久留米国分校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒839-0863 福岡県久留米市国分町1637-1
電話番号 0942-21-7744
集団指導 小学生中学生ジュニアイングリッシュ
個別指導 小学生中学生高校生
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

1学期講座時間割

1学期講座

上部へ戻る
   
 
1

どんな先生いるのかな?〜第1弾〜

更新日:18.05.18

こんにちは、九大進学ゼミ・国分校です。

中学生は体育祭の猛練習が続いていますね。
そんな中、中間テストは刻一刻と近づいてきています。
「休むときは休む、でもやるときはやる」を合言葉に日々熱血授業が行われています!
妥協はしません!!
なぜなら『生徒の夢は、教師の夢でもある』からです。
子どもたちの未来のためなら、どんなときだって妥協という文字は存在しません。

今日は、そんな九大進学ゼミ・国分校で授業を担当する教師をご紹介したいと思います!!

中1・2の社会を担当している、あの先生をご紹介!!
若さ溢れる熱血教師!
それでは、どうぞ!!
さぁ、次の教師は誰でしょうか。お楽しみに〜♪

上部へ戻る
1

【小学部】ジュニア・イングリッシュコースって?

更新日:18.05.17

こんにちは。九大進学ゼミ国分校です。最近、アイスが食べたいくらい暑いかと思ったら、上着が必要なくらい寒い日も・・・。昼夜の温度差が激しくなっているようなので、体調管理には気をつけられてください。

さて、本日は小学部英語指導のジュニアEnglishコースを紹介したいと思います。
小学校から、英語の「読む・書く・聞く・話す4つの技能の習得に重きを置き、中学校に入るまでの英語の基礎学力の向上を目的とした指導となります。

【久留米国分校 ジュニアEnglishコース指導形態】
学年 内容 通塾日 時間帯
小1〜6 英語 水曜日または木曜日
(週2回受講も可能!)
17:10〜18:10

魅力(1):英語のあいさつ・会話表現を育成します。
英語の指導の始まりには必ず英語のあいさつを行います。
あいさつ・会話表現を生徒と教師がかけあうことで、英会話の表現を定着させていくことが狙いです。
また「はさみは英語で何と言いますか?」「もっとゆっくり言ってください。」「テストを受けたいです。」などなどのよく授業で使う言葉は、なるべく英語でやりとりをするようにして鍛えています。
JE


魅力(2):音声ペンを使って、ネイティブな発音を聞けます。

音声ペンを使用することで、いつでもきれいな発音をくり返し聞けることが最大の魅力です。これで聞きたいときに瞬時に繰り返し聞く学習が可能になりました。英語力の基礎は「聞く力・発音する力」です。楽しみながら英語を学んでいきます。

【右の写真】
実際のタッチペンです。これを教材に触れさせると、単語や英文のネイティブな音声が聞けます。このペンにテキスト全級の音声が集約されています。



魅力(3):無学年式で、レベルに合わせて進めていきます。
小学1年生から英語に取り組ませることができることはもちろん、無学年の進級テキストにより、お子様のレベルに応じた指導を行うことが可能です。生徒の進度に合わせながら個別に指導を行います。進級時には「進級テスト」を行い、きちんと理解・定着しているかを確認します。
JE
JE



魅力(4):ジュニアEnglishポイント制度


ジュニアコース(通常指導)同様、ジュニアEnglishコースでも専用のポイント制度・景品が存在します。テキストを進めた努力量や、単語の確認テストなどで満点を獲得した場合などにポイントを贈呈し、その集めたポイントで景品交換もできます。
※もちろんポイント制度には、規律を守る為のルールがあります。ルールに反した場合は残念ですが没収するときもあります。

【右の写真】
実際のポイントカードです。子どもたちはこのポイントを集めるのがたまらないみたいです。


魅力(5):J−stars★で単語力養成
J−stars★とは30秒間に何単語いえるか?というゲーム感覚のチェックテストです!月に1度行い、学習した単語の中からチェックしていくので、復習もこれでバッチリです。「先生、まだJ−starsしないんですか?」「家で練習してこようっと!」と子どもたちも楽しんで学習を進めています。

小学生の時期は、教室内で学んでいく能力・説明を聞いて理解する能力が上がってくるため、言語を学習する能力も高くなりやすくなります。グローバル化が進んだ現代、そして中学校に上がる前に、是非英語力を身につけておきたいものですね。

無料体験も可能ですので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
九大進学ゼミ 久留米国分校 TEL : 0942-21-7744


上部へ戻る
1

(小学生)ジュニアコースのご紹介

更新日:18.05.10

1学期講座が開講してまもなく1ヶ月が経とうとしています。新しい学年に上がって毎日新しいことに挑戦している生徒たちのキラキラした笑顔も増えましたね!
私も毎日生徒たちの笑顔にたくさんのやる気をもらっています!!
今回は、そんな国分校の小学生の様子と魅力をご紹介したいと思います。

国分校小学部には、国・算個別指導、Jr.Englishの2つのコースがありますが、まずは、通常指導となるジュニアコースのご紹介です!

【久留米国分校 ジュニアコース指導形態】
学年 内容 通塾日 時間帯
小3〜6 国語・算数 火・水・木・金から
週1or週2回 選択
17:10〜18:35

ジュニア


通常の個別指導では、1日2コマ(1コマ40分)の指導で、国語と算数の2教科の基礎力養成を行います。テキストは進級式となり、最初のテキストは、「テキスト級判定テスト」を実施して選定していきます。定期的にテキストの級ごとの理解度チェックテストを行うことで、全学年の学習内容に不足があっても効果的に復習することが可能になります。


加えて、家庭学習にも力を入れていくために、毎日課題があります。



それがこちら。

魅力(1)日々の宿題

 「日々の宿題」(通称:日々宿)です。この日々宿を使って反復練習をすることで漢字の読み書きの能力や、計算力を養っていきます。また、毎回回収をして丸付けのやり方や、やり直しの方法についての指導も行います。







そして、日々宿の力試しがこれです!

魅力(2)Qトレ


九進は、宿題をただやらせっぱなしにはしません。大切なのは宿題の中身がきちんと理解できているかです。毎回授業の最初にこのQトレを行って、生徒の理解度を確認します。(通塾日前日の日々宿の内容が出されます。)













また、小学部にはさまざまなイベントがあり、毎月行われるのがこちら。

魅力(3)作文添削

毎月異なる課題で作文を書いてもらい添削を行います。今のうちから「作文を書く」ということに慣れておくことは、後々の受験にも役立ちます!!




もう1つ欠かせないのが、これ!!

魅力(4)九進オリンピック

この九進オリンピックでは、パズルのような問題を使って、頭のやわらかさなどを競います。校舎内はもちろん、他の校舎も含めた全体の小学部の中での順位が出るので子供たちのやる気もアップです!!


この他にも、日々宿王や、実力判定テストなどたくさんイベントがあります!!

毎日の授業の姿勢や、日々宿に取り組む姿勢など生徒たちの一生懸命な姿には、いつも感心させられます。
生徒たちのやる気に応えていけるように、教師一丸となって頑張っていきます!!


上部へ戻る
1

公立高校入試実績!

更新日:18.03.21

3月7日に福岡県公立高校入試が行われました。
そして、多くの九進生たちが志望校合格を勝ち取りました。
夢の実現に挑戦した九進生たちの結果をご覧ください。

合格

高校受験を通じて学んだことを活かして、高校生活でも活躍してくれることを期待しています!


上部へ戻る
1

小学生英語コース増設のお知らせです!!

更新日:18.03.20

こんにちは、九大進学ゼミ国分校です。

2020年の教育改革に向け、様々な方針が見えてくるようになりました。
小学5・6年生には英語が教科として導入されるようになり、
また、中学校でのオールイングリッシュの授業、大学入試における英語外部試験の積極的な活用などです。

お子様をとりまく環境は、今まで以上に英語が必要とされる環境へと変化していきます。

ジュニア・イングリッシュでは教育改革で求められる「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を効率よく鍛えます。

個別・自立学習ですので、自分に合ったペースで進めることができます。
発音状態や理解度は専任の教師が細かくチェックしますので、ご安心ください。

大人気のジュニア・イングリッシュコースはずっと定員状態でした・・・
が、この春4月よりコース増設が決定いたしました!!
毎週水・木曜日17:10〜18:10
を予定しています。
ご案内できるお席数に限りがございますので、ご希望の方は校舎までお気軽にご連絡ください。

今後大学入試でも英語は4技能が中心になっていきます。
この機会に九大進学ゼミ国分校で英語の学習を始めませんか。
みなさんの挑戦をお待ちしています!
JE

上部へ戻る

   
  塾長挨拶

岸川 友紀 < きしかわ ゆき >

子どもたちには無限の可能性があります。心が負けていなければ、どんな夢だって叶えることができると信じています。その可能性を引き出す、広げるのが私たち教師の使命でもあります。子どもたちの持っている力、そして可能性をどこまでも信じて指導します!!

担当科目(英:国)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る