受験体験記2020

長崎西高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 長崎西高校

私の受験体験記

長崎西高校|普通科合格
  福田 あずみさん(橘中学校)

  私は、中学2年生の秋に九大進学ゼミに入りました。入塾するまで、自分に合った勉強スタイルが見つからず、学校の定期テストでも納得のいく点数がとれていませんでした。しかし、九大進学ゼミに通い始めて、日々の宿題などの課題に取り組むことで毎日机に向かうことが当たり前となりました。苦手だった理科・社会においても、過去問などを繰り返し解き、自分でも成績が伸びているのを感じることができました。また、九大進学ゼミの授業では志望校別にクラス分けがされているので、周りの友達の存在が刺激となり集中して授業を受けることができました。
九大進学ゼミでの1年半で、学習面だけではなく、メンタル面でも鍛えられたと思います。この経験を活かして、高校でも頑張っていきます。

自分を変えられるのは自分だけ!

長崎西高校|普通科合格
  荒木 美伊奈さん(長崎大学教育学部附属中学校)

 私は、人より受験勉強を始めるのが早くありませんでした。もっと早く受験勉強に取り組んでいたら、苦手科目をさらに減らすことが出来たのではないかと思います。これから受験勉強が本格的に始まるみなさんは、「まだ時間がある」と、思う時がたくさんあると思います。でも、その「時間」は一瞬です。学校の授業、九進の授業、日々の宿題など、一つ一つの勉強に対して、「学びたい」という気持ちを持つだけでその時間から得られるものが大きくなります。
 しかし、毎日頑張り続けることは、とても難しいと思うかもしれません。そのときには、一度ゆっくりと休み、明日から頑張る勇気も、時には必要です。妥協ではなく、本当に行きたいと思う高校に入るため、たくさんの壁を越えた時、きっと大きく成長できると思います。

受験までの道のり

長崎西高校|普通科合格
  伊藤 謙さん(西浦上中学校)

 僕は、中学3年生の夏に九大進学ゼミに入塾しました。その頃は、勉強にあまり力が入らずに、テストの点数も悪く、どこの高校に行けるのかわかりませんでした。しかし、学校や九進の先生方の熱い指導があったおかげで、徐々に受験を意識するようになり、勉強する内容をじっくり時間をかけて考えることで、点数も次第に良くなっていきました。初めは、北陽台高校を志望していましたが、受験3ヶ月前に長崎西高校に受験をする高校を変えました。模試の結果が届かずに、何度も諦めようと思いました。
 そんな時に支えてくださったのは九進の先生でした。受験は一人で戦うものではないことに気付かされました。それからは、受験勉強に力が入りました。受験が終わったからといって、緩めるのではなく、高校でも勉強に力を入れたいです。

一に挑戦二に挑戦、三・四がなくて五に挑戦

長崎西高校|普通科合格
  髙橋 幸村さん(高田中学校)

 私は勉強において、10分休憩勉強法というものを実践してきました。これは、勉強の時間を1時間や3時間などと固定するのではなく、休憩時間を10分に固定するというものです。この勉強法の良い点は、最悪1分やってからでも休めるので、勉強にとりかかりやすいことです。また、いつでも休めるので、「また頑張ろう」と思えるようになります。この勉強法を実践し、私の勉強のモチベーションは格段に上がりました。また、学習内容では、「分からなくても解説を見て、しっかり理解すればよい」ということを念頭におき、ひたすらいろんな問題に挑戦しました。この「挑戦する力」は、九進で培った力です。
 受験生のみなさんには、くじけそうになったときに「受かるにしろ受からないにしろ勉強だからとことんやり抜くべきだ」と考えることをおすすめします。

私を支えてくれたもの

長崎西高校|普通科合格
  小村 希実さん(滑石中学校)

 私は夏期講習から入塾しましたが、まず驚いたのは、日々の宿題です。最初は分厚かったので毎日続けられるか心配でした。しかし初めは大変でしたが、毎日解くうちに次第に苦にならなくなりました。受験前日に棚に並んだ日々の宿題を見ると、こんなに解いてきたのかと感慨深くなり、自信にも繋がりました。過去問も最初はあまり解けませんでしたが解説を聞いたり、繰り返し解いたりすることにより、だんだん解けるようになりました。
 また、志望校を迷っている時に先生が相談に乗ってくださって有り難かったです。最後は新型コロナで会える日は少なかったですが友達と沢山話して過ごしたり、家族がサポートしてくれたりしたことで合格できたと思います。

誰でも努力すれば報われる。

長崎西高校|普通科合格
  松本 周さん(滑石中学校)

 私は部活を引退するまでは全く自主学習というものをやってこなかったので、中学3年生の1学期までのテストでは成績が安定せず、覚えている内容も穴だらけで点数が伸び悩んでいました。またとても面倒くさがり屋ということもあり、学習意欲も高くなく、学校の授業中ではボーっとしていることが多かったです。しかし、周りが高校受験に向けスイッチを切り替え始めたことに影響を受け、心機一転先輩から勧められた九進で先生方と一緒に勉強に打ち込むようになりました。
 その結果夏休み明けのテストでは学年4位まで成績を上げることができました。その後も分からない所は先生方に教えてもらいながら努力を続け、無事第一志望の長崎西高校に合格することができました。支えてくれた両親や先生方にはとても感謝しています。