受験体験記2020

熊本・済々黌高校

Home > 受験体験記 > 熊本地区 | 熊本・済々黌高校

高校受験で大切なこと

熊本高校|普通科合格
  末松 里彩さん(武蔵ヶ丘中学校)

  私が受験勉強において大切にしていたことは、志望校合格という夢を決して諦めず、自分に自信を持って勉強に励むことです。九大進学ゼミには、たくさんのライバルがいます。特に夏合宿では自分よりも遥かに上の位置にいる仲間達と出会い、それは私に大きな刺激を与えました。たとえ模試の結果が悪くても、他の人たちには負けてられない、自分は絶対に志望校合格という目標を手放したくない、その一心で一生懸命勉強し続けました。九進では、先生が私の分からないところを丁寧に解説してくれたり、問題をくれたりとたくさん協力してくれました。
 こうした経験の中でいつの間にか私の心には大きな自信が芽生え、当日を快く迎えられました。高校に進んでからも、九大進学ゼミで学んだことを生かして頑張っていきたいです。

九進生よ大志を抱け

熊本高校|普通科合格
  相良 帆乃花さん(武蔵ヶ丘中学校)

 この高校受験の中で私は何度も諦めかけました。中学校3年間、勉強をほったらかして部活をしていた私の成績は、言うまでもなく落ちていました。それでも、どうしても志望校に行きたかったので、目標だけは常に持ち続けるようにしました。勉強は先生に言われた通り、何度も同じ問題を解きました。何より、日々の宿題は毎日続けることで基礎を固めることが出来ました。特に効果的なのは、時間を計ることです。正確に早く問題を解けるようになります。また、地図帳や歴史の教科書を読むことも効果的です。
 これらは全て先生方から教えていただきました。叶わないと諦めるのではなく、目標を持つことが大切です。そして、九進ならその目標を叶えることができます。先生方、本当に有難うございました。

九進のおかげでつかんだ合格

済々黌高校|普通科合格
  浦上 雅史さん(武蔵ヶ丘中学校)

 僕は、3年生の夏休みから九進に通い始めました。最初は、高校合格は九進に行かなくてもできるだろうと思い、夏期講習だけ受けようと思っていました。しかし、周りのみんなは頭がよく、初めて知ることがたくさんあって、現実は甘くないと思い知りました。だから、夏期講習が終わっても九進を続けることに決めました。それから月ごとに模試があり、納得のいく結果が出ないまま受験が近づいてきました。
 九進の先生方は、過去問や他の色々な問題でわからないところがあった時、わかりやすく、納得するまで説明してくださいました。そのおかげで、だんだん過去問も模試も点数が上がっていき、最終的に合格することができました。勉強する意欲と自分に必要なことを教え、合格まで導いてくれた九進に感謝したいです。これからも、頑張ります。

受験を振り返って

済々黌高校|普通科合格
  横山 優さん(武蔵ヶ丘中学校)

 私は、中学1年生の夏から九進に通い始めました。最初は思うように成績がのびずに悔しい思いをしたこともありましたが、3年間九進に通い続けたおかげで確実に成績を上げることができました。また、私が受験前に力を入れて取り組んだのは苦手なところの復習です。特に私は国語の古文が苦手だったので、3ヶ月分ぐらいの日々の宿題の古文を解きなおしました。それを行ったことで少しずつ古文の問題が解けるようになっていきました。入試本番では、日々の宿題で出ていたのと同じ古文の文章が出題され、とても嬉しかったです。 
 私は、中3の夏に無理だと思って考えてもいなかった済々黌に志望校を変更し合格することができました。どんな高校でも努力すれば絶対に合格できます。頑張って下さい。九進の先生方、本当にありがとうございました。

受験生生活を振り返って

済々黌高校|普通科合格
  白澤 由亜さん(武蔵ヶ丘中学校)

 私が済々黌に合格することができたのは九進のおかげです。私は、中学2年生までは全く受験の事など考えず、成績も済々黌の合格ラインとは程遠いものでした。しかし、3年生になると入試に向けて本格的に対策が始まっていきました。勉強はとても大変でしたが、九進の先生方が分かりやすく丁寧に授業をしてくれたので、難しい問題も分かるようになり、大きな達成感も得られました。そのおかげで、偏差値もとても上がっていきました。本番当日も、九進が直前対策をしてくれたので、自分の力を信じて臨むことができ、緊張することもありませんでした。
 そして、合格発表の日に自分の受験番号を見つけたときの喜びはとても大きかったです。入試までの道のりは、とてもきついけれど、努力した分だけ、結果に出るはずです。

受験を振り返って

済々黌高校|普通科合格
  樋口 一郎さん(武蔵中学校)

 私が九進に入ったのは2年生の冬期講座からでした。九進に入ってからは、日々の宿題の存在や楽しい授業でぐんぐん成績がのびていきました。模試での成績が下がってしまい、一瞬落胆しかけましたが、同じ九進の人達やどこまでも熱心な九進の先生を見て、「落ち込んでいる暇があったら努力を続けろ」と自分に言い聞かせました。難しい問題に出会った時、それが解けないと諦めずに、九進で説明を聞き、何度も同じ問題のテストをしていく中で確実にものにしていけたと思います。
 本番では1日目、2教科で手応えがほぼ無く、焦燥感に駆られていました。しかし、自分の部屋の壁には、「勝者は夢を諦めない」と書かれた必勝宣言、それを見た瞬間、最後の最後まであがいてやろうと心に決め、頑張れた事が合格への鍵だったと思います。

くじけ続けよう、後悔したくないならば

済々黌高校|普通科合格
  德丸 綺慧人さん(武蔵中学校)

 僕は受験勉強の中で、何度も何度も壁にぶつかり、くじけました。周りのライバルたちはどんどん先へ進んでいくのに、どうして自分は伸びないのだろうか、自分はこれ以上先には進むことはできないのだろうかと絶望を繰り返しました。しかし僕はこの絶望が自分を前に進ませる燃料であることに気がつきました。受験勉強を続けていれば、必ず壁にぶつかります。もう壁にぶつかることに感謝してしまいましょう。「悔しい、悔しい、悔しい。」この気持ちをバネに一気に高く飛び上がりましょう。
 九進の先生たちは僕たちを合格させるために、ありとあらゆる試験で使える知識を教えてくれます。九進の先生を信じて努力を続ければ、必ず合格できます。目標に挑戦しないと後悔します。壁にぶつかることを恐れず、合格を目指しましょう!

九進と日々の宿題を信じて

済々黌高校|普通科合格
  黒岩 千尋さん(西原中学校)

 私は中学3年生になってから、日々の勉強習慣がついていないことに苦しみました。中学1・2 年の時の勉強といえば、定期テスト前に一気にするだけだったことを後悔しました。それでも、九進の先生や友達の支えのもと、トップ校選抜コースや夏合宿でたくさんの人と競争することで自分を奮い立たせました。そして、どんなにやる気がない日でも、日々の宿題で勉強のリズムをつくることできました。
 先生方は1人1人としっかり向き合ってくださり、勉強の相談はもちろん、日々のちょっとしたことの話も聞いてくださいました。そのおかげで実家のような安心感があり、心を落ち着かせて学習することができました。自習に行ったり、多くの勉強時間を九進で過ごしたと思います。九進を信じていて本当によかったです。

本気の取り組みが大事

済々黌高校|普通科合格
  田中 穂香さん(帯山中学校)

 私は勉強がすごく苦手だったものの、部活ばかり必死で取り組んでいたため、2年生まで全く勉強をしてきませんでした。しかし、3年生で受験を意識し始め、九進に通うようになりました。最初のほうは、部活と勉強の両立でとても疲れました。しかし、九進のテストでランキングや点数が出るのを見ることで、やる気が湧き、もっと頑張ることができました。
 部活の引退後は、今までよりも長い時間を費やして勉強に集中することができましたが、何を取り組むべきか分からず九進の先生へ質問することが多かったです。先生達はいつも分かりやすく教えてくださいました。私はこの1年間で大きく成績が伸びたのは先生方のおかげだと思います。1年間のがんばり、努力が大事だと実感しました。

九大進学ゼミと私

済々黌高校|普通科合格
  上野 颯人さん(松橋中学校)

 私が九大進学ゼミに通い始めたのは、中3の春休みでした。当時の私は受験生として頑張る気持ちは弱く、仲の良い友達がたくさんいたから楽しいというような、ゆるい気持ちでした。そして、部活が終わって皆の気持ちが切り替わっている中でも、自分だけついていけずにいました。面倒臭がりながら、日々の宿題をしたり九進に行ったりしました。でも周りの友達の成績が上がるのを見て、負けたくないという気持ちが湧いてきました。
 そんな時、九大進学ゼミがたくさんの勉強方法を提案してくれ、済々黌という大きな目標に進むことが出来ました。そういう九大進学ゼミで、合格することができたことは、一生の思い出です。

大事なのは強い気持ちと自信を持つこと

済々黌高校|普通科合格
  川端 夏帆さん(豊野中学校)

 私は中3の冬期講座の時に入塾しました。中1の頃からずっと済々黌に行きたいと思っていました。しかし、冬期講座で過去問をたくさん解いていく中で自信を失い、志望校を変えたほうがいいんじゃないかと思うことがありました。県のテストでも200点なんていったこともなくて、九進の1月の最後のテストでもD判定でした。ここから、分からないところはひとつずつ分かるように時間をかけていきました。なにがなんでも、済々黌に合格したい!という強い思いが力に変わりました。
 九進では、自分に足りないところを的確にアドバイスして下さって、私も安心して取り組むことができました。中3の1月に偏差値59でD判定だった私が合格できたのは、やっぱり自分の気持ちが強かったからだと思います。受験生の皆さん、本番は落ち着いてがんばってください。

最後まで自分を信じて

済々黌高校|普通科合格
  田中 雄大さん(松橋中学校)

 私は入試直前の模試で、C判定をとりました。その時は志望校を変えようかと考えもしました。しかし随分前から行きたいと思っていた高校を諦めたくありませんでした。だからその日から毎日一生懸命勉強に取り組み、様々な種類の問題を分かるまで解きました。そのおかげで入試本番には全く緊張せず、いつも通りテストを受けることができました。この1年間は本当にきつかったです。でも九進の友達と毎日の授業を頑張り乗り越えることができたので、合格という結果がでたんだと思います。
 残り1ヶ月は特に自分との戦いになります。周りの学力も分からず、自分の学力も分かりません。だから、自分は合格する、大丈夫、と思って日々勉強してください。入試まで頑張ってください。応援しています。

九進のおかげ

済々黌高校|普通科合格
  福山 貴和子さん(松橋中学校)

 私は、最初の頃は勉強に気合いが入っておらず、あまりしていませんでした。でも、九進の模試を受けてとても成績が悪い時があり、そこから気合が入っていきました。九進では最初から精一杯頑張れるように熱血な指導をしてくださいます。先生の言われるとおりもっと早くから勉強してれば良かったと思うことが何度もありました。
 だから、みなさんには、初めからコツコツと勉強してほしいです。毎日少しずつでもいいからコツコツとすることが大切です。そこで私は日々の宿題をきちんとすることを心掛けました。日々の宿題は基礎を固める、そして毎日の学習を習慣づけるためにも非常に良いです。だから、さぼらずに毎日続けていってほしいと思います。

受験までの日々

済々黌高校|普通科合格
  西村 綾乃さん(井芹中学校)

 私が九進に入って良かったと思うことは、授業を受けるのが楽しくなったということです。九進に入る前は、どうせ聞いても分からないと思って学校の授業をまじめに受けていませんでした。しかし、九進に入ってとても面白くて分かりやすい授業を受けて勉強が分かるようになり、学校の授業も楽しく受けることができるようになりました。
 私は自主的に勉強することが得意ではなかったので、3学期になってからは毎日塾に自習に行きました。分からない所があれば質問すると分かるまでていねいに教えて下さり、苦手な教科も克服することができました。塾に入ったときは済々黌を受験するなんて考えてもいませんでした。夢を広げてくれた九進には本当に感謝しています。九進に入って良かったです。