受験体験記2020

長崎東高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 長崎東高校

私の受験体験記

長崎東高校|普通・国際科合格
  尾上 結佳さん(橘中学校)

  私は、中学2年生から九大進学ゼミに通い始めました。2年生のころは、受験のことをあまり意識していませんでした。テストで良い点数をとるために、勉強をしていたのを覚えています。3年生になり、学校でも九進でも、受験を強く意識するようになりました。受験勉強では、忘れているところや苦手なところを克服するために、一生懸命頑張りました。
 そして、私は周りの支えのおかげで合格することができました。中でも、九進に最後まで通っていたことが、合格の大きな後押しになったと思います。私は、元々さぼり癖があり、受験に向かっての勉強を本気で始めるまでに時間がかかりましたが、勉強する時間や場所、自分の力を見つめる機会をたくさんもらい、何とかやり遂げることができました。みなさんも九進で頑張ってください。

限られた時間を大切に

長崎東高校|普通・国際科合格
  中里 梨央さん(橘中学校)

 私は中学3 年生の夏から九大進学ゼミに通いました。周りの受験生よりも塾に入る時期が遅かったので、より効率の良い勉強をするために、時間を決めてその日のノルマを終わらせるようにしました。時間を決めると、ダラダラと問題を解くことが無くなり、より集中して取り組むことが出来ました。
 また、日々の宿題で分からない問題があった時は、九進の先生に質問をするようにしました。自分がしっかり納得のいくまで、丁寧に解説をしていただいたので、学び残しもなく、効率良く進めることが出来たと思います。自分の苦手科目に対し、詳しい解説やプリントを通してサポートをして下さった九進の先生方には、とても感謝しています。受験生のみなさんも、志望校合格という目標を見失うことなく、最後まで頑張ってください。

やる気と自信を持つことの大切さ

長崎東高校|普通・国際科合格
  野畑 壮司さん(東長崎中学校)

 僕は中学1年生のときから九大進学ゼミに通い始めました。入塾したことによってテストや模試で良い点数をとれるようになり、中学2年生までは順調にいきました。しかし、中学3年生になったとき、なぜか模試に対するやる気がなくなり、良い結果を出すことができなくなりました。僕はなかなか危機感を持つことができず、1月の最後の模試まで本気になることができませんでした。その最後の模試で「さすがにやばい」と思い、九進に自習をしに毎日行き、かつてないくらいに集中して勉強に取り組みました。
 3月になり受験間近となったときに新型コロナウイルスの影響で学校が休みとなり、1人で勉強する時間が増えましたが、九進で集中して勉強する習慣がついたおかげで、1日8時間は勉強しました。受験では今までしてきたことを信じ、良い点数をとってやるという強い気持ちで臨み、長崎東高校に合格することができました。

受験を通して感じたこと

長崎東高校|普通・国際科合格
  野田 良介さん(東長崎中学校)

 僕は、中学2年生から長崎東高校を志望していましたが、大事な3年生の夏休みも部活や学校行事で忙しく、8月の模試ではD判定をとってしまい、これでは受からないと思い、志望校を変えようと思いました。でも九進の先生から、「まだ諦めるのは早い」「勝負はこれからだよ」など、励ましの言葉をたくさんもらいました。僕はそこから勉強への意識をガラッと変えました。日々の宿題の不備をなくしたり、授業日以外に自習に行ったりして、勉強に本気で取り組みました。そして、長崎東高校に合格することができました。
 ここまで頑張れたのは、九進や学校の先生方の励ましや、一緒に通った友達との切磋琢磨があったからだと思っています。僕は、今自分の周りの人たちにとても感謝しています。そして、九大進学ゼミで勉強ができて、本当に良かったです。

九進だからこそできたこと

長崎東高校|普通・国際科合格
  宮本 やよいさん(東長崎中学校)

 私は小学6 年生の時に九大進学ゼミに入塾しました。九進ではいつも予習を分かりやすく行ってくださったので、勉強が遅れず、テストでも良い点をとることができました。また、私は中総体が終わった後も、自分がどこが苦手なのかをはっきり把握していなかったので、どこをどう勉強すればいいのかが見えていませんでした。しかし、模試や、九進の先生が作ってくださるプリントを解くと、次々に自分の弱点に気付くことができました。
 九進の先生は、いつも私が質問をすると丁寧に教えてくださったり、個人のためにプリントを作ってくださったりと、とても感謝しています。また九進には一緒に頑張る仲間がいたので心強かったです。私が受験を乗り越えられたのは九進のおかげだと思っています。

努力することの大切さ

長崎東高校|普通・国際科合格
  松尾 泰志さん(東長崎中学校)

 僕は、中学1年生の時に九進に入りました。3年生の最初の模試の偏差値は50前半ぐらいで、傾斜のかかる英語の偏差値は50を超えていませんでした。このままでは長崎東高校に合格できないと思い、自習や合宿に行ったり授業で出された課題やテキストを毎日コツコツ丁寧に解いたりすることで、分かる問題が増え、模試の結果も良くなっていきました。
 そして、九進の先生方の分かりやすい指導のおかげで、秋の模試で苦手だった英語の偏差値を68まで上げることができ、最後の模試では自分の中での最高の結果を出し、無事合格することができました。受験生のみなさん、自分を信じて努力をすれば必ず報われます。なので、自分を信じて受験勉強を頑張ってください。