受験体験記2020

三池・ありあけ新世・大川樟風高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 |三池・ありあけ新世・大川樟風高校

上を見る

三池高校|普通科合格
  相原 匡汰さん(宅峰中学校)

 私は1年の2学期のテストで学年順位が50 位でした。でも九進に入り、頼れる先生方の優れた指導や自主学習の効率が上がったおかげで、20位まで順位を上げることができました。3年生になり受験に向けての準備が始まりました。私は高校受験の対策を早めに行いたかったので夏合宿に参加しました。夏合宿はレベルの高い授業ばかりで理解するのに時間がかかりました。しかし、自分以上に頭の良い人ばかりだったので負けてたまるかと思い必死になってくらいつきました。夏合宿が終わっても自分より上がいることを忘れずに努力をし続けました。
 受験はとても苦しいものですが、自分よりまだ上がいると思うと頑張ることができます。大学受験もこの調子で頑張っていこうと思います。

僕の受験体験記

三池高校|普通科合格
  中山 翔人さん(宅峰中学校)

 僕は、中学3年生の夏休みから九大進学ゼミに入りました。入ってから最初の学力診断テストでは、僕の志望校はD 判定でした。その時は志望校を変えようかなとあきらめていました。しかし、授業でわからないところは先生や友達に聞いたり、家ではテストで間違ったところをやりなおしたり、日々の宿題に取り組んでいき、1つ1つの問題をしっかり解けるように頑張ってきました。
 すると、テストの点数は上がっていき、偏差値も上がっていき、D判定だった僕の志望校はA判定にまでなりました。A判定を維持するために、しっかり復習などをして頑張ってきました。受験では、毎日の勉強の成果が出て合格することができました。高校でも最後まであきらめずがんばろうと思います。

 

日々の宿題の大切さ

三池高校|普通科合格
  平田 慶樹さん(白光中学校)

 私が九大進学ゼミに入塾したのは、夏期講習の時です。入塾するのが遅かった私は、他の塾生のみんなより、受験に対する気持ちが足りませんでした。入塾する前までの私は、1日30分未満の勉強時間でした。しかし、九大進学ゼミに入ると「日々の宿題」というものをもらいました。日々の宿題は問題量が多くとても時間がかかります。私は日々の宿題を信じて毎日がんばりました。基礎的なことを学習できるので、数学の小問などは、満点をとれるようになっていきました。日々の宿題をやっているうちに集中力もついていきました。
 それからは、受験勉強に費やす時間がどんどん増えていきました。日々の宿題は基礎を固めて、集中力も高めることができると思います。日々の宿題は、しっかりやるべきだなと思いました。

学力上昇と志望校合格のためにしてきたこと

ありあけ新世高校|総合学科合格
  大久保 日菜さん(東山中学校)

 私は、中学1年生の時に九進に通い始めました。九進に通い始める前はテスト勉強の仕方も分からず、勉強は得意ではありませんでした。ですが、九進に通い始め先生から教わったことを復習していき、テストでは苦手だった数学の点数を20 点上げることができました。また、私は初め個別に通っていたので英語と数学を中心にならい、偏差値を少しずつあげることができました。中学3年生から受験ということで、個別をやめ集団に入りました。夏期講座と冬季講座では、毎日100 問トレーニングに向けて日々の宿題も頑張りました。
 最初は辛い時もありましたが、この勉強をしたことで志望校に合格することができ、集中力も高めることができました。「継続は力なり」とありますが、その言葉のように継続していくことをがんばって下さい。

九進で学んだこと

大川樟風高校|普通科合格
  喜多 海星さん(大川中学校)

 私は、中学1年生のときに九大進学ゼミに入塾しました。入塾して間もなかった時は、中学校の勉強についていけるか不安でした。最初のうちは、なかなか成績が上りませんでした。でも、日々の宿題を頑張り、成績を上げることができました。中学2年生になって部活が忙しくなりました。そして、日々の宿題が面倒になり、答えを見たりしていました。そのため、成績もどんどん落ちていきました。
 でも、もうだめだと思っていた私に、先生たちは、優しく、わかりやすく勉強を教えてくださいました。中学3年生で、受験生という自覚を持ち、勉強を頑張ることができました。どんなときでも、優しく教えてくださった先生方や毎日陰で支えてくれた家族に感謝して、高校生活をおくりたいと思います。本当にありがとうございました。