受験体験記2020

長崎北陽台高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 長崎北陽台高校

自分を支えてくれた周りの人の存在

長崎北陽台高校|理数科合格
  川野 光咲さん(山里中学校)

  中学3年生になったばかりの頃は、はっきりとした志望校も決まっておらず、ただレベルの高い高校に行きたいとしか思っていませんでした。高校説明会などを通して、志望校を決めた後も、受験生という実感が全く無く、本気になれずにいました。そんな私にとって、九進の先生方、勉強を頑張る九進の仲間たちの存在は、とても大切なものだったと思います。先生方の、おもしろく、分かりやすい授業はもちろんのこと、自分の努力を認めて、褒めてくださったり、「大丈夫」や「頑張れ」など、たくさん励ましてくださったりしたことが、何よりも心の支えになっていました。
 受験前は、不安になります。その時、日々の宿題が絶対に自分の自信になっていきます。大変ですが、自分を甘やかさず、最後まで戦ってください。応援しています!!

合格への道

長崎北陽台高校|普通科合格
  満浦 美玖さん(橘中学校)

 私が受験で合格できたのは、九進のおかげです。私は小学6 年生から九進に通っていましたが、本気で受験を考え始めたのは中学3 年生の夏頃でした。人並みに勉強していると思っていましたが、人より苦手が多いことに気づいたのは合宿のクラス分け発表のときです。志望校が同じ人は私の1つ上のクラスにたくさんいました。そこで私はその人達に追いつくため、朝は5時から夜は12時まで毎日勉強しました。
 私が辛くなった時も九進の先生はいつも優しく、私のモチベーションを上げてくださり、また頑張ろうと思うことができました。また、九進の合宿では大勢の人からも多くの刺激を受けました。そこでの授業はとても難しかったですが、皆で立ち向かったことで乗り越えられたおかげで、合格することが出来ました。先生方、ありがとうございました。

大変でも楽しかった中学3年生

長崎北陽台高校|理数科合格
  中川 裕之助さん(鳴北中学校)

 私は、中学生になってから勉強、部活、生徒会活動のそれぞれで良い成績を残せるよう一生懸命頑張ってきました。中学3 年生になり、いよいよ受験生だと思い、日々の学習をきちんと行おうと意識して頑張りましたが、なかなか思うようにいかず、伸び悩むこともありました。そんな時に、私は九大進学ゼミに通い始めました。
 先生方の分かりやすい授業や学習のアドバイスによって、やる気もみなぎり、初めに受けた模試と比べて、偏差値を上げ、更に向上心が高まりました。日々の宿題は、初めのうちは「基礎は分かっているのに」と思いながらしていましたが、今ではこのコツコツと頑張ったことが大きかったのだと思います。受験生のみなさん、悩むこともあると思いますが、学習計画をきちんと練り、一日一日を大切にして、頑張ってください!!

夢への一歩

長崎北陽台高校|普通科合格
  毛利 慧介さん(鳴北中学校)

 私は、中学3 年生の夏から本格的に受験勉強を始めました。しかし、第一志望校の模試の判定でB判定やC 判定を繰り返していたこともあり、今までの人生の中で、経験したことがない程、つらい半年を過ごしました。それでも、諦めることなく、学校や九進、家庭学習で勉強に対して今までで一番の努力を行いました。特に、年明けてからの約2ヶ月間はかなり追い込みました。でもそれは、これから先の人生のため、これからの自分のためと、言い聞かせ、頑張りました。
 そして、当日。やはり、人生で最も緊張しました。心臓はバクバクで、破れそうでした。しかし、今までの頑張りが、そんな自分を支えてくれました。数学でも難しい問題がありましたが、今までの頑張りが諦めさせませんでした。皆さんも、この受験という壁を乗り越えて、夢への良い一歩を踏み出してください。

毎日の積み重ね

長崎北陽台高校|普通科合格
  原口 亜子さん(鳴北中学校)

 私は、中学3年生の夏に九大進学ゼミに入りました。短い期間でしたが、先生方や教室の仲間のおかげで合格することができました。合格の一番の秘訣は、日々の宿題にあったと思います。私は、吹奏楽部に所属していました。他の運動部は早い時期に引退している中で、私は部活と九大進学ゼミを両立していました。部活でなかなか勉強時間が取れない、そんなときに日々の宿題です。日々の宿題で毎日コツコツと取り組むことで、中学1・2 年生の復習をすることができ、2学期最初の実力テストでいい点数を取ることができました。
 入試本番の日。今まで毎日コツコツやってきたことを信じシャープペンを握りました。改めて、合格することができ、本当にうれしく思います。今まで、一緒にがんばった仲間、送り迎えをしてくれた家族、たくさん相談や話を聞いてくださった先生方には、感謝しかありません。

受験に向けての自分の道

長崎北陽台高校|理数科合格
  井口 祥熙さん(鳴北中学校)

 高校受験、それは、私にとってとても大変なものでした。中総体が終わり、本格的に勉強を始めました。時間が刻々と過ぎる中、焦りと緊張を感じるようになりました。不安もありました。しかし、九進で合宿を乗り越え、先生方が熱心に教えてくださり、相談に乗ってくださったので私も志望校合格に向けて一生懸命取り組むことができました。
 その結果、北陽台高校の理数科に合格する事ができました。私は中総体までは部活に打ち込んでいましたが、合格できました。部活に打ち込むのはいいですが、勉強から目をそらすことがあってはいけません。中総体が終わってから、いかに勉強に打ち込めるかです。そしてゲームなど、自分の好きなことをしたいときもありますが、誘惑に勝つことです。皆さんも、これから頑張ってください。

高校受験を終えて

長崎北陽台高校|理数科合格
  蒔添 友紀さん(時津中学校)

 私は、北陽台高校に合格することができました。私が合格することができたのは学校の先生や友達、家族の支え、九進の先生方の指導があったからだと思います。私が九大進学ゼミに入ったのは中学生になる春でした。私は勉強があまり好きではありませんでしたが、先生方の面白い授業を受けて少しずつ勉強の楽しさを感じることができました。そして、日々の宿題があったことで基礎の力をつけることができたと思います。また、合宿で長時間勉強をするという経験ができたことも大きかったです。
 そして、沢山の過去問を解くことで入試に慣れる練習ができ、本番はリラックスして臨むことができました。これから受験する皆さんも、先生方や家族や仲間、そして自分自身を信じて頑張ってください。

自分との戦い

長崎北陽台高校|普通科合格
  中山 亜美さん(長与中学校)

 私は北陽台高校に合格することができました。勉強を始めた頃は、どのように勉強を行えば効率よくできるのかが分かりませんでした。だから私はまず、九進の宿題やテキストの問題を丁寧に解き、間違えた問題を含む単元を復習するようにしました。そうすることで、自分の分からない部分が見えてきて、課題点だけを勉強することができ、少しずつ自分に合った方法を見つけることができました。
 受験勉強を行っていく中で、部活をしたい、友達と遊びたい、などの様々な誘惑もありましたが、九進に来ると、一緒に勉強を頑張ってくれる仲間がたくさんいたので、最後までしっかりと頑張ることができました。受験が迫ってくるにつれて、受験が怖くなりました。だから自分に自信を持てるぐらい、最初から全力で勉強に励むと良いと思います。

自分の弱点を見つけるために

長崎北陽台高校|普通科合格
  田川 莉子さん(長与中学校)

 私は見事、北陽台高校に合格することができました。中学校に入学し、部活動が忙しくなるにつれて徐々に成績の低下がテスト結果などから目に見えるようになりました。テストで良い結果を残すために、自分なりに重要語句をまとめるなど努力をしているつもりでした。しかし小学生の時のようにうまくいかず、点数は上がりませんでした。そこで中学3年生の春休みから九大進学ゼミに通い始めました。すると、自分の勉強法がいかに的を射ていなかったかを思い知らされました。自分の学習環境はまだ整っておらず、問題演習を繰り返すこともできていなかったのです。
 九大進学ゼミに通ってから、学習に対する考え方が変わり、勉強が好きになっていきました。九大進学ゼミには、一緒に戦う先生、仲間がいます。自分の将来を決める高校受験を九進で乗り越えてください。

周りの人たちとの勝負をしていく!

長崎北陽台高校|普通科合格
  齋藤 碧凜さん(長与中学校)

 僕は小学生の頃から九進に通っていました。友達と勝負することが好きなので、自分のライバルを見つけて、テストや作文でいつも勝負をしていました。そして、中学3年生の夏休み、勉強合宿に行くことができました。僕は、Sコースに入りましたが、とても軽い気持ちで合宿に行きました。
 しかし、一日目から、自分が周りの人に置いていかれているのが分かりました。合宿のテストでは、Sコースの中で最下位でした。それまでもたくさん友達と勝負をしてきましたが、最下位になったのは初めての経験でした。悔しい気持ちというよりも、自分の実力はまだまだだと知りとても不安になりました。それからは、自分に少しずつ厳しくなり、友達との勝負にも熱が入るようになりました。周りの人と競って自分の力を高めることが大切だと学びました。

受験勉強を頑張ってきて良かったこと

長崎北陽台高校|普通科合格
  上原 結衣さん(岩屋中学校)

 私は、北陽台高校に合格することができました。中学3年生になって初めの頃は受験生という実感があまりなく、何をすれば良いか分かりませんでした。夏になって、合宿に参加し、他校の人たちも頑張っていることを知り、私も頑張らないといけない、と思い知らされました。
 合宿の後は、他の人に負けないようにしようとたくさん勉強しました。数学が苦手で、諦めかけたこともありましたが、少しずつ応用にも取り組み、過去問を解いていくうちに実力が上がっていく気がしました。学校でも友達と教え合いながら勉強をして、全てをやりきって受験を迎え、合格することができました。今までお世話になったたくさんの人への感謝と、諦めずに頑張ることの大切さを、受験を通して知ることができました。

合格の理由

長崎北陽台高校|理数科合格
  横田 允希さん(喜々津中学校)

 私は、中学1 年生の冬休みから九大進学ゼミに通い始めました。入塾する前は、家での勉強を全くやっていなかったので、テストの成績はあまり良くありませんでした。入塾すると日々の課題があり、毎日の学習によって勉強の習慣が確立されていきました。入塾後の学年末テストは九大進学ゼミの指導のおかげで順位が1桁になり、自信がつきました。最初は、大変だと思っていた課題もいつの間にか、寝る、起きる、ご飯を食べる、課題をするという感じで生活の一部となりました。それに伴って成績もさらに良くなりました。
 先生方には、質問に答えてもらったり、プリントを用意してもらったりして、いろいろな面でサポートしてもらいました。九大進学ゼミの先生方、本当にありがとうございました。