熱血教師|田中大輔


田中先生
田中先生


私は小学校のころから教師という職業に憧れを抱いていました。
小学校低学年の時にはどんなにいたずらをしても見放さずに笑顔で迎えてくれた先生、 高学年になると陸上を始めたこともあり、常に厳しく自分たちの背中を押してくれて 駅伝大会では5年連続優勝に導いてくれた先生、そして中学・高校と私の人生は常に 目の前にいた先生による影響が非常に大きかったと思っています。
私が九大進学ゼミに入社したきっかけもここにあります。九大進学ゼミが掲げている3つの約束、 挨拶・感謝・挑戦・・・受験を通して、合格と不合格だけではない人間的な成長を遂げてほしい、 そういった教師の強い思いを感じたので、入社しました。
あの時の先生のあの一言が・・・あの時先生がこうしてくれた、私はたくさんの生徒たちの記憶に残る 教師になりたいと常に考えております。諦めの悪い大人でありたいですね!


私の宝物
宝物

学生時代にドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国に貧乏一人旅をしたときのバックパックです。
日本語が全く通じない、日本人も周りにいないという環境の中でしたが、
人生で最も充実した日々でした。
九進の生徒にも自分が興味のあることにはどんどん挑戦してもらいたいですね。

Denke nicht so oft an das , was dir fehlt ,sondern an das , was du hast
「自分に何が欠けているかではなく、何を持っているか考えよ」

   
         
ページの先頭へ戻る