受験体験記
筑前高校
Home > 受験体験記 > 福岡西地区【筑前高校】
九進の先生方への感謝

普通科 合格 男子

 僕は初めての受験である私立の前期で失敗しました。その私立の結果を知り僕は立ち直れないほど落ちこみました。でもそんな時誰よりも寄りそって励ましてくれたのは九進の先生たちでした。そんな先生たちのおかげで僕は再び第一志望である公立高校の入試に向けて頑張ることが出来ました。しして公立高校に無事合格しました。この合格も九進の先生の助けが無ければ勝ち取れなかったと思います。だから今はすごく感謝の気持ちでいっぱいです。一年生の春から九大進学ゼミに通い始めましたが本当に他の塾ではなく九進で勉強できて良かったと思います。受験勉強をする上で学んだことを活かして高校でも頑張っていきたいです。


受験において大切なこと

普通科 合格 女子

 受験生は、私が想像していたよりも、はるかにきついものでした。私は秋まで部活をしていたので、周りの人がどんどん成績を上げていく中、不安もありました。しかし、部活も勉強も継続することで、自分の力をつけることが出来たと思います。
 私が受験において大切だと思うことは、継続することです。私は、受験勉強の道具は、九進でもらったものを使い、本屋さんや学校では購入しませんでした。日々宿、SPT、などを継続し続けることこそ、合格への近道だと思います。そして、やりなおしをすることも大切です。やりなおしノートに学診で間違った問題を分かるまで解き直し、それを受験前に見直すことがオススメです。
 合格できたのは先生方の熱心なご指導のおかげです。ありがとうございました。


受験の大変さ

普通科 合格 女子

 私が受験生になって勉強するとき一番最初に思ったことは「中学校一年生からちゃんと基礎から勉強すればよかった。」ということです。私は中学校のとき吹奏楽部に所属していました。練習はとてもきつく、夜おそくまであって勉強のことまで頭がまわりませんでした。部活を引退して受験に向けて勉強しようとした時、ちゃんと基礎から勉強していなかったせいで理科や社会などの暗記教科の点数がボロボロでした。このままでは行きたい高校へ合格できないと思い九大進学ゼミに入りました。私が受験の時一番力を入れたのは日々宿です。日々宿のおかげで塾の最後のテストで社会の偏差値は68になりました。今年受験生になるみなさんも日々宿など塾の課題をしっかりこなして合格めざしてがんばってください。


受験勉強

普通科 合格 女子

 私が、受験勉強をする中で大切にしてきたことは、日々宿と塾での授業です。最初の方は、たった5ページの日々宿が苦痛でした。しかし、学診をうけていく中で日々宿の大切さを知ることができました。特に、社会と理科は、日々宿で覚えるようにしました。受験が近づくにつれて、日々宿に力を入れるようにしました。塾での授業は、先生方が苦手な人が多い単元を中心にわかりやすく説明してくれるため、40分の中でしっかりと理解することができました。また、授業の内容を日々宿で練習することで、より理解することができました。私は、家では、日々宿と授業の復習ぐらいしかできていませんでしたが、しっかりと授業を理解することができました。受験は大変だと思いますが、頑張って下さい。


合格への近道は人よりも一歩先を行くこと

普通科 合格 男子

 僕が受験合格に向けて最も力を入れたのは、出された課題を完璧にすることです。完璧にするというのは、問題を解き、丸付けをして間違えた問題があれば、何故間違ったのかを考えて、それでも分からない時は先生に質問して「分からない」を「分かる」にすることです。また、その時の「分かった」が明日、明後日、受験の時に「分かった」になるとは限らないので、自分の苦手を潰すためのノートを作ったり、先生が言った重要なポイントを書いたりすると効率的に勉強を進めれると思います。受験勉強をより効率的に進めるには計画を立てることが重要だと思います。長時間椅子に座るのは辛いと思うので、「この時間は~をする」という様に短時間集中が良いと思います。平等な時間の中で悔いの残らない時間を過ごして合格を目指して下さい。