受験体験記2020

加治木高校

Home > 受験体験記 > 鹿児島地区 | 加治木高校

僕を強くしてくれた九進

加治木高校|普通科合格
  時任 智哉さん(蒲生中学校)

 僕は、自分から進んで勉強に取り組むのが苦手でした。しかし、九進に通い始めてからは、少しずつ自分から積極的に勉強に取り組めるようになりました。九進には、日々の宿題という、毎日5教科の基礎的な問題を復習できる宿題があります。正直、これを初めて見たときは、「これをやる必要があるのか。」と思いました。しかし、毎日コツコツとやっていくうちに、模試や学校の実力テストで、解ける問題が確実に増えていきました。
 日々の宿題で基礎をしっかり身につけ、模試などのやり直しをすると、より定着をはかることができ、苦手だった問題も解けるようになりました。受験勉強において、学校や塾で出された課題と、模試などのやり直しの徹底がとても重要だと思います。九進に通い始め、僕は学力面や精神面でとても強くなれました。

大切なことを学んだ九大進学ゼミ

加治木高校|普通科合格
  久永 華乃子さん(重富中学校)

 私は、入塾した頃、志望校も決まっていませんでした。私が勉強をする上で気を付けていたことは、解けなかった問題の解きなおしです。この大切さを教えて下さったのは九進の先生方でした。時間を置いてからもう一度解くと、意外と解けない問題も多く、統一模試等で同じような問題が出題されるため、解きなおしの大切さに気付かされました。徐々に偏差値も上がっていき、自分の志望校も定まってきました。
 学校の実力テスト、統一模試の結果が悪かった時も「次に向けて頑張れ」と温かい言葉をかけて頂き、前向きに受験勉強に取り組むことができました。みなさんも受験への不安があると思います。しかし、自分のやってきたことを信じ、前向きに努力を継続していけば、大丈夫です。頑張って下さい。

受験において大切なこと

加治木高校|普通科合格
  久永 奈央さん(重富中学校)

 私は、入塾したときは志望校も決まっていませんでしたが、毎回の統一模試などを通し、自分の力を確かめながら、自分に合った高校を選ぶことができました。私が模試を解くときに気をつけたことは、焦らずに問題を解くということです。私は特に数学が苦手だったので、数学の問題を前にすると解いたことがある問題でも解けなくなることがありました。それを改善するために、何の公式が必要なのかなど落ち着いて考えることで、偏差値を着実に上げることができました。
 焦らずに何が必要なのかと考えることは、受験勉強そのものでも大切なことだと思います。自分の足りないところを分析して強化した分、偏差値に確実にプラスにつながります。自分がすべきことを考えて頑張ってください。

受験を通して

加治木高校|普通科合格
  宮江 颯都さん(重富中学校)

 僕は塾に入るまでは毎日長時間勉強しなければ成績は上がらないと思っていました。しかし、九進に入って、むやみに時間をかけすぎない、効率的な勉強の仕方を身につけることができ、僕は成績を大きく伸ばすことができました。特に基礎を徹底的に復習できる日々の宿題と、アウトプットを通して、より理解の定着をはかることができる教科ごとのチェックテストや特訓などが成績アップにおいてとても効果的だったと思います。
 また、成績が高いからといって必ずしも合格できるというわけではなく、成績が高く、さらに普段どおりの力を出せる人、本番力がある人がより合格する力をもつことができるということを知りました。今回の受験を通して学んだことを、これからの高校生活、次の大学受験でも大いに活かし、明るい未来に向かって頑張っていきたいです。ありがとうございました。

私を変える力をくれた九進

加治木高校|普通科合格
 榎並 栞凛さん(国分南中学校)

 私は、勉強が好きではありませんでした。勉強から逃げるように、部活や生徒会に取り組み、学校生活と勉強の両立ができていませんでした。しかし、九進に入塾すると、九進の先生方は、勉強を熱心に教えてくださるだけではなく、1人1人を見て、少しの変化でも見逃さずに声をかけてくださりました。この先生方のもとでたくさん勉強をしたいと思い一生懸命に取り組むことができました。次第に苦手教科も得意になり、少しずつ自信がつきました。
 また、先生方に頼りきるのではなく、私自身を変えなければいけないと気付きました。大切なことをたくさん教えてくれた九進にはとても感謝しています。高校という新しいスタートラインに立った今、学んだことを胸に刻み、夢に向かって突き進みたいと思います。

九大進学ゼミでがんばったこと

加治木高校|普通科合格
  酒匂 那緒さん(舞鶴中学校)

 私は、小学校から九進に通い始めたおかげで、中学校に入学してからもスムーズに学習に取り組めました。分からない問題を九進の先生方が熱心に教えてくれたおかげで、定期テストで良い結果を出すことができたと思います。中学3年生になると、毎月のように統一模試があり、その後の先生との面談では、たくさんのアドバイスを頂きました。そのおかげで加治木高校に合格することができたと思います。
 この中学校3年間で思ったことは、毎日の学習にしっかり取り組み、定期テストで良い結果を出すことで、基本を身につけていくことが大切だということです。高校ではもっと勉強が難しくなると思うので九進で学んだことを生かしていきたいです。

大切なのは日々の積み重ね

加治木高校|普通科合格
  重田 優斗さん(舞鶴中学校)

 僕は、部活と勉強の両立を目指して3年間頑張ってきました。時には辛いときもありましたが、そんなときこそ九進の日々の宿題を完璧にしたり、先生に教えていただいた授業後即復習を心掛けたりして、分からないところは先生に質問しました。僕は、受験を通して大切だと思ったことが2 つあります。1つ目は、目標を少しでも早く決めて、人に言われてからではなく、自分から行動することです。
 2つ目は、チェックテストや100問トレーニングで満点にこだわることです。受験ではこの1問が合格を決めると思いがんばりました。後輩のみなさん、受験のプレッシャーに負けないよう、たくさん勉強して自信をつけて下さい。九進についていけば大丈夫です。