受験体験記2020

久留米・久留米商業・南筑高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 |久留米・久留米商業・南筑高校

九大進学ゼミで頑張ったこと

久留米高校|普通科合格
  稲益 彩華さん(三国中学校)

 私は中学校3年生の春から九大進学ゼミに通い始めました。3年生の8月になるまでは部活動の方に力をいれていて、学校のテスト前に勉強することしかありませんでした。でも部活を引退してから受験生という自覚を持ち、毎日勉強を頑張りました。夏の合宿で自分のレベルの低さを感じ、頑張りが足りないなと思いました。
 それからは自習に残ったり先生に分からない質問を積極的にしたりしました。なかなか結果が出ずに悩むこともあったけど、最後までやりぬくことを決めてあきらめずに頑張りました。たくさん支えてくれた人に感謝して、これからも頑張っていきたいです。

九進に入塾して良かったこと

久留米高校|普通科合格
  姫野 伶奈さん(三国中学校)

 私は、勉強が本当に嫌いで、日々の宿題も最初は答えをうつして適当にしていました。でもまわりのみんなは真面目にしていることに気づいて、焦りを感じ、真剣に取り組むようになりました。すると、自然に解くスピードがはやくなったり、計算ミスが減ったりして、だんだん日々の宿題をすることが楽しくなり、勉強に対する気持ちも変わっていきました。また、私は数学が苦手で、勉強することをさけていました。そんな時、九進の先生方が熱心に教えてくださり、点数を上げることができました。
 このように、九進には自分が変われるチャンスがたくさんあると思います。これまで支えてくださった先生方や家族に感謝して、高校でもがんばっていきたいです。

 

受験で学んだこと

久留米高校|普通科合格
  中野 美琴さん(三国中学校)

 私は中学2年生の春から九大進学ゼミに通い始めました。当時の私は、全く勉強をしていなくてただ出された課題をやっているだけでした。ですが、中学3 年生の夏休みの勉強合宿に参加して周りとの差を感じ、そこから本気になって勉強するようになりました。勉強をしていくうちに学力診断テストの判定がだんだん良くなりA 判定が続いた時は嬉しかったです。九大進学ゼミの先生方の支えや指導により、最後まで成績を維持することができ、第1志望の高校に合格することができました。
 どんな時も全力でサポートして下さった先生方や家族に感謝し、高校ではトップになれるように頑張ります!皆さんも勉強を頑張ってください!

最高の塾「九大進学ゼミ」

久留米高校|普通科合格
  厨 涼太郎さん(城南中学校)

 私は、小学校6年の頃に入塾しました。初めの頃は表向きは真面目な生徒、裏ではどうサボれるか、どう楽にできるかなどを考えながらやっていました。しかし、こんな生活を続けていたため、バチが当たりました。中学3年生の10月、九大進学ゼミに学校へ遅刻していたのがばれました。親からもう九大進学ゼミを辞めさせると言われました。でも、先生が必死に止めてくれたおかげでなんとか残ることができました。
 そのおかげで今の自分がいます。ありがとうございました。それに、先生のおかげで人間力という大切なものを学ぶことができました。こんなことを学べることができるのは、九大進学ゼミだけです。前は辞めたいなんて思ったこともあったが、今では胸を張って言えます。九大進学ゼミで4年間学ぶことができて良かったです。ありがとうございました。

九進に出会って

久留米高校|普通科合格
  平田 花梨さん(江南中学校)

 私は、中学3年生の6月から九進に入塾しました。私は、もともと勉強があまり好きではありませんでした。このこともあり、最初に受けた実力テストではひどい点数でした。でも、志望校は初めから久留米高校でした。初めての実力テストの結果を見てすごくショックでくやしかったです。このことがきっかけとなり夏休みから毎日自習に行くようになりました。勉強をし始めるとどんどん点数がのびていき勉強が楽しくなりました。
 私は、九進の先生方の何事にも全力で挑戦する姿を見て勉強や部活動にも全力でがんばるようになりました。私は九進と出会い学力を上げることだけでなく人間力も高めることができました。九進に出会っていなかったら久留米高校に合格することはできませんでした。九進に出会えてよかったです。

九大進学ゼミに入ってよかったこと

久留米高校|普通科合格
  西 七海さん(高牟礼中学校)

 私は、中学3年生から九大進学ゼミに通い始めました。定期テストでは、SPTや過去問のおかげで徐々に点数を伸ばし、2学期の中間テストでは、460点を取ることができ、とてもうれしかったです。また、実力テストの点数も、最初は思うような点数が取れませんでしたが、先生方の熱い指導を受け、点数を伸ばしていくことができました。
 特に、夏休みに行われた合宿では、違う校舎の人たちと切磋琢磨しながら勉強にいつも以上に集中できた、充実した3日間となりました。そして、日々の宿題を毎日こなしていく中で問題を解くスピードが上がったと思いました。毎月行われる学力診断テストの点数がおちこんでしまった時も先生方や塾の友達と支え合いながら、乗り切ることができました。九大進学ゼミに入って本当によかったです。

九大進学ゼミの力

久留米高校|普通科合格
  宮﨑 亮汰さん(良山中学校)

 僕は、中学1年生の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。初めはやる気MAXだったのですが慣れてくると、自分から入ったにも関わらず3年まで真面目にしなくなっていたときがありました。そんな出遅れてしまった中、僕は志望校へ向けての受験勉強を始めました。僕はその出遅れをいつも以上の努力と九大進学ゼミの先生方のアドバイスなどの指導によりみんなと変わらないくらいまで追いつくことができました。
 結果は高校のレベルを1つ下げることになってしまいましたが、出遅れが無かったら志望校に行けていたかもしれません。でも僕はこの九大進学ゼミだからこそ出遅れを取り戻せたと思います。だから九大進学ゼミ、その先生方に感謝しています。

九大進学ゼミだから頑張れる。

久留米高校|普通科合格
  宮﨑 果凜さん(牟田山中学校)

 私は、夏期合宿に参加し、志望校に対する心構えをより一層強くすることができました。自分よりもレベルの高い人達と同じ環境で精一杯勉強を頑張ることで「これだけやったからできる!」という自信がつきました。苦しくても諦めない強い精神力や忍耐力を身につけることができたので、夏期講座が終わってから毎日九大進学ゼミに来て勉強を本気で頑張りました。
 分からない問題は先生方が分かるまで丁寧に教えて下さるので、分からない問題をそのままにすることは一度もありませんでした。先生方が「量よりも質が大切。」とおっしゃっていたので、日々の宿題を1回解いて終わりではなく2回解いて、社会の年代や人物を覚えて解いていき完全に自分のものにしました。そうすることで自分の知識を増やせて、テストでも点数を伸ばすことができました。

九大進学ゼミで学んだこと

久留米高校|普通科合格
  吉田 優介さん(明星中学校)

 私は、中学1年生の春期講座のときに九大進学ゼミに通いはじめました。最初は苦手だった理科や数学も、先生方に分かりやすく教えてもらい、今では得意教科になりました。ほかにも、英語は英作文や、長文の問題が苦手で点数がとれなかったけれど、どのように勉強したらよいかを教えてもらい、学力診断テストでも、大幅に点数を上げることができました。
 私が、苦手教科を得意教科に変えることができた理由の1つとして、「日々の宿題」があると思います。日々の宿題は、自分がどこを覚えてないのか、間違っているのかが分かり、解説もあるので弱点を克服できていいと思います。九大進学ゼミで勉強できてよかったです。ありがとうございました。

九大進学ゼミに入って

久留米商業高校|経営科学科合格
  平田 結大さん(牟田山中学校)

 僕は、中学2年生の時に入塾して約2年九大進学ゼミでお世話になりました。九大進学ゼミに入って学力はもちろん上がって、さらに一緒の教室で勉強することで生徒同士でも仲良くなることができ、とても楽しく授業を受けることができました。はじめは、九大進学ゼミに行くのは心配だなと思っていましたが、今では九大進学ゼミに入ってよかったなと考えています。
 今年の受験は倍率がとても高かったので、志望校に合格できたのは先生に苦手なところを質問して丁寧に教えてくださったからだと考えています。英語が苦手だったけど、分かりやすく解説してもらってなんとか戦うことができるようになりました。もし、大学を受験する時はまた九大進学ゼミに入りたいです。

入試を終えて

久留米商業高校|経営科学科合格
  清成 琴葉さん(筑後中学校)

 私は、久留米商業高校を推薦入試で受験しました。私は作文を書くことが苦手でした。しかし、推薦入試の約2週間前から毎日作文を書くことを決めました。書いた作文を先生方に添削してもらい、もう1度書き直してみたりする毎日を繰り返しました。私が推薦入試を受験する日までに書いた作文は16個もあり、受験前にはそれが自分への自信につながりました。そして、面接は九進で何度も練習をしていたため、面接官の質問に対して自分の考えをしっかりと伝えることができました。
 私は推薦入試の作文や面接を通して、高校への思いや将来どんな大人になりたいか、高校でどんなことをしたいかなど自分の気持ちと向き合うことができました。私は九進の先生方や周りで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに高校生活を送りたいと思います。

 

九大進学ゼミに入って変わったこと

南筑高校|普通科合格
  阿部 ななみさん(牟田山中学校)

 私は中学2年生の冬期講座の時に入塾しました。入塾前は間違えることが恥ずかしかったので解答用紙は空欄が多く、学校の5教科の定期テストでは200点台でした。私は自分の間違いを分析し、やり直しをすることを徹底しました。どう間違えたのかを確かめながら勉強することで解答用紙を埋めていけるようになりました。日々の宿題をやるだけではなく、やり直しや自己学習をすることは大変でしたが、「1点にこだわれ」という九大進学ゼミの先生方の言葉で、中学3 年生最後の定期テストでは400点を超えることができました。
 私は受験期間を通して、間違えることは恥ずかしいことではなく、なぜ間違えたのかを分析し、やり直しを継続することが大切だと学びました。