受験体験記
熊本大学
Home > 受験体験記 > 大学受験の部【熊本大学】
熊本大学 文学部 文学科

伊集院高校 女子

 私は小学部から九大進学ゼミに通い始めましたが、小学部から培ってきた小テスト満点にこだわる姿勢や、苦手な所を繰り返し解き直す勉強法は、高校での勉強スタイルのルーツです。また、塾に行く度に志の高い他の多くの友人に刺激を貰い、自分を鼓舞することが出来ました。高校生活において勉強だけでなく、部活動などにも積極的に粘り強く挑み続けるための活力を貰える場所でした。この環境に身を置いて学習できたことが何よりも幸せなことだと思います。高校生の皆さん、がんばってください。


熊本大学 工学部 情報電気工学科

九州国際大学付属高校 男子

 僕は、自習メインで九進で勉強しました。僕が熊本大学に合格できた要因は3 つあります。1 つ目は苦手をなくしたことです。少しずつでもいいので毎日継続して苦手教科を対策した方がいいです。2 つ目は、絶対点を稼げる得意教科があったことです。3 つ目は、実際の入試の配点をもとに、勉強の計画をつくったことです。僕は、理系だったので数理英に重点をおきました。受験は最後まで何があるか分からないので、最後まで自分のできることをがんばってください。


熊本大学 医学部 保健学科

第二高校 女子

 先生が勉強の計画を一緒に立ててくれて、いろいろなアドバイスをしていただけたことが良かったです。塾に入る前は、ある教科に偏った勉強をしていて成績に差がありましたが、塾で先生にアドバイスしていただけたおかげで苦手教科でもある程度の点数がとれるようになりました。また、勉強と部活の両立が大変なときに、家庭学習の時間を教科ごとに一緒に考えてくださったおかげで、計画的に勉強をすることができるようになりま した。九進で学習して良かったです。


熊本大学 工学部 機械数理工学科

大村高校 男子

 私がセンター試験を受ける上で最も大切だと思うことは、得意科目を作っておくということです。私の場合はそれが英語でした。私は英語が苦手でしたが、九大進学ゼミの授業を受けていくうちに、いつの間にか得意科目になっていました。センター試験本番でも得意科目の存在が安心感につながりました。さらに、苦手科目の得点不足を補うこともできました。志望校に合格できたのも九大進学ゼミで得意科目を作れたからだと思います。最後にサポートしてくれた先生には感謝の気持ちでいっぱいです。


熊本大学 医学部 保健学科

佐賀北高校 女子

  九大進学ゼミに通って良かったことは、勉強時間が確保できたことです。部活動で忙しく勉強のやる気が出ないようなときでも、勉強しなければならない空間に身を置くことで、逃げることなく勉強することができました。そのことで高校の学習についていくことができ、さらには大学合格にもつながりました。


熊本大学 文学部 グローバルリーダーコース

香住丘高校 女子

  私は学校の定期テストのために、個別指導で週に一度数学を受けていました。基礎すら固まっていなかった私でしたが、先生に何度も丁寧に教えていただき、苦手だった数学で高得点をとることができました。一番嬉しかったのは2 年生の時の期末テストで満点を取ったことです。また、個別指導のメリットは分のペースで進められることです。私は「古文は単語が命だ」と思っていたので、先生にお願いして、授業前に単語テストをしていただいていました。このように、自分だけの対策ができる自由度にとても助けられました。