吉敷校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒753-0814 山口県山口市吉敷下東1-17-15
電話番号 083-922-5533
集団指導 小学生中学生See-beパズルジュニアイングリッシュ
個別指導 小学生中学生高校生映像指導
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

夏期講座スケジュール

夏期講座スケジュール

上部へ戻る
   
 
1

秋季県体予選に今年も行ってきました!

更新日:19.07.27

先日、秋季県体予選の応援に行ってきました。

真剣な顔で部活に打ち込む生徒たちを見て、
勉強のときとは、また違う表情が見ることができて、感動しました。




熱中症になりやすい気候になっているので、体調管理にはお気をつけください。
いよいよ、夏期講座がスタートします。
それでは、今年の夏も、生徒たちと一緒に頑張っていきます!

上部へ戻る
1

立体4目並べと、思考力養成講座体験会について

更新日:19.07.09

前回は、思考力養成講座(パズル道場)の開講の背景とイメージ化能力についてお話しました。
今回は、生徒たちに人気のある教材「立体4目並べ」についてと、7月に実施する思考力養成講座体験会についてお話します。

  【立体4目並べについて】
授業の中では、プリントやテキストを使う時間の他に、実際に教具を触りながら頭を使う時間もあります。そんな教具の中でも人気があるのが立体4目並べです。
2人で対決するもので、白のコマもしくは黒のコマを一列に並べることができれば勝利となります。通常の4目並べと異なるのは「立体的」だということです。
 パズル

パズル

相手がどんな戦略で、何を狙っているのか、を立体的に考え、それを阻止しながら自分の色のコマを一列並べる。
なかなか奥深い教具です。

私も生徒と勝負することがありますが「先生は何を狙っているのかな?」と言いながら「う〜ん」と頭をひねっている生徒もいます。そしてだんだん生徒たちのレベルが上がってきているのを感じます。


このように、プリントやテキストで平面的な問題を解くだけでなく、手を使って立体的な思考や戦略的思考を鍛える時間もあるのが、思考力養成講座(パズル道場)の特徴です。

【体験会開催!!】
通常の国語や算数の授業とは形式が異なる講座ですので、体験してみないといまいちイメージが湧かないかもしれませんね。そこで、7月に参加費無料の体験会を開催します!!日程は以下のとおりです。

パズル
 
ご興味のある方は遠慮なくご連絡ください。また、行きたいけれど日程が合わないなどありましたら校舎までご相談ください。

上部へ戻る
1

英語の重要性が、さらに高まります!!

更新日:19.07.05

こんにちは、九大進学ゼミです。

「なんで勉強しないといけないの?」

お子様から、このような質問を投げかけられて、対応に困った方も多いのではないでしょうか?
この質問はたいてい勉強への不満だったり逃避願望など、学習への意欲が低下している際に出やすいものですね。
ですから、私達は「受験があるから」とか、「将来のため」といった、安易な返答はできません。やる気を引き出すために、たくさん会話しながら、生徒それぞれに答えを見つけさせるように対応しています。

また、英語の学習が盛んになると、次のような発言を耳にすることが増えました。
外国に行くつもりない」「英語を使うような仕事はしない」というような内容です。私も中学のころは、「日本最高」「海外には行きたくない」なんてことを言っていました。ですが、大人になり世界を旅するようになり、「もっと英会話の勉強をしておけばよかった」と強く後悔しています。

そして、これからの時代は海外に行かなくても、英語が必要になると言われています。グローバル化が進み、多くの外国の方が日本に訪れる時代になりました。観光地やテーマパーク、ショッピングモールには海外のお客様に対応できる専任のスタッフを配置するようにもなりました。今後は「英語を話せる」という条件で給料が多少上がったり、採用の際に優遇されたりするようになっていくでしょう。近い将来には「英語ができません」ということが、足かせになる時代も来るのかも知れません。

そのため、日本の教育全体からも「英語でコミュニケーションが取れる」ことに力を入れようという流れが読み取れます。
ご存知の方も多いと思いますが、来年より小学生からの英語教育も大きく変わります。
本日は「小、中、高に英語を教えている教師の目線」で、さらには「お子様の将来を考える塾の目線」で、この「英語教育改革」を簡単にお話ししようと思います!

小学生英語
なぜ小学生英語が変わるのか?

前提として、この変化は「将来使える英語力」を育成するためのものです。「将来使える」とはすなわち、「英語を用いてコミュニケーションをとることができる」ことを最終的な到達地点とします。グローバル化という言葉が叫ばれて久しくなりました。世界的な経済活動に今後日本がより積極的に参入して行くために、英語で直接コミュニケーションを取れる人材を必要としていることがわかります。また諸外国の方が気兼ねなく日本に来ることができるように、国民全体の英語レベルを引き上げようという目的もあるでしょう。

ところで、コミュニケーションと聞いて、何をしている様子が浮かびますか?
多くの方は、諸外国の方々と対話をしたり、会議を開いたりしている姿を想像されるのではないかと思います。
実はこの「対話」というのが、これからの時代の大きな流れを体現しています。

これからの英語は「4技能(読む・書く・聞く・話す能力)」が問われるようになってきます。この4技能をバランスよく鍛えることによって、将来使える英語力を身につけることができると考えられているからです。
私たちの学生時代は「読む・書く力」を徹底的に鍛えるのが主流でした。しかしこれからの教育の波は「話す・聞く力」にも力点が置かれるようになることでしょう。ちなみに、中学校では「オールイングリッシュ(日本語を一切使わない英語の授業)」を取り入れたり、高校では英語を使ってディベートしたり、授業のあり方にも大きな変化が見られるようになります。
そうして、実際に「英語を使う」「英語で会話する」力を養っていこうというのが、この変化全体を通しての目的といえるでしょう。

小学生英語

◎具体的にどう変わる?

まず大枠の話からすると「2020年から小学5〜6年生では英語が「教科化」されること、3〜4年生では「外国語活動(今までは5〜6年生に実施していた)」が始まること」が発表されています。

指導学年の引き上げがあった「外国語活動」では「聞く・話す」力重視の指導が多いようです。挨拶や数字、自分の名前の「言い方」。曜日や時刻、食べ物やほしいものの「尋ね方」。絵本や短い話を「聞い」て理解するなどですね。別の視点から言えば「楽しく英語に親しむことが大前提」の授業構成です。以前「JEコース」の説明でもお話しさせていただきましたが、英語教育の入り口として非常に大切なのが「つまらないと思わせない」ことです。学年が上がるにつれて難しく、テストとして点数化される英語という教科にとっては、初めて触れる英語が「楽しいもの」であるという刷り込みは必要不可欠な導入です。

5年生になると、いよいよ英語という科目が「教科化」されます。前学年までと異なり、「成績として通知表に明記される」ようになるのが一つの大きな変化です。
この「教科化」からは色々な可能性を考えることができます。例えば、成績として評価するためには、評価の基準となるテストを実施する必要がありますよね。現段階では「600〜700語の単語を学ぶ」という発表がされていますが、これを覚えているかどうかのテストが実施されるようになるでしょう。これまでも450単語という基準はありましたが、「教科」として扱われていなかったがためにテストや習熟状況、統一されたルールのようなものはありませんでした。中学生になったときに、定着度合いの差が小学校ごとに大きかったのも、今までのルールでは仕方の無いことだと思います。

単語だけではありません。5年生からはこれまでの学習内容に加えて「簡単な語句を使って自分の考えを「書く」こと」も習うようになります。「簡単な」と言っていますが、例えば「We can enjoy running in this park.」は本当に小学生にとって簡単なのだろうか、と疑問に思うところはあります。これは中二で習う文法がいろいろ使われています。おそらく「We can enjoy 〜ing.」の形で、「〜ing」の部分を言い換える練習が中心になると思いますが、大人が思う以上に英文を書くことは生徒の負担が大きいことも事実です。書くことへの抵抗感をどうやって抑えるか、これが小学校英語の大きな課題になると考えています。

さらに、一つの教科としての扱いを受けるのであれば、「中学受験に英語が導入される」可能性も視野に入れるべきです。最近は私立中学の受験を受けられる方も増えてきました。各中学校の受験科目が発表されてから準備していては厳しいものがあります。かといって、学校の授業で中学入試レベルまで面倒を見てくれるかというのもまだわかりません。早いうちから「英語に触れる」だけでなく「英文を書く練習、英文の基礎を身につける」必要があるのかも知れません。

簡単にまとめると「小3・4年生から簡単な英語教育が始まる」「小5・6年生が本格的な英語教育に変わる」という感じでしょうか。特に「小5・6では通知表に載る」ようになるのが難しいところです。少なからずや単元テストの実施、受験への採用など、教育における英語の比重は大きくなることは間違いありません。

小学校における英語教育の変更点

学 年英語の授業
(実施コマ数
※1コマ45分
中心となる内容成績評価
今年まで小学3・4年生無し-無し
来年以降小学3・4年生外国語活動
(15コマ)
アルファベット
短文を聞く
無し
今年まで小学5・6年生外国語活動
(35コマ)
「聞く・話す」
英語に慣れ親しむ
無し
来年以降小学5・6年生教科としての
『英語』(50コマ)
上記内容
+
自分の考えを「書く」
有り


 ◎急激な変化に乗り遅れないために!

九大進学ゼミでは、英語教育の準備に向けて「英語体験コース」を開設することにしました。
これは、英語未経験の生徒限定のコースです。英語は不安だけど、何から始めたらよいのか分からないという方に最適のコースです。英語を楽しみならが、聞く・読む・話す・書くといった英語教育に必要な力を育成します。
この夏を通して「本当の英語が聞けた!」「英語が少しわかるようになった!」と英語に前向きになれるようにサポートさせていただきます。

小学校における英語教育の変更点

学 年英語の授業
(実施コマ数
※1コマ45分
中心となる内容成績評価
今年まで 小学3・4年生 無し-無し
来年以降 小学3・4年生 外国語活動
(15コマ)
アルファベット
短文を聞く
無し
今年まで 小学5・6年生 外国語活動
(35コマ)
「聞く・話す」
英語に慣れ親しむ
無し
来年以降 小学5・6年生 教科としての
『英語』(50コマ)
上記内容
+
自分の考えを「書く」
有り

JE


来年から始まる、小学校の英語改革に向けて、ぜひ一緒に準備を進めましょう。
興味がある方は、ぜひ校舎までお問い合わせください。


上部へ戻る
1

期末テスト前の力試し。大成功へ向けて!!

更新日:19.06.07

1学期も半分が過ぎ、いよいよ期末テストが迫ってきています。
ご準備はいかがでしょうか。

「何をすればよいのだろう、そもそも何を勉強すればいいの・・? 何が分からないのかわからない・・」
という風に思っているかたもいらっしゃるかもしれません。

そこで、九大進学ゼミでは、毎回恒例の期末直前テスト会&勉強会を実施しています。

このテストでは、各教師がそれぞれの中学校のテスト範囲や学校のワーク、プリントを徹底分析して作成した、
中学校ぴったりの完全予想問題を解いていきます。

テスト会

勉強会
早めの対策で弱点克服    〜敵を知れば、すべきことが見えてくる!!〜
オリジナル教材をプレゼント 〜九進の定期テストを分析して作成した予想問題集で、基礎力&実力を底上げ!!
要点を絞った対策       〜テストでよく出る問題や間違いやすい問題など、要点を絞って効率よく勉強ができる〜

このテストで、現状の定着度を知り、自分の弱点を見つけることで、本番までの期間、自分が何をするべきなのかが見えてきます。
テスト後は、こちらが準備したオリジナル教材をプレゼントします。
各教師が、過去の定期テストの分析して対策をしていくので、各教科で要点やコツをつかみながら、
勉強を進めていくことができます。
テスト後の残りの期間で、弱点の補強や覚えなおし・やり直しをして基礎力・実力の定着を定着させます。
そして、直前テスト会では、テストに確実に出題されるポイントを絞ったプリントご準備しています。
最後の総仕上げをしていきます。

早めの対策で、テストの復習を万全にして本番に望むことができれば、自己最高得点間違いなしです!
夏休み前、最高の自分で締めくくりましょう。

上部へ戻る
1

小学生対象☆学期に1度の力試し!!

更新日:19.06.06

こんにちは、6月になり、新しい学年にもそろそろ慣れたころではないでしょうか。

今回は、毎年している学期に1度の小学生対象の「公開実力判定テスト」のお知らせです。
成績アップのためには、まずは確認することが大切です。
1学期に習った内容はもちろん、前学年の復習も出題されますので、学習の定着度合いをはかるのに
よい機会となります。
実力テスト

得意分野・苦手分野の発掘!
 これをきっかけに得意分野、苦手分野を明確にして、これからの勉強に役立ていくことができます。
やり直しプリントで弱点補強!
 受験者にはやり直しプリントで、間違えた問題の復習にお役立ていただけます。

新学年になってからの初めての実力判定テスト!
7月下旬以降から開講する夏期講座を優先して受講をご案内をいたします。
参加費は無料で、小学生(小3〜小6)はどなたでも、受験可能です。

もしご興味があれば、いつでも校舎までご連絡ください。

上部へ戻る

   
  塾長挨拶

武居 裕介 < たけすえ ゆうすけ >

数学と社会を指導しています。 生徒一人ひとりと真剣に向き合い、生徒や保護者の目標を実現できるように全力でサポートします。

担当科目(数:社)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る