受験体験記
香住丘高校
Home > 受験体験記 > 福岡東地区【香住丘高校】
九進の通っていて良かった点。

普通科数理コミュニケーション 合格 男子

 僕が九進に通っていて良かったと思うところは、定期テスト対策をしっかり行うことができる点です。定期テストの結果は内申点に直結するのでおろそかにせず一生懸命頑張りました。それでも内申点はあまり高い方ではなかったので、当日の試験で点数をとれば良いと割り切っていましたが、受験が近づくにつれ、不安が大きくなっていきました。内申点は高校が試験の結果以外に見る大事なデータですが、それと同時に自分にとっては、不安を大きくしてしまう要因でもありました。受験の前にいらぬ心配をしないように、中3の一学期、二学期の間は定期テストに向けて勉強することが大切です。九進には、SPTをはじめ、定期テスト対策が豊富にあるので、それを信じて頑張ってください。


九大進学ゼミでがんばったこと

普通科数理コミュニケーション 合格 女子

 私は、毎日コツコツと勉強する習慣がありませんでしたが、九大進学ゼミに入ってからは、次の2つのことを頑張りました。
 1つ目は、日々の宿題や学校の宿題を期限までに必ず終わらせることです。日々の宿題も学校の宿題も毎日あるので大変ですが、日々の宿題は、基礎をおさえることができ、テストに似た問題が出題されることも多いので真剣に取り組みました。2つ目は、日々の宿題や学校の宿題、ワークでまちがえたところは、解説を見てもう1度、解き直すことです。それでも分からないときは、進学ゼミの先生に聞いて、聞いた後にもう1度自分で考えて自分の力でできるようになったかどうか確かめていました。
 頑張れば結果が出るので頑張ってください。


志望校合格までの一年間

英語科 合格 女子

 私は、友達と一緒に中学3年生の春から九進に通い始めました。中学2年生までは、習い事が忙しく、定期テストに向けて、間に合わせの勉強や提出物を期限内に提出することだけで精一杯でした。最初は塾に通うだけで成績が伸びるのだろうか、と半信半疑で通い始めましたが、九進の日々の宿題やSPTをきちんと取り組むことで、定期テストでも良い点がとれるようになり、また、自分に合った勉強方法を見つけられるようになりました。さらに、得意教科である英語も大幅に成績を伸ばすことができ、香住丘高校英語科の合格へつなげることができました。たった1年間でも、日々の宿題にきちんと取り組み、先生方に沢山質問をすることで、志望校に合格することができました。勉強はきついと思いますが、九進と自分を信じて頑張って下さい。


自分を信じて!

英語科 合格 女子

 夏休みに入り、いよいよ私は本格的な受験勉強を始めました。初めのうちは勉強することが苦痛ではなくむしろワクワクしていました。しかし10月~11月頃、毎日夜遅くまで勉強することがだんだん辛くなってきて、もう勉強したくない!と思ってしまった時期もありました。この気持ちを前向きに変えるために私が考えたことは、例え今、勉強をさぼって遊んで楽しいと感じたとしてもその楽しさは志望校に合格出来た時の喜びには到底かなわないということです。受験勉強はとても長い期間なので、辛くなる人も多いと思います。そのときは自分の目標をしっかりと持ち、このことを思い出して下さい!九進の先生が言った、「誰よりもその高校に行きたいと思っている人が勝つ」という言葉も印象に残っています。自分を信じて努力し続けて下さい!


九進をきっかけに私は変わりました

普通科 合格 女子

 私は小学3年生のときから九進の季節講座に毎回参加し、中学3年生のときから通い始めました。集中力も継続する力もない私にとって勉強はとても憂鬱なものでした。しかし、九進に通うことをきっかけに私は変わりました。周りの友達と切磋琢磨して勉強に取り組むことができるので、「友達には負けたくない!だから頑張る!!」と思うようになりました。また、先生方の熱血でおもしろく、わかりやすい授業を受けることで勉強をより意欲的に取り組めるようになりました。
 私は夏期勉強合宿やTOP校選抜コースに参加させていただきました。他の地区の友達と交流することで楽しく勉強できました。毎月行われる学力診断テストでは自分の学力が明確にわかり、テストにも慣れることができました。受験生のみなさん頑張ってください。


一生懸命すればあっというま

普通科 合格 女子

 私は、小学生のころから九大進学ゼミに入塾しています。小学生のころは塾の意味が分からなかったのですが、中学生になってからはその考えが変わりました。なんとなくでやってきた日々の宿題でさえも大切な勉強道具であることを感じました。受験生としての一年は私が思うよりもあっというまでした。夏期勉強合宿では、不安でいっぱいだったけど同じ志をもった仲間と三日間のりこえることができました。年末年始特訓などきついこともたくさんあったけど、やってみれば結構できたりします。
 受験当日は、緊張のあまり寝れませんでした。でも、寝れなくても大丈夫。自分の力をしっかりだして合格に結びつけることができました。九大進学ゼミで一生懸命がんばれば合格はつかめます。


九進は最強のサポーター

普通科 合格 女子

 私は、中学3年生の春から九大進学ゼミに通い始めました。九大進学ゼミに通い始めてから、学校の定期テストがとても上がりました。そのおかげで内申点は40以上をキープすることができました。
 また、学力面でも、日々の宿題を徹底して取り組んだり、日々宿プログレスで苦手な教科を中心に何度も解き直しをすることで、自分の実力も伸ばすことができました。
 志望校に合格するために、人1倍努力をしてきました。しかし、思ったような点数が取れず、泣くことも多くありました。そんなときに、九進の先生方や、塾友、両親から支えてもらい、最後まで自分を信じ、勉強をすることができました。九大進学ゼミは、受験勉強をサポートしてくれる最強の味方だと思います。


毎日の積み重ねが大きな力となる

普通科 合格 女子

 私は中学3年生の春に九進に入塾しました。私が受験生として本気で勉強を頑張り始めたのは夏期講座のときからです。始めは勉強する時間が上手くとれず、夏期講座の目標だった1日10時間勉強を達成できませんでした。しかし、同じ目標に向かって頑張る九進の仲間や頑張る私たちを応援して下さった九進の先生方のおかげであきらめずに勉強を続けていくことができ、目標の1日10時間勉強も達成できる日が増えていきました。
 受験勉強をする中であきらめたいと思うことはたくさん出てきます。ですが、今あきらめずに頑張った人には良い結果が待っているはずです。だから今日は何をするか、そのために時間をどう使うのか考えながら勉強してみて下さい。1日1日の積み重ねが受験を乗りこえるための大きな力になってくれます。


コツコツの積み重ね

普通科 合格 女子

 私は、中学3年生の夏から九進に通い始めました。それまでは、部活や習い事で忙しく、毎日勉強をするという習慣がありませんでした。しかし、九進に通い始めてからは変わりました。夏期講座での1日10時間勉強や日々の宿題で、毎日コツコツと勉強をする習慣が身に付きました。また、わからない問題もそのままにせず、先生方に質問をすることで知識を身に付けることもできました。その結果、香住丘高校に合格内定できました。香住丘高校は、勉強が大変だと聞いたことがありますが九進で身に付けたコツコツ勉強をする習慣で乗り越えられると思います。高校入学後も、コツコツと勉強を続け、充実した高校生活を送れるようにしたいです。九進の先生方、ありがとうございました!!