受験体験記
京都高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【京都高校】
将来を考える

普通科 合格 女子

 私が本気で勉強しようと思い始めたのは、中学 2 年生のときでした。その時期はちょうど職場体験を行っていました。子どもの世話が好きだった私は、幼稚園で実習をしていたのですが、そこで自分の将来について考えるようになりました。工芸も好きだった私が、どうにか教育と工芸を両立した仕事ができないかと考えていた時、美術教師という道が浮かびました。それから、九進の冬期講座で入塾し、本気で勉強し始めました。日々宿や Qトレの勉強などの基礎の定着をしていくことによって順位が急激に上がりました。その積み重ねが、私を成長させたと思います。
 新中学 3 年生の皆さん、今から体験するこの 1 年間は、想像するよりも、きついものだと思いますが、最後まであきらめずにがんばってください。


Never give up

普通科 合格 男子

 私は、中1の夏に九大進学ゼミに入塾しました。通い始めた頃は国語と英語が苦手でしたが、先生方の分かりやすいご指導や Qトレ、日々宿のおかげで理解できるようになりました。また、テストでのケアレスミスが自分の弱点であることを知り、漢字や英単語のスペルを徹底して復習しました。その結果、定期テストでも点数を上げることができました。
 3 年生になると、日々宿が分厚くなり量がとても増えました。苦しい日々宿もいつの間にか慣れていて、習慣の一つになっていました。夏の勉強合宿では、朝早くから夜遅くまでずっと勉強で苦しかったですが、友達とも出逢え、先生方にいろいろためになる事を教わり、充実した合宿になりました。
 最後に、先生方や友達と共に過ごした九進での時間は、一生の宝物です。


大切なこと

普通科 合格 男子

 僕が受験勉強をして大切だと思ったことは2つあります。まず、毎月やっているテストのやり直しと理科と社会のやり直しノートをつくることです。これをテスト後にすぐやることで、少しずつにがてをつぶすことができます。勉強方法とは別に大切だと思ったことは「絶対に合格してやる」や「絶対にあいつには負けない」などの固い意志を持ち続けることです。自分が勉強する気がうせて、できないとか、あきらめそうなときにこれを思い出すことが大切だと思いました。僕は、10 月に入り、少し勉強をしなくなりました。毎日やる気が出ませんでした。勉強したくないなと思うことが多くなりました。でも、周りの人の支えや「あいつに負けない」という強い意志でもう一度覚悟ができたのを覚えています。


感謝の気持ちでいっぱいです

普通科 合格 女子

 私は、2 年生の夏期講座から九大進学ゼミに通い始めました。入塾前は、勉強をした事がなく、成績もよくなかったです。しかし、九大進学ゼミに通い、勉強の楽しさを知り、日々宿などで勉強する習慣も身に付きました。そのおかげで、成績も当初より大幅に上がり、2 年生最後の定期テストでは今までの私からは考えられない順位をとることができました。この時の感動は今でも忘れません。
 3 年生では、合宿にも参加させていただいて、レベルの高い合宿メンバー達を見て、とても圧倒され、大きな刺激を受けました。
 受験も近くなり、より勉強に火がつき、点数も徐々に上がり、無事志望校に合格することができました。
 九大進学ゼミと出会って変わることができました。本当にありがとうございました。


受験勉強で特に頑張ったこと

普通科 合格 女子

 私は中学 3 年生の 4 月から九大進学ゼミに通い始めました。4月の志望校判定は C で、二回ほど B 判定になりましたが 11 月まではほとんどが C 判定でした。そんな私が力を入れて頑張ったことは模試のやり直しです。先生から模試のやり直しが大切と言われ続けてきましたがやったことがなく、このままではダメだと思ったからです。私は、特に苦手な理科と社会を重点的に、やり直しました。間違えた問題には印をつけ、何度も解き直しました。社会はやり直しに加えて年号の暗記もしました。そのおかげで点数が大幅に伸びて 12 月以降はずっと A 判定を取ることができました。
 私は志望校に合格することができました。その勝因としては、やはりやり直しの効果が大きいと感じています。


九進で過ごした日々

普通科 合格 女子

 私は中学 3 年生の冬に入塾しました。入塾する少し前に学校で受けたテストの結果がとても悪かった私はあせりを感じ、友達も通っていた九進に通い始めたのです。それから、5 教科の勉強をするための日々宿をする毎日が始まりました。宿題が大変だと感じたこともありましたが、今思えば日々宿を真剣に取り組んだことが応用問題に挑戦するための土台を作ることにつながっていたのだと感じます。テストで思い通りの結果が出なくても、基礎を大切にしながら諦めずに何度も挑戦し続けようとする姿勢が大切なのだと、気付くこともできました。しかし、そのようなことに気付くことが出来たのは先生方や両親、友達の支えがあったからだと思います。これからも感謝の気持ちを忘れずに努力と挑戦を続けていこうと思います。


九大進学ゼミに入って

普通科 合格 女子

 私は、3 年の冬期講座から入塾しました。九大進学ゼミに入る前までは、受験勉強は直前にすれば良いだろうという気持ちがありましたが、入塾して初めてのテストで今の自分の実力を知り、受験に対する危機感を覚えました。
 勉強を重ねるにつれ、自分の弱点は基礎が出来ていない所だということが分かり、私は日々宿をよりてってい的にするようになりました。日々宿は基礎をしっかり学ぶことができ、テストでも日々宿と同じような問題がでたりととても役に立ちました。
 私は、九大進学ゼミに入ってとても良かったと思います。塾に入り、きつくつらい思いをしたときもありましたが、それを乗りこえられたのは支えてくれた先生方や家族のおかげです。高校でも頑張りたいと思います。