受験体験記2020

鹿児島中央高校

Home > 受験体験記 > 鹿児島地区 | 鹿児島中央高校

受験を通して感じたこと

鹿児島中央高校|普通科合格
  有水 翼さん(伊敷台中学校)

 私は九進で志望校合格を目指すにあたって2つのことを頑張りました。1つ目は、「合格して喜んでいる自分」を思い浮かべて日々勉強したことです。チェックテストや特訓の勉強は厳しく、とても大変でしたが、「合格して喜んでいる自分」を思い浮かべて勉強すると自然とやる気が出て、頑張ることができました。
 2つ目は、毎日塾に行き勉強したことです。自習室を活用することで、しっかり集中でき、質の良い勉強ができました。これから受験を迎えるみなさん、受験勉強は大変です。しかし、それを乗り越えれば、「自信」につながります。九進の先生方のおっしゃることを信じて、強い意志を持って「合格」の2文字を掴み取ってください。頑張れ!

将来の自分のために

鹿児島中央高校|普通科合格
  鬼塚 聖奈さん(伊敷台中学校)

 私が九大進学ゼミに入塾したのは、小学6 年生のときでした。今思えば、スタートが早かったのに鶴丸を狙えるレベルまでこれなかったのは、自分では本気になっていたつもりでも、行動に移せていなかった部分があったのではないかと思います。しかし、何とかトップ3 高には合格できたので、自分のやるべきことは最低限できたかと思います。
 九大進学ゼミで教わったことや、日々言われてきたことをしっかり守るようにすれば絶対に第一志望校に合格できます!チェックテストや特訓で満点にこだわったり、授業後にしっかり復習をすれば、塾長がおっしゃっていた受験に必要な学力だけでなく、精神力も鍛えられます。合格発表の日、自分が後悔しないようにみなさん頑張ってください。

やればできる!!

鹿児島中央高校|普通科合格
  倉前 幸平さん(伊敷中学校)

 私は受験生としての自覚が全くありませんでした。しかし、学校の先生にこのままでは志望校の2つ下のレベルの高校も難しいと言われ、本気で勉強するようになりました。それからは、九進の先生方がおっしゃるとおり、6時起床24時就寝を守り、勉強する生活を続けるようにしました。すると、模擬試験の結果がどんどん良くなっていき、A判定を出すことができました。
また、勉強面ではとにかく問題を解いて、間違えた問題をやり直すようにしました。それに役立ったのが日々の宿題です。日々の宿題は、時間を計って解くことで集中力を高め、ミスを減らすことができたり、基礎を徹底的にかためたりすることができます。誰が何と言おうと、受験をするのは自分自身です。自分を信じて、本気で勉強してください。やればできます!!

九大進学ゼミのおかげで

鹿児島中央高校|普通科合格
  広盛 みずきさん(吉野東中学校)

 私は九大進学ゼミに入ったおかげで、自分の志望校に合格することができました。中学3年生になってからの初めての模試では、結果はボロボロで志望校はギリギリかもしれないという状況でした。しかし、私は塾でのチェックテストや特訓で満点を取れるように勉強をしました。すると、そのうち出来なかった問題が少しずつ分かるようになり、満点を取り続けることで、成績も少しずつ上っていきました。
私がここまで成長することができたのは、出された課題をとにかく解き直して理解したからです。やればやるだけ伸びることを忘れずに精一杯頑張ってください。

受験勉強は日々の積み重ね

鹿児島中央高校|普通科合格
 重信 凜音さん(吉田南中学校)

 私は、中学1 年生のときから九大進学ゼミに入り、3 年間通い続けました。私にとって、とても大きな存在は日々の宿題です。毎日の基礎、基本の積み重ねにより、苦手だった数学も短い時間で正確に速く解けるようになり、社会・理科の語句や英単語の暗記も得意になりました。その積み重ねの結果が成績に出てきて、勉強が楽しくなりました。
1番は、自分のモチベーションを上げて、楽しく学習することだと思います。私は、先生がおっしゃったことや豆知識を、イラストで小さくノートに書きこむことで、授業も楽しんで受けていました。また、机の上の整理も大切です。私は、片付けをしてから一気に勉強しやすくなりました。受験までは大変ですが、日々の積み重ねを大切に、頑張ってください。

受験において大切なこと

鹿児島中央高校|普通科合格
  髙橋 晃一さん(谷山中学校)

 私は、スタートが重要であると考えています。中学1、2年生はどれだけ定期テストにこだわるか、中学3年生はどれだけ早く受験生としての意識が持てるかで差がつきます。ちなみに私は差をつけられた側であり、もともと目指していた高校のレベルに全く届きませんでした。だから、みさなんにはこの点を意識してほしいです。
また、私は「模試ノート」を作ることをおすすめします。「模試ノート」とは、統一模試や学力診断テストの訂正をするノートです。これは自分の弱点を知る良い機会となります。統一模試や学力診断テストの結果で一喜一憂しすぎず、できる問題を増やすために解きなおしを徹底することが大切です。高校では、壁を乗り越えて頑張ります!

後輩たちへ

鹿児島中央高校|普通科合格
  松永 凌空さん(谷山中学校)

 私は小学6年生のとき九大進学ゼミに入塾しました。最初は日々の宿題やチェックテストで思うように点がとれず難しかったです。しかし、日々の宿題やチェックテスト、授業後の即復習を繰り返すことで基本語句が身についていき、学校の授業でも積極的に発表できるようになり、テストの点数も上がりました。
合格できたことは嬉しいですが、「もう少し早くから受験を意識しておけばもっと上のレベルを狙えたかもしれない」という反省も残りました。しかし、志望校を変えてからも、九大進学ゼミの先生や家族、友達、周りの人が支えて応援してくれて受験を乗り切ることができました。だから後輩のみなさんには出来る限りの勉強を全力でしてほしいです。そして「合格」を勝ち取ってほしいです。頑張ってください。

受験を通して学んだ本当の「勉強」の仕方

鹿児島中央高校|普通科合格
  宮園 加奈子さん(和田中学校)

 私は、小学校6年生の時に九大進学ゼミに入塾しました。入塾したばかりの頃は、授業を聞いてるだけで内容がわかり、チェックテストや定期模擬テストなどは高得点で、復習を怠ることもありました。しかし、中学生になり学年が上がるにつれて、勉強する内容も難しくなりました。「このままではいけない」と思い、本当の「勉強」をするようになりました。
まず、授業があったその日のうちに復習を心がけました。次にチェックテストや特訓の勉強をしました。特訓は1週間分の日々の宿題から出題されるので、日々の宿題で間違えた問題をもう1度解き直してインプットすることができました。これから受験を迎えるみなさんは、日々の勉強を怠らずに、志望校合格にむけて一生懸命頑張ってください。

悔しさをバネにして

鹿児島中央高校|普通科合格
  前川 陽稀さん(谷山中学校)

 僕は、九進に入塾したばかりの頃、チェックテストや日々の宿題などの課題や学校の課題でとても忙しい思いをしました。しかし、毎日勉強を怠らずにしたことでコツをつかみ、チェックテストで満点をとれるようになりました。模試でも最初は苦手な国語や英語で点をとることができなかったけれど、九進で問題をたくさん解き、分からないことを九進の先生方に聞くことで成績が上がっていきました。
しかし、私立高校の入試で思うような点数がとれず、受験校を変えることになってしまいとても悔しかったです。この悔しさをバネにして高校では今まで以上に勉強と向き合い、苦手な教科をなくしていきたいです。みなさんも、第一志望高校が自分の母校になるように一生懸命頑張ってください。

高校受験を終えて

鹿児島中央高校|普通科合格
  大園 采果さん(東谷山中学校)

   私が九進に通い始めたのは、受験生としての意識を変えたいと思ったからです。それまでは部活が忙しかったこともあり、休みの日は勉強を疎かにしていました。しかし、徐々に定期テストの結果が下がり、「このままではいけない。」と思い入塾しました。入塾して、周りの受験生よりも遅れていることを実感し、焦りもありました。でも、最初はなかなか満点をとることができなかった特訓やチェックテストでだんだん満点をとれるようになったことが自信につながっていきました。
私が、後輩のみなさんに伝えたいことは、受験勉強はできるだけ早く始めるべきだということです。私は今、勉強を疎かにしていたことをとても後悔しています。みなさんはそんな後悔をしないように、早いうちから「自分は受験生なんだ。」という自覚を持って、頑張ってください!

目標に向かって

鹿児島中央高校|普通科合格
  森下 奈南さん(東谷山中学校)

  私は中学1 年生の時からなんとなく鹿児島中央高校に行きたいと考えていました。しかし中学3 年生になって勉強が難しくなり、学校の成績も落ちて危機感を感じるようになり、九進に入ることにしました。最初私は、100 問トレーニングや特訓やチェックテストで満点を取ることができませんでした。しかし、先生方からのアドバイスや日々の宿題を毎日こつこつと頑張ることで満点を取ることができるようになりました。
また、九進に入ってライバルが増えたことで負けたくないという気持ちが強くなり、本当に鹿児島中央高校に行きたいと思うようになりました。これから、受験を迎えるみなさんには、日々の宿題や100問トレーニング、特訓での満点にこだわって頑張ってほしいです。

努力と諦めない心

鹿児島中央高校|普通科合格
  矢野 心愛さん(伊集院中学校)

 私は中学2年生のときから九大進学ゼミに通っていました。塾に入る前は、受験というものがどういうものなのか全然分からなかったです。中学3年生になってからは、トップ校選抜コースや100 問トレーニングが始まり、その日に習った問題は必ず復習するように心がけました。また、日々の宿題は訂正まで毎日しっかりやって、特訓で満点を取れるように頑張りました。
しかし、志望校を決めるときに、現状の成績で私の行きたい鹿児島中央高校に合格する確率は、私立の結果から50%くらいだと言われました。それでも、九大進学ゼミの先生方は「諦めなければ合格する」と心強い言葉をずっと言ってくださったおかげで、私は「諦めないで挑戦してみよう」と思うことができました。私は、目標に向かってやるべきことを怠らずに努力し、諦めない心が大切だと思います。

高校受験を通して

鹿児島中央高校|普通科合格
  田實 三南子さん(川内中央中学校)

 私は、九大進学ゼミに入塾してから勉強に対する意識が変わりました。日々の宿題やチェックテストで満点が取れるように勉強したことで、入塾前より成績を上げることができました。また、日々コツコツと勉強することで、英単語や古語などの基礎をしっかりと学び、覚えることができたと思います。
私は、九大進学ゼミの先生方から、テスト後の解き直しの大切さを学びました。それまで私は分からない問題があっても「仕方ない」と言い訳してそのままにしてきました。しかし、先生方は私が解けなかった問題を私が解けるようになるまで丁寧に分かりやすく教えてくださいました。私は、九大進学ゼミでの高校受験を通して、勉強に関する大切なことを学ばせていただきました。これを高校生活でも活かしていきたいです。