受験体験記2020

光陵・須恵・古賀竟成館高校

Home > 受験体験記 > 福岡東地区 | 光陵・須恵・古賀竟成館高校

受験について

光陵高校|普通科合格
  福田 寛朔さん(福間中学校)

 皆さんは、受験で合格する要素は何かわかりますか?私は2つあると思います。1つ目は日々の宿題やSPT など九進からだされた宿題をしっかりこなしていくことです。はじめは伸び悩んでいた私もしっかり宿題をこなしたことでぐんぐん成績が上がっていきました。宿題をちゃんとこなしている人は学業面の心配は必要ありません。必ず成績はのびます。
 2つ目は体調管理です。これができていなければ勉強ができても意味がありません。私は正月に体をこわしてしまい他の皆と大きな差がついてしまいました。その差をうめることはとてもきつく苦しいことでした。だから皆さんも体調管理をしっかりしてください。そして最後には、志望校に合格できるようにいのりましょう。頑張ってください。

日々を大切に!

光陵高校|普通科合格
  丸林 陽一さん(河東中学校)

 私は、特に日々の宿題と九進で行われる小テストで満点をとることを意識して勉強しました。模試では、数学と理科において、点数を取るべき部分をミスしてしまうことが多くありました。日々の宿題には、数学の基本的な計算問題や、理科の一問一答形式の問題が豊富にありました。日々の宿題を毎日行うことで、ミスも少なくなり、点数を上げることができました。
 今まで勉強することは嫌いでした。九進に入ってから、学校の課題と塾の課題が重なり、つらい時もありました。しかし、それを乗りこえたことで、成績が上がり、高校にも合格することができました。高校では、この受験勉強よりもさらにきつい勉強が待っていると思うので、これまで以上にがんばっていきたいです。

九進に入って良かったこと

光陵高校|普通科合格
  大成 勇空さん(多々良中央中学校)

 まず、私が九進に入って良かったと思うことは定期テストの対策です。私は最初テスト勉強の仕方が分からず1年生の頃5教科の点数が300点を下回るほどひどい成績でした。姉の影響を受けて私もこの九進に入塾しました。そこで先生方の優しい指導によって自分の勉強方法を見つけることができ、2年生から3年生までの定期テストの点数を5 教科合計100点以上上げることができました。
 そして私は興味のある高校があったため、推薦入試で入試を受けることになりました。そこでも先生方が作文を見てくださったり面接練習に付き合ってくれるなどして自分に自信を持つことができ、合格することができました。今まで私を支えてくれた先生方には本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

推薦で頑張ったこと

須恵高校|普通科合格
  藤江 純音さん(多々良中央中学校)

 私は、須恵高校の推薦入試を受けました。推薦入試の難しいと思うところは、どんな作文の課題がでるのか、どんな質問をされるのか分からないところです。私は、作文については、過去に出された作文の課題を何度もくり返し練習し、面接では、学校の先生方に練習してもらい、どんな質問にも答えられるようにしました。
 そこで、私が一番大切だと思ったことは、質問されたことについて、完璧に答えようとせず、自分なりに相手に伝えることです。練習などで覚えたことを、そのまま言うのではなく、少し違っても、気にせずに伝えることです。そして、相手の目を見て肩の力を抜いて、はっきりと話すことも大切だと思います。すると、内定、合格への一歩に近づくと思います。

日々是精進

須恵高校|普通科合格
  大地 海斗さん(志免中学校)

 僕は、中学3年生の夏期講座から九進に通い始めました。それまでどのように勉強をすれば良いのか分からなかった僕に、先生方は進路実現につながる勉強方法を教えてくれました。その中で、特に重要だと思う事を伝えておきます。1つ目は、やはり塾で出される日々の宿題を毎日し、分からない所を質問するという事です。毎日5教科の問題を解く事で、基礎を定着させ、それをテストに生かす事で自分に自信を持つ事ができます。
 2つ目は、学校の定期テストや塾の学力診断テストを本番の気持ちで臨むことです。そうすることでテストに対しての気の緩みがなくなり、良い意味で現実を知ることができます。最後に先生方、僕が進路を実現できたのも先生方のご協力のお陰です。本当にありがとうございました。

九進で学んだこと

須恵高校|普通科合格
  白水 美花さん(須恵中学校)

 私は、中学3年生の夏期講座から九進に通い始めました。九進に入って最初の塾の模試では志望校判定がとても厳しい結果でした。「このままではいけない」と思い、必死で勉強をしました。夏期講座での1日10時間勉強や日々の宿題を毎日欠かさず行うことで自ら勉強する習慣を身につけることができました。また、分からない所をそのままにしておくのではなく、先生方に質問をし、家に帰ってもう一度、自分で解き直してみるといった取り組みを行いました。
 すると、前回の模試よりも、点数が上回っていて志望校判定でA をとることができました。またこのことが自信につながり、入試当日は焦らず、リラックスした状況でテストを受けることができたと思います。また九進には信頼できる先生がたくさんいます。みなさん、先生方を信じて頑張ってください。

九大進学ゼミで学んだ1年間を振り返って

古賀竟成館高校|普通科特進コース合格
  竜口 崇さん(福間中学校)

 私は3年生の春休みに九大進学ゼミに入りました。以前は成績が思うように伸びなかったのですが九進に入ってからは、授業の復習とテストのやり直しを徹底し、より成績を上げる努力をしました。そして、着々と成績が伸び、学校の定期テストの点数もかなり上がりました。
 また、初めは緊張しながら九進に通っていましたが、だんだんと慣れてきて、親しい友人もでき、楽しく通うことができました。夏休みに開催された夏期勉強合宿では3日間のハイレベルな授業で精神的にも成長することができました。同じく夏休みから始まった日々の宿題のおかげで家庭学習の習慣も身につきました。高校に入学しても、九進で学んだことを生かして、頑張りたいです。

私が九大進学ゼミで頑張ったこと

古賀竟成館高校|普通科進学コース合格
  河野 葵さん(福間中学校)

 私は小学校6年生から九大進学ゼミに入塾しました。中学校に入学するまで九大進学ゼミで、しっかり基礎を復習していました。中学校に入学すると、勉強が難しく良い成績を残すことができていませんでした。しかし、中学校1年生の3学期から勉強に真剣に取り組み始めました。そこで、SPTや定期対策勉強会に参加することで成績が伸びました。そのため、テスト前はSPTを何回も解くことをおすすめします。
 そして私は、第一志望校を推薦で受けることにしました。私は最初は、作文も面接も苦手で心配していました。しかし、九大進学ゼミの先生方がいつも作文と面接の指導に力を入れてくださり、本番は緊張することなく入試に臨むことができました。