受験体験記2020

福翔高校・武蔵台・九州産業高校

Home > 受験体験記 > 福岡南地区 | 福翔高校・武蔵台・九州産業高校

我慢を乗り越えて

福翔高校|総合学科合格
  吉田 良介さん(花畑中学校)

 私は、受験勉強をする中で、我慢をすることを心がけました。私の周りには、スマホや漫画、ゲーム等勉強をする中で我慢しないといけないことがたくさんありました。これらを長時間我慢することは正直、大変だったけど、第1志望校に合格することを考えると、何とか我慢することができました。これができたのは家族が協力してくれたからだと思います。
 また、自分の健康にも気をつけました。受験当日にかぜやインフルエンザ等にかかってしまって全力を出し切れなくなると、それまでがんばってきた勉強の意味がなくなってしまいます。私は、受験当日に健康な状態で高校に向かうことができました。そういうところも含めて、家族に感謝したいです。

高校受験を終えて

福翔高校|総合学科合格
  水上 凌駕さん(春日西中学校)

 僕は中学3年生の夏休み後から、九大進学ゼミに通い始めました。九進に入るまでは学力テストのやり直しをほとんどしたことがなく特に数学は1次関数や確率など、答えの書き方が全く分からず、全然点数が伸びませんでした。しかし九進に入ってから解き方を習い、テストで少しずつ点数がとれるようになってきて、力がついてきていることを実感しました。最初の方は面倒くさいと感じていた日々の宿題も、基礎を固める1つの材料として活用することができ、今はとても感謝しています。
 また、九進の先生方は分からない問題を質問したら、とても分かりやすく教えてくださるので感謝の気持ちしかないです。受験シーズンに僕を支えてくれた家族や先生方、本当にありがとうございました。

悔いのない勉強

福翔高校|総合学科合格
  下尾 葉月さん(片江中学校)

 私が受験を体験したことで思ったことは苦手な教材を作らないということです。その理由は2 つあります。1つ目は苦手な教科で点数を下げてしまうことになるので得意な教科だけでは限界がくると思ったからです。私は国語が苦手でしたが必死に頑張ったことによって少しできるようになりました。
 2つ目は、苦手な教科を勉強したときに「勉強するの嫌だな」と思う気持ちに打ち勝つことです。何か目標を立て、それを達成すると思う気持ちで勉強すれば高校合格への1 歩をふみ出せると思います。中3になって入試という時間まではあっというほど早く過ぎていきました。今年は新型コロナウイルスによりいろいろと予定が変わりましたがしっかりと入試を受けられたことはとても嬉しかったです。

私が大切にしたこと

福翔高校|総合学科合格
  白垣 晴菜さん(片江中学校)

 私が受験勉強で大切にしたことは2つあります。1つ目は、あたえられた課題はしっかりとすることです。当たり前ですが、学校のプリントなどをしっかり取り組んだり、また九大進学ゼミで言うと日々の宿題を取りくむことです。私が特に頑張ったことはやり直しノートです。自分が後で見直しもできるようにすることを大切にし、間違えた問題を解決しながらノートを作りました。
 2つ目は自分だけでは理解ができなかった問題は先生に質問をすることです。解説を読んでも自分では解決できないときはよく質問に行っていました。ですが、私は質問してそのままになってしまったこともあったので理解できた後も何回か練習して完璧にすることがとても大切だと感じました。

高校受験を終えて

武蔵台高校|普通科合格
  吉富 絢菜さん(春日西中学校)

 私は、中学3年生から九大進学ゼミに通い始めました。中学2年生までは家庭学習も全然していなかったので、テストの点数はあまり良くありませんでした。このままでは「志望校に合格できない」と思い、九進へ入ろうと思いました。
日々の宿題を毎日するようになり、基礎ができるようになったので分からない部分がどんどん少なくなりました。毎月ある学力診断テストの結果が良くなくて、悩むことが何度もありました。しかし、それをバネにして勉強することで志望校A判定をとれるようになりました。受験が近づくたびに不安になることも増えていきましたが、自分に自信をもつことができたのは九進の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

自分が成長できたのは九大進学ゼミのおかげ

武蔵台高校|普通科合格
  北原 菜々美さん(大野中学校)

 私は九大進学ゼミに通い始めるまでは勉強の仕方がよく分かっていませんでした。そのせいで定期テストの結果も悪く、伸び悩んでいました。しかし、九大進学ゼミに通うようになってから、日々の宿題や九大進学ゼミから出される課題をきちんとし、間違えた問題や分からない問題を先生に聞いたり、くり返し何度も解き直したりすることで苦手を得意にできるようになりました。ここで私は勉強の意味がやっと分かったような気がしました。受験勉強でも、今できる限りの問題をたくさん解いて通塾日の授業の後、分からなかった問題を必ず先生に聞くようにしていました。そのおかげで確実にレベルアップできたと思います。
受験勉強中は辛いこと、辞めたくなることたくさんありましたが、九大進学ゼミの先生にたくさん助けてもらいました。感謝です。

九進で得られたこと

九州産業高校|普通科スーパー特進コース合格
  齊藤 凪沙さん(城南中学校)

 私は、小学6年生の春休みに入塾しました。中学生になってからは勉強と部活の両立が大変でしたが、定期考査では常に高得点を目指すことを意識しながら勉強することができました。中学3年生になってからは、模試での成績が落ち込んだり、悩む事があったり、スランプに陥ることがありました。そんな私を変えてくれたのは、8月に行われた夏期合宿です。受験生としての意識を持つことで、勉強に対する気持ちが大きくなりました。
 それからは、自習室に行くなど、進んで勉強するようになりました。トップ校選抜コースでより高いレベルの勉強をしたり、テストを何度も解き直したりする中で、次第に自信を持てるようになりました。その自信は、九進でしか手に入れられなかったと思います。