受験体験記2020

門司学園高校・小倉西高校

Home > 受験体験記 > 北九州地区 | 門司学園高校・小倉西高校

高校合格を勝ち取った要因

門司学園高校|普通科合格
  猪股 翔央さん(沼中学校)

 中学校での授業内容は重要なものが多く、また難しいです。しかし、その内容を理解することは、高校への第一歩です。それを、九大進学ゼミでは深く分かりやすく最後まできっちりと教えてくれます。テキストやSPTを使い理解度を深め、制限時間を設定し日々の宿題をすることで毎日本番のテストのような練習をすることができます。そして分からないところを隅々まで先生たちが教えてくれます。
 これらすべてのおかげで、整った勉強空間の中で3年間勉強に励むことができました。こんなにも良い環境でも、成績が余り伸びない時期があります。それでも諦めないことが大事です。それを乗り越えると、きっと、良い未来が待っています。皆も頑張って下さい。

苦手に向き合う

小倉西高校|普通科合格
  藤原 菜々さん(思永中学校)

 私は3年生になってから数学のテストでいい点数がとれなくなりました。そのせいか、いつしか数学に対して苦手意識をもつようになりました。九大進学ゼミで定期的に受けるテストでもいい点数がとれず悩んでいたら、九大進学ゼミの先生方に「苦手ならきちんと向き合った方がいい。」「分からない所は教えるから。」と言われました。私もこのままではダメだと思い、苦手な数学と向き合う決心をしました。
 初めはやはり全然できなくて苦手と向き合うことをやめてしまおうと考えたこともありました。だけど、九大進学ゼミの先生方が熱心に分かりやすく教えてくれたので、自分の苦手と最後まで向き合うことができました。苦手と向き合うことは誰でもイヤだし大変です。だけど、1つでも出来ることが増えたらうれしいし、自分の自信になります。ぜひ苦手と向き合ってみてください。

1人では、合格できなかった

小倉西高校|普通科合格
  坪根 康夫さん(緑丘中学校)

 僕は、中学1年生の時に周りの皆が出来ている内容を理解することが出来ず、夏期講座から九大進学ゼミに通い始めました。九大進学ゼミの集団授業は、クラス全体が分かっているかを確認しながら授業を進めるので、内容の理解がしやすく、2年生になる頃には学習したことの定着が早くなったと思いました。しかし、3年生になると難しい問題にてこずるようになり、勉強が嫌になりました。
 そんな時でも、九進の先生方は一生懸命勉強を教えてくれ、僕は勉強を必死にしようと思うようになりました。先生方が僕の分からなかった問題を授業が終わった後に分かりやすく教えてくれたため、ケアレスミスが減り難しい問題も少しずつ解けるようになったため、小倉西高校に合格できたのだと思います。先生方ありがとうございます。

努力すること

小倉西高校|普通科合格
  安田 航基さん(戸ノ上中学校)

 僕は小学6年生の春休みに九大進学ゼミに入塾しました。小学校では成績はあまり良くなく、勉強は苦手でした。そのため九大進学ゼミに入ってから日々の宿題や確認テストを頑張りました。はじめたときは勉強と部活の両立が難しく、きついと思うこともたくさんありました。しかし、努力をして続けた分、中学校の定期考査で結果が出ました。そのとき初めて勉強が楽しいと感じました。
 また、1 番印象に残っているのは3年生の夏休みに行った合宿です。合宿では驚くほどたくさん勉強しました。とても辛かったのは今でも覚えています。しかし、その努力の代わりにたくさんの知識とやる気をもらいました。僕は合宿以降、志望校の判定はずっとAでした。だから必ず努力を続ければ良い結果がでます。頑張れ!