受験体験記2020

福岡西陵高校・福岡講倫館高校

Home > 受験体験記 > 福岡西地区 | 福岡西陵高校・福岡講倫館高校

あきらめないことの大切さ

福岡西陵高校|普通科合格
  末松 夢来さん(城西中学校)

 私が受験生になって1番に思ったことは、中1・中2の時から勉強をきちんと取り組んでおけば良かったということです。なぜなら受験が近づくにつれ、周りとの差を感じ、志望校へ合格ができるか不安になったからです。
 しかし私は、不合格になったとしても悔いが残らないように最後まで諦めずに努力しようと決めて頑張りました。100問トレーニングで満点を取れるように朝の自習室に行ったり、分からないところは先生方や友達に聞いてできるように変えていきました。苦手な数学はやり直しを何度も頑張りました。
 受験では、たくさん悩むことがあると思います。しかしそこで絶対に諦めないで前に進んで下さい。周りにいる人を頼って下さい。九進の先生方はいつでも味方になり支えてくださいます。そんな先生方の言葉を信じ、自分を信じて最後まで頑張ってください。応援しています。

受験を通して学んだこと

福岡西陵高校|普通科合格
  山尾 飛沫さん(早良中学校)

 私が本格的な受験勉強を始めたのは中3の夏でした。それまでは、部活動に力を入れており、受験勉強と呼べる勉強をしていませんでした。部活動を引退してから本格的に勉強を始めました。私は本当に後悔していることがあります。それは、中1の頃から真面目に勉強をしておけば良かったということです。本当に中1内容の復習をするのがつらかったです。
 しかし、夏はほぼ毎日1日10時間を目標に勉強を頑張っていました。8月の学力診断テストでは、思うように結果を出せませんでしたが、それ以降はぐんぐんと偏差値が伸びていきました。そして、当初私が考えていなかったワンランク上の高校に合格することができました。これは、九大進学ゼミの先生と自分を信じてきた結果だと思います。私は九進で最後まで頑張ることの大切さを学びました。

諦めずに自分を信じて

福岡西陵高校|普通科合格
  淀川 彩香さん(姪浜中学校)

 私は中3の夏の部活動引退後から勉強を始めました。周りの人は成績が大きく上がっているのに私は全く上がりませんでした。とても悔しくて、猛勉強をしました。私は毎日九大進学ゼミに通い、分からない所があると、その日のうちに九進の先生方に質問し解決しました。分からなかった問題が解けるようになってくると、達成感があり、勉強がとても楽しく感じました。
 近くでずっと応援してくれた家族の支え、とことん分からないところを分かるまで教えてくれた九進の先生がいたから、私は志望校合格をつかむことが出来ました。受験を通して、私は何事にも努力して諦めずに自分を信じる事がとても大切だと思いました。今、成績が上がっていない人も、自分に合う勉強方法を九進の先生方と一緒に早く見つけ、たくさん努力を重ねて志望校合格に向けて頑張ってください。

勉強の大切さ

福岡講倫館高校|総合学科合格
  木戸 祐介さん(早良中学校)

 僕は、中3から受験に向けて、暗記の徹底や日々の宿題を全力で取り組みました。暗記は、限られた時間の中で単語を覚え、どうやって勉強すれば頭に入りやすく、長く覚え続けられるかを試行錯誤しながら勉強しました。また、日々宿を毎日することで、基礎ができるようになりました。
さらに、先生方の授業を真剣に聞いて復習することで、偏差値を上げることができました。夏期講座・冬期講座の100問トレーニングでは、自分の分からない問題を重点的に勉強することで、より理解を深めることができました。
最後まで、先生方の言葉を信じて毎日勉強することで、諦めることなく志望校に挑戦することができたので、九大進学ゼミに入って良かったです。