受験体験記
東筑高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【東筑高校】
僕の受験体験

普通科 合格 男子

 僕は中学校の 3 年間、九大進学ゼミに通いました。そして、中 3 の夏休みに東筑高校合格という大きな目標ができました。しかし、夏休みのころは、偏差値が 60 で、内申点が 36 しかありませんでした。そこで僕は、時間以内に問題を解くことができるように、テスト形式の問題を時間を計りながら取り組みました。すると、すぐに効果が出て、東筑高校の A 判定を安定して取ることができるようになりました。
 また、10 時間トライアルにも多く挑戦しました。勉強を 10時間続けることは、集中力がつくだけでなく、自分の自信にもなります。みなさんも、自分の自信になる何かを見つけ、受験に挑戦してください。
 九大進学ゼミの先生方、3 年間ありがとうございました。


苦手を克服させてくれた九進

普通科 合格 女子

 私は、中学 3 年生の夏期講座から九進に通い始めました。私は数学がとても苦手で、九進で行われた 7 月の学力テストでは数学の点数が 30 点以下で、東筑高校を受験できるレベルではありませんでした。でも、岡垣校の赤澤先生が面白く、分かりやすく、授業をして下さったので、数学を楽しく学習することができました。そのおかげで、数学の点数が学力テストでも学校の定期テストでも上がり、入試前には最後の図形問題もとけるようになりました。また、テストで古文の点数がとても悪かった私が、吉見先生の分かりやすく、丁寧で熱が入った授業を受けたことで、テストで点数がとれるようになりました。志望校を下げようか迷った時期もありました。しかし先生方が後おしして下さり、東筑高校をうけ合格できました。先生方に感謝です。