受験体験記2020

筑紫丘高校

Home > 受験体験記 > 福岡南地区 | 筑紫丘高校

1回1回の勝負を全力でする

筑紫丘高校|普通科合格
  山口 智也さん(柏原中学校)

 僕は中学生になってから勝負することが嫌いになりました。テストなどの結果で人と勝負するのが嫌いで、塾から逃げていました。そんな僕は部活を引退して九大進学ゼミに入塾しました。入塾してからもテストは嫌いでしたが、九進の授業をうけるたびに、自分が少しずつ問題を解けるようになっていることを、小テストや学力テストで実感できるようになっていきました。最初の偏差値は60くらいでしたが結果的に最後のテストでは偏差値を最初より約11 ほど上げることができました。
 途中のテストでは順調に偏差値を上げていたのに急に落ちて不安な時もありました。ですが、不安な気持ちをなくしたのは、勉強でした。勉強を自分に合ったやり方でし続け、不安なく入試に臨むことができました。困った時は一度客観的に自分を見てみるといいです。

我慢

筑紫丘高校|普通科合格
  尾崎 涼花さん(花畑中学校)

 私が、この受験に向けて1番頑張ったことは「我慢」することです。勉強が好きだという人は本当に少ないと思います。私もそのうちの1人です。しかし、受験生は必ず勉強をしなければいけません。携帯も使えないし、テレビも見れないし、その様々な自由な時間のすべてを、勉強にあてなければいけません。もちろん最初は慣れないし自分の好きなことをしたいし、とても大変でした。
 ある日、春休みを迎えた自分が、どのような姿なのかと想像してみました。そのときに後悔する自分がいるような気がしました。このままでは、合格でも不合格でもなにか物足りないと感じました。それからは何事にも我慢して、自分でも制限をかけて、たくさん勉強しました。この頑張りは将来にきっとつながります。私の受験は大成功に終わったと思います。

つらいを普通にする

筑紫丘高校|普通科合格
  木村 香春さん(春日南中学校)

 私は、中学1年生の春に九大進学ゼミに入りました。最初は勉強する場や時間を確保することが目的でした。進級して定期テストの回数を重ねると自分の記録を更新する、もっと理解するという目的に変わりました。中学3年生は受験という初めての経験をするのでとても不安でしたが、いつも通り集中して勉強に取り組んで少しでも引っかかることがあれば、納得するまで考えたり質問したりして頑張りました。
 私には好きなアーティストがいてテレビやSNSでよく見る人なのですが、春頃は我慢できなくて見すぎてしまうことがよくありました。でも、それが自分にとってマイナスになるのなら意味がないと思い制限をかけました。最初はとても辛かったです。でもそれを続けると日常となって勉強の時間を増やすことができました。

受験をふり返って

筑紫丘高校|普通科合格
  古賀 暖都さん(春日西中学校)

 僕は、中学3年生の初めくらいまでは、塾には通わずに入試を受けるつもりでした。しかし、入試問題は自分が想定していたものよりも数倍難しく、特に記述問題や英作文が全然とれず、成績はどんどん落ちていきました。夏休みも終わり、危機感を感じていた僕は、そこで入塾を決意しました。
 九大進学ゼミに入塾した当時は、スタートが出遅れていたこともあり、成績も特別良いわけではありませんでした。それでも九進の先生方の指導により、問題の答え方やコツを覚えてからは、成績がぐんぐんのびていきました。あの時に入塾せず、ずっと自分の力だけで勉強していたら、今の学力はついていなかったと思います。僕がここまでやれたのは先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

最後まであきらめない

筑紫丘高校|普通科合格
  下川 真依さん(春日南中学校)

 私は、中学1年生の時から筑紫丘高校に憧れを持っていました。しかし、筑紫丘を受験校にできるなんて思ってもいませんでした。今、私は、志望校を受験校にできたので、後悔がありません。それはすべて、九進の先生のおかげです。先生はトップ校選抜コースに行くことを勧めてくれたり、全国の入試問題の作文を添削してくれたり、分からない問題を細かく教えてくれました。私は、先生方の支えがあったから後悔なく受験できたのだと思います。
 私は、3年の12月までC判定ばかりでした。途中でやる気を失うことがたくさんありました。しかし、過去問を何度も解いたり、応用に挑戦したりとコツコツ頑張りました。その結果、1月でA判定をとり、自信を持って筑紫丘を受験することができました。最後まであきらめずに努力していてよかったです。

受験にむけて

筑紫丘高校|普通科合格
  山口 仁胡さん(春日中学校)

 私は中学2年生の春休みから九大進学ゼミに通い始めました。初めは志望校が決まっておらず、高校受験に対して不安を抱いていました。しかし、日々の宿題や模試の復習を通して毎日少しずつ力をつけることができました。夏の勉強合宿では、様々な校舎の九進生が集まり、多くの刺激を受けました。自分の実力と同じレベルの人が集まり、授業に集中して、全力で勉強しました。過去最高の勉強時間で、正直きついときもあったけれど、今ではあの合宿で努力をして本当によかったと思います。
 以前の私のように、受験に対して不安を抱いている人は多いと思います。そんな時は、努力は必ず報われると信じて、一生懸命勉強してください。本当に、九大進学ゼミに入ってよかったです。

1日の勉強をはじめるきっかけ

筑紫丘高校|普通科合格
  安達 瑠琉さん(大野中学校)

 私は九大進学ゼミで用意された教材やプリントを使うことで、1年間しっかり勉強することができました。特に日々の宿題は毎日進めていないとどんどんたまっていくので勉強をはじめるきっかけにもなりました。日々の宿題で基礎的な部分を復習することができるので九大進学ゼミの授業で応用的な問題が出てもある程度対応することができました。
 九大進学ゼミでは月に1度学力診断テストがあります。このテストで自分が苦手としているところや、志望校までどれだけ学力を上げなければならないかなどがわかります。テストで上の点数をとることを1つの目標として勉強するとやる気が出てきたし、結果が出ればもっとがんばろうとも思えました。毎日勉強することは大変でしたが、勉強をするきっかけがあったので受験勉強を続けることができました。

受験生の最強の味方、九大進学ゼミ

筑紫丘高校|普通科合格
  松尾 果歩さん(筑紫野中学校)

 私は、中3の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。先生方の授業は、分かりやすくて、メリハリがあり楽しく通うことが出来ました。私は入塾後から、筑紫丘高校を受験したいと強く思うようになり、100トレで毎回満点を取るために何度も解き直したり、日々の宿題で基本的な知識を身に付けたり、学診を3回やり直したりするなどの努力を積み重ねました。学診の判定が悪かった時に、決まって先生から前向きな言葉をかけてもらったお陰で、受験に対する意欲が増し、最後まで頑張り続ける事が出来ました。
 無事に志望校合格を勝ち取れたのは、九進で出会えた先生方のサポートや切磋琢磨できる仲間がいたお陰です。本当にありがとうございました。受験生の皆さん、小さな努力を積み重ね、春に夢を勝ち取り花を咲かせて下さい。頑張れ、受験生!!

九進で良かった

筑紫丘高校|普通科合格
  東島 さやかさん(筑紫野中学校)

 私は中学2年生の春期講座から九大進学ゼミに行きはじめました。私には他と比べて得意だったり、苦手だったりする教科がなかったので、塾に入る前はどんな勉強をすれば良いのかが分かりませんでした。しかし、九大進学ゼミに入ってからは、毎日の日々の宿題でテストに出やすいところを効率良く勉強することができました。
 また、3年生になってから行きはじめたトップ校選抜コースでは、レベルの高い人たちと勉強をしてとても刺激を受けました。九大進学ゼミは、たくさんの教材があり、それらを頑張って終わらせることで、受験の前にどんどん自信がつきました。また、毎月の学力診断テストでは、自分があまりできていない問題が理解できて良かったです。九大進学ゼミに入ったおかげで筑紫丘高校に合格できました。ありがとうございました。

「本気」で挑め

筑紫丘高校|普通科合格
  髙尾 夏実さん(筑紫野中学校)

 私は、家庭学習をしたことがなく、定期テストの前に少しやるくらいでした。そしてそれは中学2年生で塾に入ってからも変わりませんでした。つまり、「本気」を出したことがなかったのです。そんな私を変えてくれたのは九進の先生です。いつまでも「本気」を出せない私に、親身になって激励の言葉を掛けて下さいました。そのお陰で、私立入試が終わってからの1ヶ月間は「本気」を出すことができたと思います。本当にありがとうございました。
これからの受験生へ。「本気」を出すことは自分との戦いであり、とても難しく大変なことです。でも、「本気」を出すことで合格だけでなく自身の成長にも繋がります。人は短期間でも変われる。ぜひ最後まで諦めず、「本気」で入試そして自身に挑んでください。

受験において大切なこと

筑紫丘高校|普通科合格
  吉田 壮至さん(筑紫野南中学校)

 僕が筑紫丘高校に合格することができたのは、九大進学ゼミに入ってから、毎日欠かさずに勉強をし続けたからだと思います。日々の宿題を使って5教科の復習をしたあと、自分の苦手な単元を勉強したり、テストのやり直しをしたりしていました。毎日の勉強に、細かく目標設定をつけていくことで、計画的に取り組めました。短時間でもいいので、毎日必ず何かしらの勉強をすることが大切だと思います。
 もう1つ大切なことがあります。自分自身の生活習慣を創ることです。僕は睡眠時間が安定しておらず、受験の直前まで生活習慣を創ることに苦戦してしまいました。休む時には休んで、体調を万全にして受験に臨めるようにしておくことで、合格に近づくと思います。