受験体験記2020

筑紫中央高校

Home > 受験体験記 > 福岡南地区 | 筑紫中央高校

日ごろの積み重ね

筑紫中央高校|普通科合格
  上野 綾音さん(筑紫丘中学校)

 私は九進に通うまでは勉強をあまり頑張ったことがありませんでした。しかし九進に入り、徐々に勉強するようになりました。受験生になると、どうやったら点数を上げれるのか悩んでいました。そんな時出会ったのが、日々の宿題です。最初は同じような基礎問題をしても意味がないと思っていましたが、諦めずに毎日、日々の宿題をやっていったら、少しずつ点数がとれるようになりました。
 また日々の宿題を適当にするのではなく、自分が間違えたところをしっかりやり直しすると苦手なところなどをなくせました。日々の宿題は日ごろの積み重ねによって点数に大きくつながると思います。今までの努力をむだにせず勉強を頑張れたからこそ、合格できたと思います。これから受験の人は諦めずに頑張ってほしいです。

受験を終えて

筑紫中央高校|普通科合格
  井上 結葵さん(野間中学校)

 受験に向けて勉強するなかで学んだことが2つあります。1つ目は、しっかり勉強をするときと休憩のときのメリハリをつけることです。メリハリをつけることで、勉強の効率も良くなり多くの知識を身につけられると思うからです。
 2つ目は、日々の宿題を毎日続けることです。日々の宿題には受験生に必要な知識を問う問題が沢山あります。日々の宿題の知識を身につけることで、安定した点数を取ることができるようになりました。これらの2つのことを意識することで、7月から大幅に点数を上げることができました。九進で学んだことを、大学受験に向けても活かしていきたいと思います。

日々宿はすばらしい!!

筑紫中央高校|普通科合格
  西平 直樹さん(三宅中学校)

 私は九大進学ゼミに、3年生の夏休みに入りました。勉強をすることが嫌いな私にとって、日々の宿題や各教科の宿題はとても大変でした。毎週あるテストで居残りをしないために一生懸命やっていました。すると、学力診断テストで点数がとれるようになりました。九大進学ゼミの宿題は、基礎能力を上げることができます。しかし、ただやるだけではいつまでたっても覚えることはできないので、やり直しはしっかりするようにしましょう。
 もし、あなたが何を勉強していいのかわからないなら、とりあえず日々の宿題をしっかりすれば大丈夫です。また、人と勉強方法が違っても自分のやり方でやれば、必ず結果はでるので、自分のやり方でがんばってください。

継続は力なり

筑紫中央高校|普通科合格
  金谷 祐作さん(三宅中学校)

 私は九大進学ゼミに、3年生の夏から入りました。私は校内推薦を頂き、推薦入試を受験しました。推薦入試を受験するにあたって、志願理由を1枚の紙にまとめる課題が出されました。その際に、九大進学ゼミの先生方が全力でサポートしてくださいました。その結果、志望校に合格することができました。私は推薦入試に合格したら、塾を辞めて高校でも続けるサッカーに専念しようと考えていました。しかし、九大進学ゼミには先生方や友達と積み上げてきた多くのものがあるので、最後までやり切ろうと思いました。
 私は推薦入試に合格し、高校を決めることができましたが、日々の宿題や特訓等を継続したことで入塾前より大幅に成績を上げることができました。面倒だと思うことでも、継続することで必ず自分の力になります。

受験までの努力

筑紫中央高校|普通科合格
  池﨑 理桜さん(春日中央中学校)

 私は中学1年生の冬から九進に通い始めました。最初は宿題が多いなと思っていましたが、受験が近づくにつれて、宿題の大切さを感じました。毎日行う日々の宿題を念入りにし、分からない部分があれば、先生に聞いたり、QR コードを読み取って解説動画を見たりしました。月に1回あるテストや県模試のカルテを見て、今、自分が1番勉強するべきことは、どの教科のどの部分なのかを把握し、重要事項をインプットし、テストで間違えた問題と同じような問題を解くなどのアウトプットを繰り返しました。
 このような繰り返しをすることで、苦手な教科だった社会は30点台前半から、塾の最後のテストで52点まで上がりました。決してあきらめずに、自分を信じて、最後まで全力でがんばってきて良かったと今では強く思っています。

九大進学ゼミに入って

筑紫中央高校|普通科合格
  中園 小春さん(大野東中学校)

 私は、2年生の夏くらいに九大進学ゼミに入塾しました。学校の定期テストは、半分もとれないくらいに下がっていて、とても悪い点数をとっていました。ですが、九大進学ゼミで、日々の宿題をしたり、丁寧に先生方に教えてもらったりして、どんどん定期テストの点数も上がってきました。
 初めは、勉強が大嫌いで全くしていなかったけど、3年生になり、少しずつできるようになるにつれ、「楽しいな」と思うようになりました。受験は、とても不安になったり、緊張したりするけれど、自分を信じて、どのくらい勉強したのかを思い出すと心強かったです。九大進学ゼミで、たくさん成長できました。そして、私立高校と公立高校どちらも第1志望校に合格することができました。高校に入学しても頑張ろうと思います。

受験を通して学んだこと

筑紫中央高校|普通科合格
  志田 さくらさん(大野中学校)

 今回の受験を通して学んだことは、テストのやり直しの重要さです。私は九大進学ゼミに入る前まで、テストはただ自分の実力を測るためだけのものとしか思っておらずやり直しなど1度もやったことがありませんでした。しかし、九大進学ゼミに入ってから、テストはやり直しをきちんと行うことで、学力を向上させるものであるということを先生に教わり、それから私はテストがある度にやり直しを行うようになりました。始めはコツが掴めず学力も向上しなかったため、意味がないと思っていました。しかし、諦めずに継続して行うことで次第にコツを掴むことができ、学力も向上していきました。
 今回、努力をした分だけ結果がついてくるということを学んだので、これからも夢に向かって精一杯努力をしていきたいです。

日々の積み重ねを大切に!

筑紫中央高校|普通科合格
  増村 拓真さん(太宰府西中学校)

 私は、2年生の冬休みに入塾しました。私は勉強が非常に嫌いで定期テストに向けての計画立てはできても実行が全くできませんでした。しかし、九大進学ゼミに通いはじめたことで、計画立てに時間をさかなくてよくなり、九進からもらったプリントをすることで点数がとれました。
 また、日々の宿題の問題や定期テスト対策の問題がそのまま出てくることもあり、日々の積み重ねが今につながってくるのだなと実感しました。全く勉強もせず、復習もしておらず、取り組むのが遅かったので2年生の時に言っていた高校は受験しませんでしたが、合格必勝テストで1位をとることもできました!これからは中学校での失敗を生かして、頑張りたいです。学年でTOP10に入ってキープします!!