熱血教師|徳村学


教師写真

目標を決めて、その目標突破に向けて日々努力することはとても大切です。しかし、常に勝ち続けるのは難しいことですね。万が一、失敗をしたときは、素直に反省し、教訓として次回に有効に活かしていきましょう。努力することで100%成功するとは限りません。しかし、100%成長しますからね。

例えば、スポーツにおいて、技術を高めたいときは、練習を積みます。筋力をつけたいときは、筋力トレーニングを行います。実は、勉強も全く同じです。脳の力を高めたいときは、脳のトレーニングをする必要があります。では、脳のトレーニングとは何でしょうか?それは、「考えること」です。結果に関係なく、必死になって考えることで、脳の力は必ず伸びていきます。

夢を持って、その夢の実現に挑戦してください。目標を決め、達成するための努力を惜しまないでください。失敗を恐れるのではなく、積極的に挑んでください。何事にも常に全力でぶつかっていく姿勢と心があなたの未来を明るいほうに導いてくれると信じています。

成功する人間には、共通点があると思っています。それは、「夢(目標)を持って努力をあきらめないこと」と「自分自身に誇りが持てること」です。今の必死な自分の姿が、将来自分の生きるお手本になります。「あんなに頑張れた自分がいたんだから、次も絶対にできる!」と思えるような経験をして欲しいのです。

みんな、一緒に挑戦しましょう、私は君たちの精一杯の挑戦に全力で応えますから。人に自慢して語ることの出来る過去を、一緒に創っていきましょう!


明日への原動力

生徒たちの笑顔が自分にとって最大の原動力となっています。入試で志望校に合格したとき、テストで目標点をクリアしたとき、資格や検定に合格したとき、学年順位やクラス順位があがったとき、確認テストで満点をとったとき、保護者様に褒められたとうれしそうに語ってくれたとき、運動会(体育祭)やクラスマッチで活躍したとき、誰も解けなかった問題が解けたとき、誰よりも速く作文を書き上げたとき、欲しかったものが手に入ったと語ってくれたとき、などなど数え上げればキリがありません。
校舎の内外で活躍する子どもたちの成長を間近で見ることができて、とても幸せです。そして、そんなたくさんの笑顔を見て、「よし、次も頑張ろう!」と自分自身に言い聞かせています。
   
         
ページの先頭へ戻る