受験体験記
都城西高校
Home > 受験体験記 > 宮崎地区【都城西高校】
九進で学んだこと

フロンティア科 合格 男子

 私が九進で学んだことは、自分1人で問題を抱えるのではなく、周りの人たちと難しい問題にチャレンジすることです。先生方はいつも私たちの質問に優しくこたえてくださいます。
 後輩のみなさんは過去の問題を何度も解いて、日々の勉強の量を増やす努力をしてください。
 中3になると受験という大きなプレッシャーにぶつかり、つらくなると思いますが、深呼吸をし、落ち着きながら目標に向かってがんばってください。問題を最後までよく読み、最後まであきらめないでください。そうすればきっと合格はみえてくるはずです。
 目標に向かってがんばれたことを、九大進学ゼミの先生方には本当に感謝しています。
 ありがとうございました。


入試までに頑張ったこと

普通科 合格 男子

 僕は、中学1年生の夏休みから九大進学ゼミに入塾しました。学校のテストで思うような点数が取れなかったので親と相談して入ることを決めました。宿に入ってからは、予習と復習の大切さを学び、予習と復習をすることができ、成績を上げることができました。
 中学3年生になると、部活動も終わり、平日と休日の勉強時間を増やしました。しかし、ただ勉強を長時間するだけではなく、分からない問題や過去問を中心に頑張りました。すると分からない問題を解けるようになり、難しい問題も自分の力でとくことができました。暗記問題も毎回の塾の確認テストでおぼえることができました。
 僕は、九大進学ゼミに入って、受験に向けて頑張ることができたのでよかったと思います。