受験体験記2020

鞍手高校

Home > 受験体験記 > 北九州地区 | 鞍手高校

九大進学ゼミで教わったこと

鞍手高校|理数科合格
  吉柳 航さん(直方第二中学校)

 九大進学ゼミの先生方は、分からなかった問題や覚えておいた方がいいこと、問題の解き方を丁寧に教えてくださいました。分からない問題や自分が解けると思っていた問題が解けなくて、くじけそうになったときもありました。それでも、解けるようになったときはうれしかったです。自分ひとりで勉強するのではなく、まわりに支えられて、勉強しているのだと実感しました。九大進学ゼミで学んだことで、第1志望や九州国際大学付属高校の難関コースにも合格することができました。
 高校に進学してからも九大進学ゼミで教わったことを生かし、1年生から計画的にこつこつと基礎を積み重ね、志望する大学に進学したいと考えています。受験生のみなさん、一緒に頑張りましょう。

毎日の努力と、周りの人の支え

鞍手高校|普通科合格
  宮田 若菜さん(木屋瀬中学校)

 私は中学3年生の夏に九大進学ゼミに入塾しました。塾に入るまでは、家で勉強する時間が短く、成績も良くなかったのですが、夏期講座での日々の宿題、確認テストのおかげで家で勉強する時間が長くなり、さらに英単語や社会、理科の重要語句をより多く覚えることができました。毎回の確認テストでは合格点数ではなく、満点を目指して努力してきました。日々の努力の積み重ねのおかげで最後の学力診断テストは最初に比べ、大幅に偏差値が伸びました。
 私は、九大進学ゼミのおかげで楽しく勉強ができたと思います。分からないときは、周りの友達や先生方が優しく答えてくれます。今、自分が志望校に合格して、周りの友達や先生方に感謝しています。困ったときは、周りの人を頼ってください。