受験体験記2020

筑紫高校

Home > 受験体験記 > 福岡南地区 | 筑紫高校

1年を振り返って

筑紫高校|普通科合格
  森田 南海さん(春日西中学校)

 私は中学3年生の春休みに九進に入りました。九進に入る前の私は、部活や生徒会を理由にし、勉強を後回しにしていました。九進に入ってからは意識が変わり、勉強と向き合うことができるようになりました。先生方は、小さな質問でも丁寧に答えてくれたり、困っていたら分かるまで解説してくれたりしてくださいました。そのおかげで、苦手教科の点数は徐々に上がっていき、全体の偏差値も上がっていきました。
 受験が近づいて来ると、不安や焦りが出てくることもあると思います。その時は、自分を信じて、一緒に頑張ってきた仲間を思い出してみてください。きっと乗り越えられると思います。最後まで頑張れたのは九進のおかげです。ありがとうございました。

受験を経験して学んだこと

筑紫高校|普通科合格
  刈谷 美月さん(太宰府西中学校)

 私は、中学2年生のときに友達に誘われて入塾しました。最初はぐんぐん成績が伸びていって授業内容もちゃんと理解できていました。でも3年生になって成績が上がりにくくなったとき、ものすごく進路に悩みました。そんなとき、九進の先生方に悩みを本気で相談したり、お互いの趣味や好みのことで盛り上がったりして本当に心が軽くなって、納得のいく進路を見つけることができました。
 私が受験を経験して学んだことは、本当にたくさんの周りの人に支えられているということです。九進の先生は日々の宿題やいろんな教材などの学習面で、家族と友達には精神面で支えてもらいました。九進に入ったことで、くじけそうになっても立ち直れました。受験をする上で大切なのは周りの人への感謝を忘れず、毎日コツコツ努力することです!

高校受験を終えて

筑紫高校|普通科合格
  石松 あかりさん(太宰府西中学校)

 私は、受験勉強を頑張ってよかったなと思います。入試本番は、とても緊張したけど、終わった後は達成感を感じました。今年は、入試直前に学校が休校になって、本当に不安でした。しかし、九進でしっかり先生の話を聞いたり、家で過去問をたくさん解いたり、トップ校選抜コースのプリントを使ってノートにまとめたりして最後まで頑張りました。入試が近づくにつれて不安が大きくなり、くじけそうになったこともありましたが、九進の先生が応援してくださり、立ち直ることができました。そして、学診の成績も上がり、自信を持てました。
 また、受験を通して、私は色々な人に支えられていることを改めて感じました。今まで私を支えてくれた人に感謝したいと思います。そして、高校でも勉強を頑張ります。

初めての受験を終えて

筑紫高校|普通科合格
  有冨 滉人さん(平野中学校)

 僕は、受験を終えての感想が2つあります。1つ目は勉強をすれば必ず成績は上がるということです。当た り前の事だと思うけど、このような思いを持って勉強をしたら成績が上がると思います。成績があまり上がらなくて勉強のやる気が起きないということが僕にはありましたが、それでやる気をなくして勉強をしなくなり成績が下がることが僕はいやだったので、くじけずに勉強することが成績を伸ばすコツだと思います。
 2つ目は、勉強は基礎が大事だということです。日々の宿題をきちんとすることで自然に基礎が身についてくるので、その基礎が点数にもなってくると思います。手を抜かずに基礎を徹底することが大事なので、受験生の皆さんも頑張ってください。

九進で立派な家を建てよう!!

筑紫高校|普通科合格
  加野 未来さん(筑紫野中学校)

 私が九大進学ゼミに入って1番自分の成績が上がるかぎになったと思うものは、日々の宿題です。毎日の日々の宿題は基礎を固める大切なもので、それを継続して行うことで応用問題にも活かしていくことができました。日々の宿題は家でいうと、土台です。土台の上には家が建ちます。上に建つ家、つまり応用問題を解くには、基礎固めが1番大切です。九進で建てることができた家を高校で増築していけるように頑張ります!!
 受験生の皆さん、苦しいことやつらいことがたくさんあると思います。でも周りの先生や友達、家族に相談すれば大丈夫!!最後まであきらめず、勉強に取り組めば絶対志望校に合格できると思います。頑張れ受験生!!ありがとう九大進学ゼミ!!

九進のサポート

筑紫高校|普通科合格
  江島 咲希さん(筑紫野中学校)

 私は受験を終えて、九進に通って良かったと思っています。先生方の心強いサポートや日々の宿題などの教材があったことや合宿などの行事に参加できたおかげで安心して受験することができました。私は冬期講座から受験直前のラストスパートの期間が、一番印象に残っています。途中何度も辛くなり、勉強から意識が離れそうになりました。その度に九大進学ゼミの先生方に前向きな言葉をかけてもらい、背中を押してもらいました。その結果、毎日九進に行って、本気で勉強ができるようになりました。
 受験直前は新型コロナウイルスの影響で自宅学習になりましたが、自分で集中して勉強ができるようになるまで成長できました。私は受験を通してたくさんの方々に支えてもらい、たくさんのことを学びました。この学んだことを活かして高校でも頑張ります。

日々の宿題を通して

筑紫高校|普通科合格
  中山 綾さん(筑紫野中学校)

 私は中学3年生の春期講座から九進に通い始めました。私は、勉強するのが苦手で良い成績ではありませんでした。部活動にも所属していたので、勉強との両立は大変でした。ですが、夏期講座から始まった日々の宿題に取り組むようになってから、家庭学習の時間が増え、苦手な分野を発見し、先生に質問をして解説を聞き、克服していきました。そして私は筑紫高校に推薦入試を受け、無事に合格することが出来ました。毎日集中して取り組んだ日々の宿題が自分の力となり、自信をつけることが出来ました。
 これから受験を控えているみなさんは、九進の日々の宿題に全力で取り組んでみてください。大変だと思いますが、九進には支えてくれる先生方や共に頑張る仲間がいます。日々、志望校に向けて勉強に励んで必ず合格を掴んでください。

最後まで挑戦し続けよう

筑紫高校|普通科合格
  山﨑 凛太郎さん(筑紫野南中学校)

 僕は中学3年生の春ごろから本格的に受験勉強を始めました。しかし、秋頃に自分の成績が下がってしまい、周りの人たちがどんどん成績を伸ばしていました。僕はそのとき、志望校の筑紫高校を諦めてしまおうかと考えていました。しかし、そんなときに九大進学ゼミの先生から勇気をもらいました。その時、先生は「今が苦しくても、最後まで挑戦し続けることできっと変われる。」と話をしてくれました。その言葉を信じて自分にできることをして、諦めずに筑紫高校に挑戦することにしました。そして、成績が上昇していき、目標であった筑紫高校に合格することが出来ました。
 つらいときや苦しいときがありましたが、最後まで諦めることなく挑戦することが出来たのは、九大進学ゼミの先生方のおかげです。何事にも粘り強く取り組んでください。