受験体験記2020

八女・伝習館・柳川高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 |八女・伝習館・柳川高校

自分で掴んだ進路

八女高校|普通科合格
  古川 亜香李さん(福島中学校)

 私は中学2年生の夏期講座の時に入塾し、第1志望の八女高校に合格することができました。中学では剣道の部活とクラブチームの練習が忙しく、勉強の仕方が分からなかったため、初めは成績が伸び悩んでいました。しかし、九大進学ゼミに入ってからは、九進の先生方が私の苦手分野をしっかり理解し、徹底的にサポートしてくださったおかげで自分のやるべき勉強法を見つけることができました。
 また、やって良かったと思うことは日々の宿題です。ちょっとしたスキマ時間に少しずつ解く、ということを毎日続けたことで、自然に学習内容が定着し、スラスラと解けるようになりました。私は決して勉強が得意ではありません。そんな私が志望校に合格することができたのは、九進のおかげです。私を支えてくれた先生、家族に深く感謝しています。

九進の良さ

伝習館高校|普通科合格
  井上 太陽さん(大川東中学校)

 僕は、推薦入試で受験をしました。推薦入試では、作文と面接がありました。初めは、制限時間内に書き終えることができず、面接の練習では、何度も噛み読み間違えました。そんな不安いっぱいだった僕に、手を差し伸べてくれたのが、九進の濱田先生でした。過去の経験を踏まえて、的確なアドバイスをしてくださり、悩んでいる僕に真剣に向き合ってくださいました。そのおかげで、入試当日も緊張せずに、臨むことができました。
 九進の良いところは、悩んでいる生徒1人1人に、優しく、真剣に先生方が向き合ってくれるところだと思います。高校では、日々の努力を欠かさず、九進で培ったことを活かして、充実した高校生活を送れるよう頑張りたいと思います。

 

受験を通して学んだこと

伝習館高校|普通科合格
  眞﨑 涼さん(大川東中学校)

 私は、伝習館高校の推薦入試を受験し、合格内定をいただくことができました。この合格には、九大進学ゼミの先生方の支えが大きかったです。最初は自分の努力と力が足りず、諦めようとしていました。しかし、3年の夏から九大進学ゼミに通い始め、ひたすら勉強をしていました。日々の宿題で基礎を身につけ、分からない所をたずねると優しく教えて下さいました。
 そんな努力を続けていくうちに学力も伸びて、成績表も良くなっていきました。また、テストを受けるのが楽しくなりました。努力は裏切らないというのは、この九進を通してものすごく学びました。これから、この受験を通して学んだことを活かして、さらに成長したいと思います。

九進での努力

伝習館高校|普通科合格
  中島 匠さん(大川東中学校)

 私は、中学3年生の春から九進に通い始めました。通い始めた時は、最低限のことをやっていれば受かるだろうと思っていました。しかし、2学期のある月の学力診断テストで点数を大きく落としてしまって、このままで本当に大丈夫なのか、と思うようになってからテストのやり直しや、日々の宿題を本気で取り組むようになりました。すると、その次のテストの点数が大きく伸びて、苦手だった国語もだんだんわかるようになり、得意な教科になりました。
 私が高校受験のために今まで九進で学んだことや日々の宿題などの努力は全て無駄じゃなかったと思います。そして、その努力は今まで支えてくれた先生方や家族、友達のおかげでできたものだと思います。本当にありがとうございました。

受験生として頑張ったこと

伝習館高校|普通科合格
  金子 菜月さん(松原中学校)

 私は受験生として日々の勉強を頑張りました。日々の宿題や、学校指定のノートなど、とにかく毎日することを意識しました。その効果として、以前は数学の大問1で4問ほど間違っていましたが、少しずつミスが減っていき、全くミスをしなくなりました。他にも毎日し続けることで、苦手教科である数学、理科の問題に慣れることができ、解けるようになりました。
 また、毎日決まった勉強をする方法は、記憶に残りやすい勉強法だと思います。社会、理科などの教科は特に、成績が大幅に上がると思います。さらに、テスト後のやりなおしも大切にしました。テストの解答をもらった後は、必ずやりなおしをし、理解するまで考えたり、先生に教えていただいたりしました。日々の勉強と、テスト後のやりなおしは、大切だと思います。

合格することができたのは

伝習館高校|普通科合格
  古賀 夏鈴さん(柳城中学校)

 私は、小学6年生の春から九大進学ゼミに通い始めました。中学生になると、どんどん入塾してくる人が増え、成績も周りに追い越され、とても焦りました。そこで私に勇気づけて下さったのは九大進学ゼミの先生方でした。その時私は「このままではいけない。」と思い、伝習館合格を胸に頑張りました。
 先生方の授業はわかりやすく、面白くて毎回楽しく授業を受けることができました。わからないところがあってもすぐに聞いて解決することができ、わからないがどんどん減っていきました。高校に合格できたのは、本当に九大進学ゼミに通っていたからだと思います。これまで支えて下さった先生方や見守ってくれた家族への感謝を忘れず、高校でも頑張っていきたいです。

九大進学ゼミで学んだこと

伝習館高校|普通科合格
  西田 夢叶さん(柳城中学校)

 私は中学1年生の春に九大進学ゼミに入塾しました。3年生になって、1・2年生のときよりも日々の宿題の量が増え、大変でした。それでも毎日時間を決めて取り組むことで、問題を解くスピードが上がったり、家庭学習の時間を確保したりすることができました。中学3年生の秋ごろからトップ校選抜コースや合格特訓ゼミが始まり、通常の授業と違って、入試に向けてたくさんのことを学ぶことができました。また、難しい問題にたくさん挑戦し、何度も自分に自信がつきました。
 この3年間、いろいろな場面で九大進学ゼミにはお世話になりました。今まで一緒にがんばってきた仲間や、分かりやすく、面白い授業をしてくださった先生方、支えてくれた家族への感謝を忘れず、高校でもがんばりたいです。今までありがとうございました。

たくさんの支えと努力があってこその合格

伝習館高校|普通科合格
  藤生 遥奏さん(三橋中学校)

 中学3年生の夏休み、私は夏合宿に参加しました。どうしても行きたい高校に合格して、夢を叶えたいと思ったからです。会場に到着すると、多くの中学3年生の人達が、校舎ごとにかたまっていました。すごく不安でしたが、事前に配られていた暗記のテストで競い合ったり、授業の中で教え合ったりして、仲良くなり、学力も向上したと思います。
 校舎に帰ってからは、先生方のいつもの授業です。私たちのために独自で解説をプリントにまとめてくださったり、分かるまで丁寧に教えてくださったりとすばらしい先生だなと毎度毎度感じていました。合格特訓ゼミや年末年始大特訓などでいただいたテキストもうまく活用し、苦手を少しずつですがなくすことができました。入試では、その成果を発揮することができ、行きたかった高校に合格しました。

九大進学ゼミで学んだこと

伝習館高校|普通科合格
  水崎 結香さん(大木中学校)

 私は、中学1年生の春期講座から九大進学ゼミに通いはじめました。1学期の内容を春期講座のうちから学んでいたので、学校では余裕を持って学習することができました。また、定期考査の時にはSPT を使って自分の苦手な問題をたくさん解くことで、弱点を克服できたと思います。
 3年生になってからは塾に通う回数や日々の宿題の量が増え大変でした。ですが、毎日の日々の宿題を解くことで、基礎を身に付けることができました。年末年始大特訓では普段より勉強量が増えたことで、知識を増やすことができました。そして、自分のできなかった問題やまちがえた問題をもう一度解き直すようにしたことは自分の力になったと思います。

苦手の克服と、得意教科を伸ばそう!!

柳川高校|特進科合格
  手塚 貴登さん(大木中学校)

 私は、数学が苦手教科で、入塾当初は数学が足を引っ張っているような状態でした。しかし、毎日の日々の宿題や、わからない所は質問を積極的にする事で、まず基礎を身に付けることができました。また、「トップ校選抜コース」で、応用問題を解いていく中で、難問への対応力をつけることができました。この2つの事を続けたことで、初めは偏差値40台だった数学を偏差値60台くらいまで伸ばすことができ、数学への苦手意識をなくすことができました。
さらに、得意な教科である社会と国語は、社会は無理に暗記せずに、楽しんで覚えること、国語は問題をしっかり読んで問題に取り組むことで、偏差値を70台くらいまで伸ばし、合格につなげることができました。合格の秘訣は、苦手の克服と、得意教科を伸ばす事だと思うので、頑張ってください。