受験体験記2020

川内高校

Home > 受験体験記 > 鹿児島地区 | 川内高校

九大進学ゼミに感謝

川内高校|普通科合格
  飛松 璃央さん(川内北中学校)

 私は、九大進学ゼミに入るまで自分の志望校に合格できるか不安でした。でも、そんな僕を九大進学ゼミが変えてくれました。熱心な先生方の分かりやすい授業は僕に勉強することの楽しさを教えてくれました。そして日々の宿題は毎日勉強をするという習慣を身につけてくれました。そのおかげで、なかなか伸びなかった成績も少しずつ伸びていきました。
 私が1番大切だと思ったのは、日々の宿題です。この日々の宿題で基礎を確認でき、分からないところは先生方に教えていただき、また、解くことのできる問題を少しずつ増やしていくことができました。私は、高校入試の合格というのはスタートだと思っています。ここから自分の目指すゴールに向かって努力したいです。

努力が一番!!

川内高校|普通科合格
  木下 大翔さん(川内南中学校)

 私は、中学1年生の頃に入塾しました。そして、毎回の確認テストや学校の定期テストで1問でも多く解けるようになることにこだわりました。最初の統一模試では、得意な教科と比べて、苦手な教科ではほとんど点数が取れていませんでした。しかし、そのような時に自分の力になったのが、チェックテストです。前までできていなかった問題ができるようになると、自分の自信になりますし、授業と自宅学習の内容を自分のものにすることができました。そして、分からなかったところが分かるようになると勉強が楽しくなります。
 私は最後まで第1 志望に合格できるか心配でしたが、最後まで諦めないことが大切だと学びました。今、不安を抱えている人も自信を持ってください。自分が今までやってきた事をを信じれば、絶対に合格できます。日々の努力を大切に!!