に指導していただいてからはヤル気が出て、毎日の日々宿を真剣に取り組むことができるようになりました。学年が上がるごとに授業や宿題が難しくなっていき追いつくのも大変でしたが、先生方が親切に分かりやすく教えてくれたので理解しながら進むことができました。そして、受験生になってから夏期や冬期の講習がとてもありがたかったです。周りが休憩している間にたくさん勉強した分、自分の力になり自信になりました。受験本番は、緊張したけれど九進で学んだ3年間を思い出し最後まであきらめずに問題を解くことができました。受験を頑張った分、高校生活を楽しみます!今までありがとうございました!

大事だと思ったこと

2017年中学部修了 男子

 僕はこの受験を体験して大事だと思ったことがいくつかあります。
 一つ目は日々宿をしっかりとすることです。日々宿で基本的な問題をしっかり復習できていれば、テストでのミスがへってきます。また今回の入試のときに日々宿で一度したところがでたので、日々宿はしっかりしておいたほうがいいと思います。
 二つ目はあきらめないで最後までしっかり頑張ることです。3年の初めの頃は受験というものがどんなものかわかりませんでしたが部活動が終わって本格的に勉強時間が増えてきたときは、とてもつらかったです。しかしあきらめずに最後までやれば、かならず結果がついてくると思いました。そして、あきらめずにやりとおして、長崎北陽台高校にうかったのでよかったです。

十分に点がとれるようになれてきました

2017年中学部修了 男子

 僕は北陽台高校に行くことを3年生にあがったときから考えていたので塾の模試でもずっと志望校は北陽台にしてきました。ちょうど夏休みが始まるくらいの模試では希望していた学科はD判定でした。これではだめだと思い夏休みからはより勉強に力を入れ始めました。そんな中で、塾の日々宿はしっかりやってきてよかったと思います。日々宿の内容を完璧にするだけでもだいぶ点をとれてくると思います。また実際に入試にも出た問題もありました。こうやってまずは塾の宿題や特ゼミなどでもらえるプリントなどで、他の問題集を買わなくてもしっかりやれば十分に点がとれるようになれてきました。そしてA判定にまでして入試に挑むことができました。九大に行っていたからこそ受かることができたと思うので信じて勉強を続けてよかったです。

解き終わるのが目的でなく

2017年中学部修了 男子

 中総体が終わり夏休みになると、塾の回数や授業数や日々宿が増え勉強時間が長くなりました。始めはキツイかも知れませんが、毎日勉強していくと慣れていきます。ここで一番してはいけないことは答えを写すことです。今年の国語の入試では日々宿の問題が出ました。たくさん問題に触れているとこのようなことがあり、日々宿は先生方が作成してとても良い教材だからです。
 早めに取りかかった方が良いことはすべての教科の基本をできるようにすることと、英語に関しては毎日長文を読むことです。英語が苦手な僕でも克服することができました。
 問題を解く上で解き終わるのが目的でなく、解けるようになることが重要なので分からないことを恥じずに先生方に聞くことをおすすめします。

合格を無駄にする事がないよう

2017年中学部修了 女子

 私が受験を通して大切だなと思った事は周りのサポートです。私は何度も周りから「早く勉強しなさい!」や、「勉強しないと受からないよ!」などという言葉を言われ続けました。正直その時は「分かっとる」や「今からする」など反抗した態度をとりながら勉強をしていました。しかし受験が終わった今、よく考えてみると、周りの厳しい言葉があったからこそ勉強にはげむ事ができたし合格することができたと思います。もしあの言葉がなければ確実に楽な道を選び合格もあやうかったと思います。私の合格は自分の実力だけでなく周りのサポートあっての合格なので高校に入ってからはこの合格を無駄にする事がないよう何事にも一生懸命取り組みたいです。

受験が終わった後の開放感はすごい

2017年中学部修了 女子

 私は最初北高と北陽台でずっと迷っていました。今考えると、一生懸命勉強して北陽台という上を目指して良かったなと思います。三年生の一学期ごろはテストの点があまり上がらず、本当に受かるのか…などの不安が大きかったです。しかし、九大に入って勉強していくと自分の知らないうちに力がついていて本番に一番自信になるのは今まで自分はたくさん勉強してきたと思うことだと思います。私は家でテレビを見たりして焦ることもありましたが、その分できるだけ毎日自習に行くようにしていました。受験間近になると、勉強ばっかりして頭がおかしくなりそうでしたが受験が終わった後の開放感はすごいです!本当にがんばって良かったなぁとすごく感じることができました。

準備を完璧にしておいて自分に自信をもつ

2017年中学部修了 男子

 僕は、今回の公立入試ではあまり自信がありませんでした。特に2日目の数学はとても難しくて半分くらいしか自信がありませんでした。でも、今まで塾の日々宿を毎日やってきたことが、なんとなく受かっているだろうという自信になりました。だから、毎日続けることの大切さがよく分かりました。また、面接は約10分間で4つほどの質問をされました。3人の面接官がいたのでとてもきんちょうしました。でも、一緒に面接をした仲間も同じようなかんじでだったのですこし安心しました。面接でやらかしたと思ったことが、作法でとまどってしまったことです。だからきちんと体に覚えさせておけばよかったと後かいしています。そして、準備を完璧にしておいて自分に自信をもつことがいちばん大事だと感じました。

とにかく自分を信じることが大切

2017年中学部修了 男子

 私は中学3年生から九大進学ゼミに通い始めました。推薦入試を希望していたため、2学期の評定を上げる必要があると言われ、日々努力してきました。塾で先取りすることで学校の内容もすらすらと解くことができ、受験勉強に励むことができました。その結果、2学期の評定が上がり、推薦入試に挑むことを決断しました。塾長から言われた「最後まで油断しない」を胸にきざみ、自分ができることを精一杯やり続けました。今までの努力もあり、無事に北陽台高校に合格することができました。合格内定をもらったのも、家族や学校、塾の先生方の支えがあったからだと思います。これから、受験を迎えるみなさんへ。とにかく自分を信じることが大切です。自分の努力を自信にし、がんばってください。


お電話での説明をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込みください。後日担当校舎より折り返しお電話にてご説明させていただきます。
コールバック申し込みはこちら

各種資料をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込みください。郵送にて資料を送付させていただきます。
資料請求はこちらから

お問い合せ内容やご意見等がございましたらこちらのフォームよりお願い致します。担当よりご連絡させていただきます。
お問い合せはこちらから