受験体験記2020

福岡高校

Home > 受験体験記 > 福岡東地区 | 福岡高校

勉強は量で勝負だ!!

福岡高校|普通科合格
  赤星 毅輔さん(箱崎清松中学校)

 私は家庭学習と九進の授業をどちらも頑張り、日々の宿題を毎日することが大切だと思う。なぜなら、私は2年生のときに期末の点数が悪くなって九進に入り、期末の勉強をすると点数が大幅に上がったからだ。それから定期は九進でしっかり勉強すれば点数を取れるようになった。しかし、実力テストの点数は上がらないままだった。夏休みに入り九進で猛勉強をして夏休み明けのテストでは良い点数が取れた。そこで私は量をこなし毎日学習することが大切なんだと気づいた。
1月に入り私立のことを考えて九進の授業時間以外にも、家でしっかり勉強を毎日かかさずにすることで実力が少しずつ上がっていった。その中でも日々の宿題は基礎を固められるものだったと思う。来年入試を受ける人は九進の授業と家庭学習をどっちも頑張りましょう。

九進、愛してる

福岡高校|普通科合格
  今村 颯汰さん(新宮東中学校)

 私は3 年生の夏期講座から九進に入塾しました。私は2年生のときから福岡高校に進学したいと思っていました。最初は学力診断テストで苦手な数学、理科で20点代ととても福岡高校を受験できるレベルではありませんでした。私は全ての教科で50点を超えるよう、学力診断テストと日々の宿題のやり直しを徹底して行いました。やり直しは「次、同じ問題が出たら、必ず解ける」と自信がもてるまでするべきだと思います。私はこれを続けることで50点を超え、A判定を取れるようになりました。
また、私はトップ校選抜コースに参加してレベルの高い環境で学習を行いました。先生方の熱い指導のお陰で応用問題にも対応できるようになりました。九進のすばらしい先生方、仲間、テキストのお陰で合格することができました。ありがとうございました。九進、愛してる。

九進が私を変えてくれたのです

福岡高校|普通科合格
  稲光 春乃さん(新宮中学校)

 私は周囲に塾に入る人が増えてきた頃自分の力だけでの学力向上に限界を感じ、3年生の春に九大進学ゼミに入りました。今まで学校の課題ですらおろそかにしていた私にとって、学校と塾の勉強はとても難しく大変でした。しかし、私の周りで他の九進のメンバーが必死に努力をしている姿がとても刺激になり、ある時「こんなんじゃダメだ」と次の定期考査に向けて猛勉強をすることを決めました。
それからは学校の課題や日々の宿題、SPT にも徹底して取り組み、これまででは考えられないほどの努力をしました。すると、なんと過去最高得点を取ることができたのです!これをきっかけに私は努力することの大切さを学び、勉強に対する姿勢を改めました。九進は私に「受験生への第一歩」を踏み出すきっかけをくれました。

定期テスト対策から本気で!

福岡高校|普通科合格
  福永 紗也さん(粕屋中学校)

 私は小学5 年生の頃から九進に通い始めました。中学生になると学校行事や部活などで忙しくなり、小学生の時と比べて勉強するための時間が少なくなりました。そのような中でも定期テストの向けての勉強はしっかりすることが大切です。私は学校のワークを終わらせると、SPTの問題を解くようにしました。SPTには様々な種類の問題があり、それを解くことで力をつけることができたと思います。
定期テストの結果は内申点に大きく関わります。内申点は入試においてとても大切なので、定期テストの勉強は一生懸命に取り組んだ方が良いと思います。受験勉強は大変で、途中で投げ出したくなることもあると思います。それでも自分を信じて頑張ってみてください。そうすればきっと、自分の夢を叶えられると思います。