受験体験記2020

嘉穂・嘉穂東・城東・近大附福岡高校

Home > 受験体験記 > 福岡東地区 | 嘉穂・嘉穂東・城東・近大附福岡高校

学んだこと

嘉穂高校|普通科合格
  水沼 ななみさん(二瀬中学校)

 私は九進に入塾して学んだことがあります。1つ目は、勉強へのやりがいです。定期対策勉強会や夏期勉強合宿では、長時間の勉強で、難しい問題にも取り組みました。その問題が解けた時や、わからない問題がわかるようになった時には、達成感を感じることができました。
 2つ目は、しっかりと復習をすることの大切さです。中学1年生の頃から毎日毎日復習をしたことで志望校に合格することができたと思います。これまで先生や両親など沢山の人の協力や支えがあって塾に通うことがきたと思います。そして楽しく勉強に取り組むことができたと思います。

勉強に打ち勝つ

嘉穂東高校|普通科合格
  松尾 温人さん(二瀬中学校)

 私は、中学校に入って1年生から九進に通わせてもらいました。私は部活もやっていて、勉強と部活の両立ができず、勉強に悩まされていました。だけど、この九進に入って、徐々にその悩みが消えていくようになりました。私が1 年生の頃は、両立できず、定期テストの平均は50点程でした。伸び悩んでいたときに、先生が勉強にむけての気持ちやどうすればいいかのアドバイスをくれました。
 そこで、私は中学2年生に定期テストで、平均80点以上取ることを目標にしました。毎日、塾に行き、質問して先生に教えてもらうことで、その目標は達成することができ、成績が驚くほど上がりました。そして、私は3年生になり、今まで支えてくれた先生方や両親、同じ志を持つ友人のおかげで、志望校に合格することができました。

したくないことから逃げない

福工大附属城東高校|普通科Ⅰ類特別選抜合格
  山﨑 広大さん(福間中学校)

 中学3年生の夏期講座から入塾しました。入塾してからしばらくは志望校が具体的には定まっておらず、勉強に力が入っていませんでした。しかし、10月くらいから高い目標を設定し、合格に向かって勉強をがんばってきました。僕が勉強してきた中で特にがんばったことは、苦手教科をなくすことと、学診や県模試などのテストのやり直しです。苦手教科の勉強をすることは楽しくないしつらいですが、自分がこれまで逃げてきたことをすることは絶対に自分の力になります。
 テストのやり直しをすることもあまりおもしろいものではありませんが、これをすることによって自分のどこが弱いかが分かり、次のテストで大幅な得点UPが期待できます。つらいこともありますが、頑張って下さい。

夏期合宿

近大付属福岡高校|普通科合格
  藤﨑 ちひろさん(二瀬中学校)

 私は、中学3年生の夏に夏期勉強合宿に行きました。最初は、3日間何時間も勉強することに不安を感じていました。ですが、実際に合宿に参加して、たくさんの良い友達や先生と勉強に励むことが出来ました。難しい問題は解くために時間がかかっていましたが、先生方のわかりやすいアドバイスのおかげで苦手な教科にも一生懸命取り組めました。合宿はあっという間に終わってしまい、友達と別れるのが少しさみしかったです。お互いに受験する高校は違いましたが、一緒に3日間勉強をできて楽しかったです。
 このようなとても良い体験ができたのは、家族、そして塾の先生のおかげです。2年と少し勉強を教えて下さり本当にありがとうございました。先生方の教え方、とても好きでした。高校生になっても頑張ります。