受験体験記2020

鶴丸高校

Home > 受験体験記 > 鹿児島地区 | 鶴丸高校

受験で大切なこと

鶴丸高校|普通科合格
  長谷川 さくらさん(伊敷中学校)

 これまでの自分の受験勉強を振り返って、受験において大切なことは2つあると思います。1つ目は、いつから本気で受験と向き合えるかということです。中学3年生になれば必ず受験はやってきます。受験から逃げずに、い段階から受験勉強に本気で取り組んでいった方がよいと思います。
 2つ目は、常に向上心を持って勉強に励むことです。九進や学校で受けたテストの結果が良かったからと慢心したり、悪かったからと自暴自棄になったりしてはいけません。結果がどうであれ志望校合格に向けて努力を続けていくべきです。これから受験に向かっていくにあたって、様々な困難が待っていると思います。それらに負けずに、受験勉強を頑張っていって ださい。。

夢と努力

鶴丸高校|普通科合格
  伊藤 俊介さん(伊敷中学校)

 私は高校受験にむけて2つのことを努力しました。1つ目は基礎の徹底、つまり日々の宿題やチェックテスト、特訓などを全力でこなすことです。基盤をつくることで志望校合格のため自分の苦手教科や改善点が見えてくるはずです。
 2つ目は目標を持って勉強するということです。目標がないと勉強はとてもつまらないものになります。「定期テストで~位をとる」「1日~時間勉強する」「~高校を母校にする」といった明確な目標を立てて学習したことが自分にとって効果的だったと思います。私は勉強が得意ではありませんでした。しかし、自分の将来のことを考えて、しっかり努力すれば、夢は現実になります。自分を信じて、頑張ってください。

諦めずに戦い続ける

鶴丸高校|普通科合格
  加世田 陽日樹さん(伊敷中学校)

 私は、中学3年生の夏休みの時点では志望校に合格するにはほど遠く、今だから言えますが、受験校は下げることになるかもしれないと思っていました。しかし、塾長の「夢は逃げない、逃げるのは自分だ」という言葉を聞き、諦めずに最後まで戦いました。日々の宿題を徹底することで基礎を固め、授業後の復習や模試のやり直しをして、できなかった問題はできるようになるまで解きました。すると、少しずつ偏差値が上がってきて第一志望校を受験校にすることができ、合格を勝ち取りました。
 私が受験を迎えるみなさんに伝えたいことは、諦めないことが成功につながるということです。どんなに辛くても、最後まで志を高く持って頑張ってください。

間違いは成長のチャンス

鶴丸高校|普通科合格
  津曲 悠生さん(吉野中学校)

 私は、九大進学ゼミに通うことで、受験生としての自覚を持つようになりました。それを持てたことで、志望校に合格できたと思います。私が受験勉強に打ち込むうえで意識したことが1つあります。それは「1度間違った問題は自分のものにする」ということです。間違えることをネガティブに考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、私は間違いは成長のチャンスだと思います。1度間違った問題にしっかりと向き合い、訂正することで自分の成長につなげることができたら、自然と目標は近づいてきます。後輩たちにもそのことを意識してほしいと思います。
 最後に、これまで支えてくださった全ての人に感謝の気持ちを伝えます。ありがとうございました。

九進を、自分を信じて

鶴丸高校|普通科合格
 永井 楓果さん(吉野東中学校)

 私は、小学6年生のときに入塾しました。中学校での部活は吹奏楽部に所属していたため、他の部活に所属している人よりも活動時期は長かったですが、九大進学ゼミでの勉強と家庭学習を両立し、鶴丸高校に合格することができました。そこで私の勉強方法を紹介したいと思います。私はチェックテストや、特訓で満点を取ることにこだわりました。満点を取り続けていくことはすごく達成感があり、もっと勉強を頑張ろうと思わせてくれました。勉強以外でも、睡眠時間をしっかり確保することはとても大切だと思います。
 私は志望校を変えようかと悩んだ時期もありましたが、志望校に合格できたのは九大進学ゼミの先生方のご指導と自分の頑張りがあったからだと思います。焦らず頑張ってください。

九大進学ゼミで学んだこと

鶴丸高校|普通科合格
  寺﨑 花菜さん(苅田中学校)

 私は中学1年生の春から九大進学ゼミに通いました。受験において、日々の宿題の分からない所をなくすということを目標にして取り組みました。3年生になると5教科の日々の宿題となり最初の頃は少し大変だったけれど、毎日するということを心がけて頑張りました。
 私が1番大切だと思うことは、分からない所は先生に質問をするということです。分からないと思った所をそのままにしておいても分かるようにはなりません。分からないと思ったら思った時にすぐ質問をし、理解して解き直すということが大切です。私はそれを心がけることで成績が上がりました。また、受験したいと思っている高校を最後まであきらめないということも大切です。「あきらめない者が勝利をつかむ」という言葉を心にこれからも頑張りたいです。