視覚で理解する次世代の授業システム See-be 視覚で理解する次世代の授業システム

See-be(シー・ビー)は、授業用に特化されたツールです。実際に教鞭を執る教師の立場から、指導を強力に補助するマルチメディア素材を作成・収集して開発された、画期的な指導ツールといえます。

特に動画素材に関しては、NHKアーカイブスの膨大な資料映像を始め博物館、大学など各種の研究機関から協力を得ることができました。目の前のホワイトボードがマルチメディアの大スクリーンに変わり、見たこともない興味深い映像が画面いっぱいに広がります。

九大進学ゼミでは、佐鳴予備校とのアライアンス成功により、各校舎への導入を進めております。
今後、さらに導入校舎を拡大予定です。

美しくわかりやすいイラスト 貴重な動画映像資料 教師の操作で動く実験シミュレーション
See-be の効能1
百聞は一見に如かず。体感すれば忘れない!
1

右脳が活用される授業

子どもたちの「勉強」は、新しい知識の吸収、新しい論理の理解の連続です。理解できない事により「勉強は面白くない。」「暗記は苦手。」と言う状態に陥りやすくなります。これは言ってみれば情報を処理しきれない左脳からの悲鳴といえます。
言葉や理論は、右脳が処理する視覚情報と併用することで、ずっと理解しやすくなります。難解な説明であっても、タイミングよく映像を使用することで、無理なく知識を吸収できるわけです。
See-be(シー・ビー)を利用する授業では、必要なタイミングで教師が映像を提示し、理解を助けます。

See-beの効能
1

子供の好奇心をくすぐる

See-be(シー・ビー)に登場する映像素材は、単に説明のための補助的な図版ばかりでなく、映像それ自体が子どもたちの好奇心を呼び起こす、楽しくて興味深いものになっています。
「知りたい」と能動的に求めて得た知識、「なぜそうなるのか」と自ら探求して得た結論、感動や驚きとともに知った事柄は、確実に定着します。
See-be(シー・ビー)の映像素材は、そういった機会を頻繁に与えて学習効果を高める役割を持っています。

See-be の効能2
1

視覚がもたらす膨大な情報。正確なイメージが理解の鍵。

どんなに言葉を尽くしても伝えきれないイメージが、微妙なニュアンスの違いや時系列変化まで含め、ほんの数秒間の動画素材で正確に伝えられる。これがSee-be(シー・ビー)の強力な武器です。
See-be(シー・ビー)では必要な図面がいつでも呼び出せますから、常に正確なイメージを抱かせることができます。

See-be の効能3
1

理解を阻害しないテンポ。濃密な学習時間。

See-be(シー・ビー)を導入することにより、板書による空白の時間が消え、重要な説明が途切れることなく進められます。また、正確で美しい図が、必要に応じて何度でも参照できるので、テンポよく授業が進みます。
加えて、これらの図の中には、静止画や普通の動画ばかりでなく、教師の操作で状態を変化させられるものがあります。グラフの形や色を変えたり、3Dモデルの視点を変えてみることができます。
結果として生まれた余裕で、さらに高水準の指導や、問題演習に時間を充てることが出来ます。

See-be(シー・ビー)コントローラ 滑らかな操作と美しく見栄えのいい板書
ポイント1. 画面を直接コントロールできる
ポイント1. 解説図

電子ペンを使って、ボードでそのままマウスの操作ができます。授業のテンポを崩さず、また生徒の視線や集中力をそらすことなくSee-be(シー・ビー)コンテンツを操作できます。

ポイント2. 美しく見栄えのいい板書
ポイント2. 解説図

モードを切り替え、同じペンでそのまま板書を行えます。半透明のマーカー、縁取りペン、影つきペンなど、6種類のペンについてそれぞれ12種類の色、総数72種類のペンを揃え、線の太さも変更できます。

ポイント3. 正確な図形描写
ポイント3. 解説図

描きこまれた図形を認識し、正確な図形に瞬時に変換する機能もあります。算数や数学では、図形やグラフが不正確なだけで理解を阻害しますが、See-beコントローラではその心配はありません。
また、描いた図形を後から移動したり変形させたりすることもできますので、動きのある板書も可能です。

ポイント4. 過去の板書も一括表示
ポイント4. 解説図

画面が書き込みでいっぱいになっても、消さずにスクロールするだけ。その日の授業の板書を、一度も消すことなく残しておけます。「さっきやったよね」と、少し前の板書を呼び出すのは簡単ですから、学習内容の確認にも役立っています。

   
         
         
ページの先頭へ戻る