受験体験記2020

筑前高校

Home > 受験体験記 > 福岡西地区 | 筑前高校

努力の積み重ね

筑前高校|普通科合格
  藤岡 みのりさん(高取中学校)

 私が受験を終えてから思うことは、毎日の努力の積み重ねが大切だということです。中3になったばかりのころは、勉強に対するやる気がなく行きたい高校がはっきりと決まっていませんでした。しかし夏期勉強合宿に参加することで、今までにない勉強量とスケジュールで今の自分のレベルを知り成長できた3日間となりました。
 なかなか成績が上がらず悩むこともありましたが、日々の宿題やテストのやり直しをして、自分のできていないところを復習するなどの勉強をすることで成績を伸ばすことができました。日々の宿題や完全制覇、必勝テストなどのおかげで苦手教科も点数を上げることができ、志望校に合格することができました。高校でも日々努力していきたいです。

大変だったこと

筑前高校|普通科合格
  七島 瑞樹さん(姪浜中学校)

 私は、公立高校の推薦入試を受験しました。推薦入試は、必ず受かるという保証はないので、面接・作文などの練習をしながら、これまで通り勉強をしなければいけませんでした。そのため、他の人たちよりも、大変になるという覚悟が必要でした。
 しかし、受験する高校が本当に行きたい場所なら、この程度で大変だとは思わないと思います。九大進学ゼミの先生方が、面接・作文の練習や勉強面などで、サポートを全力でしてくださいます。だから、今年から最上級生で、受験生になる皆さん、第1志望校合格を目標に、自分自身と九進を信じて頑張ってください。心から応援しています。

基本の大切さ

筑前高校|普通科合格
  渡辺 楓さん(姪浜中学校)

 僕は中3の冬まで部活動をしていました。しかし、成績も悪く、自分自身も勉強に対して無関心でした。周りから何を言われても気にしていませんでした。そんな時、自分自身に将来の夢ができました。そして、いざ勉強をしようとした時に、あまりにもたくさんのことが分からなさすぎて何から始めたら良いのかすら分かりませんでした。
 そこで、自分が始めたのは、基本をしっかりと固めていくことでした。実際、受験の前日まで基本問題をしていました。だから、僕は苦手な教科や伸び悩んでいる教科ほど基本問題をすることをお勧めします。そうすれば、絶対に成績は伸びます。これからどんなに辛いことがあろうと諦めたりせずに頑張って、第1志望の高校に合格してください。

高校受験を通して

筑前高校|普通科合格
  古賀 彩也花さん(玄洋中学校)

 私は今まで毎日のように頑張ってきた部活動が急に終わってしまったので、最初はなかなか「受験モード」に切り替えることができませんでした。そんな中で、夏休みに九大進学ゼミの夏合宿に参加して、今までに経験したことがないくらい勉強ができて、やっと気持ちを切り替えることができました。
 最初は、どのように勉強したらいいのかなど様々な悩みもありましたが、九大進学ゼミの先生方や九大進学ゼミの説明会を通して、熱心に細かく教えていただいたおかげで、受験生としてこの1年間を充実させることができました。九大進学ゼミなしでは、合格をつかみとることはできませんでした。だから、今では九大進学ゼミと共に、高校受験という大きな壁を乗り越えられて、本当によかったと思っています。