受験体験記2020

宮崎南・宮崎北高校

Home > 受験体験記 > 宮崎地区 |宮崎南・宮崎北高校

九進は分かりやすい

宮崎南高校|普通科合格
  堀田 祐平さん(大塚中学校)

  自分は、中3の夏休みの入塾と少し遅めの入塾でした。その頃は、フロンティア科をねらえる程の学力はありませんでした。しかし、少し遅くに入った自分も分かりやすく感じる授業のおかげで、成績がどんどん上がっていきました。夏休みまで、部活にばかり気を取られていて、しっかりと分かっていなかった部分も日々の宿題を使って毎日勉強する中で分かるようになっていきました。
 また、英語や数学は入塾当時は大の苦手教科でしたが、先生方の手厚いご指導のおかげで点数の取れる教科に変わっていきました。結果的に地区実力や校内実力の最初のテストから100点以上点数が上がりフロンティア科合格を果たすことができました。ここまで成績を伸ばして下さった先生方に感謝しています。

入試への時間配分を

宮崎南高校|普通科合格
  森 美月さん(本郷中学校)

 県立高校の入試問題は時間との勝負で、焦らずにすばやく問題を解くことを意識しました。特に、英語では長文解読、数学では平面図形、立体図形が時間がかかるので、他の問題にかける時間を減らし、減らした時間を難しい問題にあてるようにしました。また、記述の問題では空欄をなくすということも気をつけました。「間違うことを恐れず書く」という九進の先生の教えのおかげで空欄を埋める習慣がついたので、過去問でどんどん点数が上がり、自信がつきました。
 九進の先生方は、みんなが1点でも多くの点がとれるようにしっかり、丁寧に教えてくださいました。先生たちを信じてテキストを何回も解き直したので、似たような問題も、改めて確認した問題もでき、全力を尽くすことができました。

日々努力すること

宮崎南高校|普通科合格
  松田 佳子さん(本郷中学校)

 私は、夏期講座から九大進学ゼミに通い始めました。その時は、宮崎南高校の普通科に通るかもあやうい状態でした。しかし、九大進学ゼミのオリジナルテキストである日々の宿題や、先生から出された宿題をすることや、完全整理できちんと復習することで、統一模試の判定を大宮高校の普通科のAAランクまで上げることができました。
 しかし私は、ただ宿題をしたというだけではダメだと思います。先生が言われる通り、まず解いて、わからないところは調べたり、質問したりして確実に理解することを私は徹底していました。それが本当に大事だと、今振り返って本当に思います。私は元々勉強が好きではなかったのですが、約半年でここまで成長させてくれた九大進学ゼミに感謝しています。

受験を終えて

宮崎北高校|普通科合格
 膳 航太さん(住吉中学校)

 僕が受験を終えて、大切だと思ったことは2つあります。1つ目は、こつこつと勉強をすることです。僕は九進に入る前はあまり勉強を自主的に行うことがありませんでした。そのため、成績もかなり不安定で点数も順位も上がり下がりを繰り返していました。しかし九進に入ってから自主的に勉強をする習慣がつき、毎日勉強をしたことで、高い成績を維持することができるようになりました。
 2つ目は、自信を持って取り組むことです。受験は、かなり緊張するので、普段から自信を持って取り組むことで、受験本番での最大の力が出せるようになります。自信を得るためにはたくさん問題を解いて、苦手をなくすことが一番有効だと思うので、参考にしてみて下さい。

みんなに感謝! ありがとう!

宮崎北高校|普通科合格
  宮崎 麿衣さん(久峰中学校)

 九進に通って良かったことがあります。私は、普段なかなか自宅で学習する習慣がありませんでしたが、九進では集中できて、短時間で必要な知識や解き方などたくさん学ぶことができました。九進の授業で、学校の授業の予習や復習を行うことができるので、学校の授業での理解度も上がりました。定期テストの前には質問の時間をとってもらい、わからない所を解決することができました。自習室も設置していて、環境も良かったです。成績は向上し、無事第一志望の宮崎北高校に合格することができました。
 勉強が嫌になり、投げ出したくなることもありましたが、頑張り続けたことできちんと結果が出ました。受験生は、とても大変ですが、合格の瞬間はすごくうれしく感動します! 支えてくれた先生に感謝です。ありがとうございました。