受験体験記2020

小倉高校

Home > 受験体験記 > 北九州地区 | 小倉高校

習慣

小倉高校|普通科合格
  餘戸 悠大さん(行橋中学校)

 僕は中学3年生の2学期から九大進学ゼミに通い始めました。通い始めたときの模試では小倉高校はC判定でした。しかし、九大進学ゼミで努力を積み重ねたことで入試直前の模試でA判定を取ることができ、小倉高校に合格することができました。
 入塾する前の僕には毎日勉強をするという習慣がありませんでした。しかし、入塾して日々の宿題に取り組むようになり、毎日勉強をする習慣を身に付けることができました。僕は勉強が嫌いでしたが毎日勉強をする習慣のお陰で日々の宿題以外の勉強にも積極的に取り組むことができました。受験を振り返ってみると、九大進学ゼミの存在が大きいです。九大進学ゼミに来なければ僕は小倉高校に合格する事はできなかったと思います。九大進学ゼミで頑張って良かったです。

苦手な科目と向き合う

小倉高校|普通科合格
  近藤 航さん(田原中学校)

 受験勉強において大切なことは、苦手な科目と向き合うことだと思います。僕の場合、国語と英語がとても苦手でいつもこの2科目が足をひっぱっていました。そこで、最初は英語と真剣に向き合ってみました。英語の中でも特に苦手な部分を見つけ、わからないところは九大進学ゼミの先生に質問し、理解を深めるようにしました。国語も同じように取り組みました。すると、受験直前までに偏差値を大きく伸ばすことができました。
 苦手な科目の問題は、間違えることが多くモチベーションも上がりにくいと思います。そのため、苦手な科目から逃げ、得意な科目を勉強してしまいがちです。しかし苦手な教科の方が得意な教科より伸びしろがあります。ぜひ、苦手な科目と向き合い、志望校合格に向けて頑張ってください。

最後まであきらめないように

小倉高校|普通科合格
  沼田 大雅さん(田原中学校)

 僕は、中学3年生の夏期講座から九大進学ゼミに入塾しました。初めに受けた模試では小倉高校はC判定でした。そこからずっと努力を続けましたが、なかなか成績が上がらず、11 月ぐらいまではずっとC 判定だったので、小倉高校はあきらめようとしました。しかし、先生方のご指導のもと、最後まであきらめずに勉強を続けることで1月には小倉高校A判定になり、その後も成績は上がっていきました。
 ここまでこれたのは他にも理由があります。それは、共に学力を高め合う友達がいたことです。自分1人の力ではここまでこれなかったと思います。先生方、友達の力があったからこそ勝ち取れた合格だと僕は思っています。最後まであきらめない力、先生方の力、友達の力の3つの力を武器に、僕はここまで戦い抜くことが出来ました。

土台より階段

小倉高校|普通科合格
  三日市 舜弥さん(田原中学校)

 僕は中学1 年生のスタートダッシュ講座に参加していたのでスムーズに中学校の勉強を始めることができました。3年生の3学期を迎えたとき、中学校のスタートダッシュが本当に大切だということ、また1・2 年生の勉強が受験勉強の大きなアドバンテージにつながるということを思い知りました。オリエンテーションなどで今までの学んだ事が土台になるといわれましたが、僕は土台ではなく学んだ事は階段状になっていると感じました。ただ知識を踏み台にして立っていることより、知識を用いてのぼり続けることが大切だと思います。
 日々の宿題による復習、またタイム計測をしながらの問題演習によって、テストへの意識を高めることもできました。3年間九大進学ゼミに通ったことで、高校生活のための大切なことを学べました。

まずは日々の宿題から

小倉高校|普通科合格
  松井 隆之介さん(思永中学校)

 僕が九大進学ゼミに入ったのは、中学2年生のときです。そのころ、僕は成績が下がり続けていました。ですが、先生方の指導のもと精一杯努力したことで、成績が元に戻り、更に上げることもできました。毎月の学力診断テストがいい刺激になりました。「継続は力なり」という言葉がありますが、勉強は継続することが大切です。しかし、勉強を習慣化するのは正直とても難しいです。
 そこで、僕は日々の宿題を毎日集中して解くことを最初に取り組みました。以前は、宿題を授業日までためこんでいたため、「日々の」とは言えない状況でした。ですが日々の宿題を毎日集中して解くことで、勉強の習慣づけができました。今の僕の学力があるのは日々の宿題のおかげです。