受験体験記2020

春日高校

Home > 受験体験記 > 福岡南地区 | 春日高校

自分を変えたもの

春日高校|普通科合格
  紫原 陽向さん(三宅中学校)

 僕は九大進学ゼミに入塾するまでなんとなく勉強をしていました。その結果、初めての学力診断テストでは、偏差値が志望校の基準偏差値よりも20以上低かったです。それでも自分は、あまり気にしていませんでした。しかし、九進の先生の熱い指導や生徒の事を1番に考える姿を見て、自分の気合いに火がつきました。
 そこで、努力をすれば、おのずと結果もついてくることを知りました。同時にうまく結果がでず苦しい時期もありました。そんなときでも九進の先生は、自分を励ましてくれました。全力で受験に取り組んで得られるものは、たくさんあります。僕の場合は、受験は1人で戦ってるのでなく、裏で支えてくれる人がいるのだということを知ることができました。そして、夢を持つこともできました。

受験をふり返って

春日高校|普通科合格
  堀尾 颯太さん(三宅中学校)

 僕は夏期講座や冬期講座のときだけ九大進学ゼミに通っていて本格的に通い始めたのは部活動も終わった中学3年生からでした。簡単だった内容も中学3年生になると難しくなり、わからないところが増え続けましたが先生がわかりやすく教えてくださったのでだんだんと減っていきました。さらに夏にある合宿やトップ校選抜コースに行き自分が苦手な問題や難しい問題を解くことで勉強に対する意欲が上がり苦手を克服することができました。
 九大進学ゼミは勉強のやり方を教えてくれたり、生徒個人にわかるまで教えたりしてくれるのでとても助かりました。また、やればよい問題や教材も限られていてどれをしたらよいかがわかりやすかったです。これからも自分にあった勉強方法を探して頑張っていきたいです。

受験に向けて

春日高校|普通科合格
  中村 里桜さん(春日中学校)

 私は中2の終わり頃から九大進学ゼミに入りました。九大進学ゼミには、毎日行う「日々の宿題」というものがあります。「日々の宿題」は5教科分の宿題があって、1教科1ページくらいしかありません。だから、集中力が続かない私でも、毎日欠かさずに続けることができました。
 また、九大進学ゼミには、月に1回学力診断テストがありました。九大進学ゼミに入ったばかりの頃は、全然良い点数がとれませんでした。でも、家で解説を見たり、分からない問題があったときには友達にきいたりして何度もやり直しをすると、徐々に点数がとれるようになり、第1志望校の判定がA 判定になりました。九大進学ゼミに通って良かったです。本当にありがとうございました。

受験を通して思ったこと

春日高校|普通科合格
  弓場 乙乃さん(春日北中学校)

 私は高校受験で1番、日々の宿題が大切だと実感しました。日々の宿題を毎日コツコツやり、やり直しをすることで基礎力をたくさんつけることができました。最初の頃は真面目にしなかったり部活動を優先して勉強をしなかったりと、日々の宿題に力を入れていませんでした。
 しかし、部活動引退後に日々の宿題に力を入れると、下がってしまった学力を少しずつ戻すことができました。だから、日々の宿題はとても大切だと思いました。私は直前まで春日高校のA判定は出すことができませんでした。しかし、3学期からでも英作文の補習や国語の問題を毎日解いて、点数を少しずつ上げることができました。だから、A判定をもらえなくても安心して受けることができたのでよかったです。

必ず成績をのばすことができる塾

春日高校|普通科合格
  桑原 和花さん(春日中学校)

 私は、中学3年生になった春から、本格的に九大進学ゼミに通うようになりました。初めは、志望校の判定Cが、ずっと続いていました。でも、日々の宿題や手厚い指導によって、判定をAにかえることができました。また、月に1度ある実力テストによって自分の成績の上昇を実感することができました。
 夏には、勉強合宿があり、同じレベルの仲間たちの意識の高さを知ることができました。その経験を元に、受験勉強を頑張り、更に成績を上げることができたと思います。10月から私はトップ校選抜コースに参加しました。より高いレベルの問題を解くことができ、自信にかえることができました。通常の授業では、もらうことができないプリントをもらうことができ、家でも高いレベルの学習をすることができました。

自分を信じるための日々の努力の大切さ

春日高校|普通科合格
  杉 紗苗さん(平野中学校)

 私は推薦入試で合格を勝ちとりました。推薦入試を受けるためには作文や面接の練習と一般入試に向けての勉強を両立させなければならないので、正直推薦入試を受けるかどうかかなり悩みました。ですが九進の先生方の後押しもあり、推薦入試に挑戦することを決意しました。推薦入試に向けての準備は決して楽なものではありませんでしたが、九進には自分の進路実現に向けて頑張っている仲間がいたので、自分も勉強を疎かにせず、励むことが出来ました。
 推薦入試当日は、自分を信じて「もし、ここで失敗しても勉強してきたから大丈夫」という開き直ったリラックスした気持ちで入試を受けることが出来ました。九進で仲間と共に勉強に打ちこめたことが当日の自分のモチベーションにも繋がったと思います。勉強して来て良かったと心から思います。

今までの頑張りを信じて

春日高校|普通科合格
  高田 明花里さん(平野中学校)

 私が受験勉強で特に頑張っていたことは、日々の宿題と100トレや年末年始特訓などのテストです。私は中学1年生の春から九大進学ゼミに通い始めました。日々の宿題のおかげで、夏休みでも毎日勉強する習慣を身につけたり、基礎をしっかり固めたりすることができました。100トレなどのテストは、多くの重要語句を覚えないといけないため大変でしたが、1点にこだわって頑張りました。
 私が受験勉強で大切にしていたことは今の自分としっかり向き合うことです。成績が下がり誘惑に負けそうになる時期もありましたが、入試を想像してこのままではいけないと思い、苦手な分野を中心に勉強しました。入試本番は、自分の今までの頑張りを信じて解くしかないので、そのために1日1日を大切にして強い気持ちで頑張ってください。

九進でよかったです!

春日高校|普通科合格
  赤尾 賢星さん(太宰府西中学校)

 僕は、中学3年生の11月に九大進学ゼミに入塾しました。3年生の半年間は他の塾で勉強をしていました。その塾では、成績があと一歩のびず、九大進学ゼミに通い始めました。入塾した時は、志望校の判定がC判定と合格がとても遠いように感じました。12月、1月と入試に近づくにつれて、C判定からB判定になりました。私立の前期入試で第1志望のコースに合格し、公立入試に向けてさらに勉強に火がつきました。
 また、公立推薦入試に落ちた悔しさをバネに勉強し続け、2月のテストでA判定を取ることができました。コロナの影響で休校となった約10日間は勉強をやめず、見事合格できました。僕は、ある友達と一緒に合格するという目標を立て、達成することができました。九進の先生や友達、保護者に感謝したいです。九進でよかったです。

本当の努力は報われる!

春日高校|普通科合格
  林 莉世さん(筑紫野中学校)

 私は中学3年生の時に九大進学ゼミに入りました。中学1年生の頃から春日に行きたいと考えていましたが、宿題以外の勉強をしていなかった私は学診でC 判定の連続で、春日をあきらめようと思いました。しかし、日々の宿題や特訓のお陰で基礎が定着し、成績が伸びるようになり、本気で春日を目指せるようになりました。そこから、朝と学校の休み時間、放課後ひたすら勉強をし続け、A判定をとれるようになりました。
 いつも勉強ばかりで嫌になることも多くありましたが、春日に入学するという強い気持ちを持って努力し続けることができました。受験生は辛いというイメージを持つ人が多いと思いますが、勉強に熱心に取り組む期間というのは自分を大きく成長させてくれます。最後まであきらめず、前向きに頑張れば必ず楽しい春が訪れます!!頑張れ!

高校受験をふり返って

春日高校|普通科合格
  井上 和音さん(筑紫野中学校)

 私は、中学3年生の夏に九大進学ゼミに入りました。入塾した当初は数学が苦手で、学力診断テストでは、解答用紙の右側半分がほとんど点数をとれないという状態でした。しかし、九大進学ゼミの先生が毎回一問一問ていねいに解説をしてくださったり、似た問題を持ってきてくださったりしたおかげで10月の県模試で数学の偏差値70をとることができました。この県模試をきっかけに私の一番自信のある教科が数学になりました。
 途中、国語の偏差値を大きく落として悩んだこともありましたが、九進の先生の的確なアドバイスと今まで自分が積み重ねてきた努力を信じてテストを解くことで自分の力を全て出すことができました。受験生のみなさんもたくさんの問題に挑戦して、これからの自分の自信にしていってください。