受験体験記2020

第二・第一高校

Home > 受験体験記 > 熊本地区 | 第二・第一高校

九進で良かった!

第二高校|理数科合格
  猪口 明優花さん(帯山中学校)

  私は中3の夏、とても焦りを感じていました。私が所属していた吹奏楽部は他の部活と違って秋まで練習があり、周りの人が引退して勉強に本格的に取り組む中でも、部活をしている私は勉強に長い時間を使うことが出来ず、不安を抱えていました。そんな時、九進の先生は親身になって相談に乗ってくださいました。今、合格した自分がいるのは九進の先生が、勉強面でも精神面でもサポートをしてくださったからだと思います。それから、九進には日々の宿題というものがあります。毎日5教科バランスよく勉強ができ、基礎が固められ、私の受験勉強に1番役に立ちました。
 中3の皆さんは特に受験を不安に思っていると思います。しかし、九進の先生方を信じ、自分を信じれば大丈夫です。応援しています。九進の先生方、私を合格への道へ導いてくださりありがとうございました。

少しずつ。

第二高校|普通科合格
  甲斐 綾花さん(西原中学校)

 私は中学3年生の時から九進に通い始めました。私の周りの友達は中学1年生からずっと九進に通っていて、私より成績が良かったのでその差を確実に縮めていくことを目標に勉強をしました。日々の宿題や夏合宿、確認テストなどで力をつけ、家では長時間の勉強時間を自分でつくっていきました。また、自分の得意な分野、苦手な分野をちゃんと知り、九進の先生にたびたびアドバイスをいただきました。すると、すぐには実感できませんでしたが、受験本番で自分が大きく成長したことが分かりました。
 受験生になる前まで私は、努力しても結果が必ず出るとは限らないだろうと思っていました。しかし、そんなことはないようです。受験生の皆さん、毎日少しずつ、自分を信じて頑張って下さい。

九大進学ゼミに入塾したことで

第二高校|普通科合格
  菅 凌眞さん(二岡中学校)

 私は、12 月頃に九大進学ゼミに入塾しました。その前までは部活に熱中していて、家での勉強をあまりしていませんでした。だから最初は大変な思いをしました。知らない単語や公式、情報が、たくさんありましたが、九大進学ゼミに入塾したことで、知らないことを知り、難しい問題も少しずつ解けるようになりました。入試の日に近づくにつれて、たくさんの過去の問題や他県の問題を解き、とても大変でした。
 迎えた入試の日、朝からとても緊張し、何度も参考書を見ました。高校の体育館で説明があるため、体育館に向かっていると大庭先生と岩下先生が外で手を振って励ましてくれていました。それを見た瞬間、緊張がほぐれました。入試は2日間に分けてあるため、1日目がだめだったとしても自分の気の持ちようで結果は変わると思います。

九進最高!

第二高校|普通科合格
  渡邊 圭祐さん(東野中学校)

 僕は2年生から季節講座に通い、3年生から本格的に九進に入塾しました。九進の授業はとても分かりやすくて、おかげで勉強が楽しくなりました。勉強がきらいで、家でもいつも勉強をしていなかった僕を変えたのは、日々の宿題でした。1日5教科を毎日することで勉強する習慣が身につき、基礎がしっかりと定着しました。夏には勉強合宿があり、レベルの高い授業を2泊3日でみっちり受けることができました。
 九進の先生方はとても丁寧に教えて下さいます。分からないことがあればすぐに質問へ行くようにしました。そうやって分からないことが分かれば自分の自信にも繋がります。このように、僕は九進に通ったおかげで習慣と学力を身につけることができました。僕は九進のおかげで志望校に合格することができました。

九進での受験勉強

第二高校|普通科合格
  森田 悠仁さん(東野中学校)

 僕は小学6年生の時に九進に通い始めました。中学3年生になるまでは、受験はまだ先のことでどうにかなると思っていました。しかし、受験はそんなに甘いものではなく、勉強量もかなりのものでした。けれど、4年間毎日続けてきた日々の宿題、トップ校選抜コースなどを続けることで自信がつき、1年間頑張ることができました。
 この高校受験のために勉強している期間は人生で一番充実している時間でした。それは九進の先生方や家族の支えのおかげだと思います。そして、勉強が楽しいと思えるようになり、志望校に合格することができました。高校でも、勉強も部活も諦めずに両立していこうと思います。ありがとうございました。

九大進学ゼミのおかげで

第二高校|普通科合格
  瀬井 康輔さん(東野中学校)

 僕は、中3の夏休みに九大進学ゼミに通い始めました。中3になってからは、第二高校に入るという目標はあったものの、中体連までは部活に専念しており、ほとんど勉強していませんでした。そのためあまり成績を伸ばせずにいました。しかし、九大進学ゼミに入り、先生方の熱く分かりやすい授業のおかげで徐々に成績が上がっていきました。また入試問題を解いたり、合格特訓ゼミに参加したりしたことで経験も積むことができました。
 いろいろなことをしましたが、僕が一番良かったと思うものは日々の宿題です。日々の宿題のおかげで基礎を固めることができました。このような経験ができたことで第二高校に合格することができました。本当に九大進学ゼミに通うことができてよかったです。

つらくても諦めないで!

第一高校|普通科合格
  尾田 楓華さん(武蔵中学校)

 私は小6から九進に通い始めました。入塾する前までは学校の授業にいつもついていけず不安でいっぱいでした。しかし、中学校では学力に少し自信がつき積極的に挙手をするようになりました。時には、成績が伸びず何度も志望校を変えようと思うことがありました。しかし九進で、授業や何度もある確認テストを真剣に受け続けました。中3の夏休みからは、とにかく苦手単元を徹底的にわかるまで勉強しました。すると、すらすら問題が解けるようになりました。九進でおこなったたくさんの過去問演習は特に自信がつきました。
 受験のギリギリまで志望校の変更を考えていた私に、背中を押してくれたのは九進の先生でした。今では、第一志望校を変えなくて良かったと思っています。自分の力を信じて諦めないことを大切にし頑張ってください。

九進のおかげで志望校に合格

第一高校|普通科合格
  岩村 俊祐さん(松橋中学校)

 私は九大進学ゼミのおかけで第一志望である第一高校に合格することができました。私は、九進に入ったときの最初の模擬テストは第二志望ですらC判定でした。そのときの私には第一高校を受けるなんて夢のまた夢でした。しかし日々の宿題など、やるべきことをさぼらずにするだけで学力がついていき、第一高校B判定にまでなりました。そして入試本番では今までしてきたことを発揮することができ、無事合格することができました。私はこれを九進のおかげだと思っています。
 今後高校受験をするみなさん。先生たちの言葉を信じて勉強すれば必ず結果がついてきます。そしてときにはくじけそうなときがあるかもしれません。そのときは自分ならできると思って下さい。そして入試まで頑張って下さい。応援しています。

自分に自信を持つ

第一高校|普通科合格
  平川 慶さん(平川 慶中学校)

 私は小6の頃とても成績が悪かったので九進に無理矢理入れられました。親に九進に通うと告げられたときは、本当に「嫌だな」と思っていましたが、いざ九進に行くと、授業が楽しく、先生の対応がとても良かったので九進に通えて良かったなと思いました。中3になってから平日は夜遅くまで九進に、夏は合宿に行ったり、休日は7時間授業があったりと、大変な日々でした。しかしそれを乗り越えたおかげで、学力が身につき、自信を得ることができました。
 本番では自分に自信があったので伸び伸びとテストを解くことができ、自分の力を精一杯出すことができました。受験生の皆さん、先生たちの解説や授業をしっかり聞いて学力と自信を身につけ、周りへの感謝を忘れずに頑張って下さい。

九進のおかげ

第一高校|普通科合格
  木村 心咲さん(松橋中学校)

 私は最初、第一高校の判定がCでした。両親から違う高校を勧められました。それでもこの高校を絶対受けるとの一点張りで1年間、日々の学習を頑張りました。九進の先生方に質問をしたり、友達と模試の結果で勝負したり、弱点克服を全力でしました。最後の模試ではB判定になり、合格する事もできました。
 皆さんも毎日コツコツ全力で頑張って下さい。次の日に1つ成長できた事を実感して自分をほめて下さい。先生方はプロなので全部まかせれば大丈夫です。友達や先生方、九進の仲間、九進に行かせてくれる両親に感謝して過ごして下さい。私達を支えてくれる人はたくさんいます。その感謝を忘れず日々の学習に取り組んで下さい。皆さん、頑張って下さい!!