熱血教師|堂満翔


堂満先生
堂満先生

この地球上で確認されている言語は約2,800言語です。そして、最も多くの言語を使用する国がパプア=ニューギニアと言われています。その数、なんと約860言語。通りを1つ挟んで向こう側へ行けば、違う言語を話しているような国なんですね。

そんなパプア=ニューギニアで最も使用頻度が高い言語はトク・ピシン語です。その中にwilwilという単語があるのですが、これは英語のwheelweheelから来ています。wheel(車輪)が2つ。皆さんは車輪が2つと言えば真っ先に何を想像しますか。そう『自転車』ですよね。

英語を学ぶと世界が広がります。英語を通して様々なことを見て、感じてほしい。私は、世界へ羽ばたきたいという子どもたちの支えになれるよう、英語の教師になりました。世界で活躍する人材を輩出できるよう、今日も日本という舞台で全力指導にあたります。


みなさん読書は好きですか?

私は英語の教本や経済雑誌が好きで、パラパラと眺め、気に入れば即購入します。本は様々な情報を与えてくれます。普段あまり携わらない内容や、最新の情報にはついつい夢中になってしまいます。私が好きな英語の教本は関先生が書いていらっしゃる『世界一分かりやすい』シリーズです。一通り購入したのではないでしょうか。世界一という謳い文句に偽り無し。本当に参考になります。

また、『プレジデント』という雑誌も不定期に購入します。業種を問わず、成功している方々の対談は読んでいてためになります。校舎にも生徒に読んでもらおうと思ってこっそりと置いています。(たまに生徒たちが読んでいるのを見ると嬉しいですね) 様々な本を通じて、生徒達もそうですが、私自身も成長していきます。
(かっこいいおっさんになりたいです…笑)

   
         
ページの先頭へ戻る