受験体験記2020

諫早高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 諫早高校

受験を終えて

諫早高校|普通科合格
  町田 優菜さん(明峰中学校)

  私は中学2年生の冬期講座から九大進学ゼミに通い始めました。それ以前は部活や自分のやりたいことばかりして、家庭学習の時間がほとんどありませんでした。しかし、九大進学ゼミに入塾することで、週に数回の塾での勉強と、毎日家でする勉強の時間を作ることができました。中学3年生になってからは、自分が決めた生活リズムに沿って生活することを特に気をつけました。
 すると、毎日同じ時間コツコツと勉強できるようになったので、圧倒的に勉強量が増えました。分からない所は九大進学ゼミの先生方に質問することで解決し、確実に力をつけていくことができました。私たちに熱心に指導してくださった先生方、全力でサポートしてくれた家族にはとても感謝しています。自分一人では合格できなかったと思います。ありがとうございました。

九大進学ゼミと僕

諫早高校|普通科合格
  平山 喬一さん(明峰中学校)

 僕は小学5年生から九大進学ゼミに通い始めました。僕は計算が苦手だったので、塾の宿題が大変と感じることがありましたが、やり遂げることで、計算力を養うことができました。中学生になり、学校の授業で理解できないことが増えました。九大進学ゼミの先生に質問すると、僕が理解するまで何度も丁寧に教えてくださり、難しい問題にチャレンジすることができるようになりました。
中学3年生になり、夏休みの勉強合宿や正月特訓では集中力を養うことができました。また、普段の自分では取り組まないような、難度が高い問題に挑戦するなどいろいろな経験が出来て、とても有意義な時間を過ごせました。第一志望の高校に合格できたのは、九大進学ゼミの先生や支えてくれた両親のおかげだと思います。本当にありがとうございました。

3年間の道のり

諫早高校|普通科合格
  古賀 悠花さん(小野中学校)

 私は、中学1年生の初めから九進に通い始めて、毎日、課題に取り組んできました。1・2 年生の頃は、その必要性を感じず、ただ解いてやり直しをしていました。しかし、3年生になって実力テストの範囲が広くなり、九進で出される課題があって良かったと思いました。授業で学んだことを課題等で復習することで定着することができ、まわりの生徒と差をつけることができて、自信が持てるようになりました。そして、ずっと苦手だった社会を私の得意科目に変えることができました。また、数学の計算問題では、時間を計り、速く正確に解くことを意識しながら多くの問題に取り組むことができました。
私が諫早高校に合格できたのは、私の夢を応援して支えてくれた先生方、九進に通わせてくれた家族あってこそだと思います。本当にありがとうございました。

九大進学ゼミでしかつかめなかった合格

諫早高校|普通科合格
  山本 弥侑さん(小野中学校)

 私は中学生になってから本格的に九大進学ゼミに通い始めました。中学校生活が始まり疲れて勉強をしたくないという時に、勉強するきっかけを作って下さったのが九大進学ゼミでした。日々の宿題、SPT、テキストの宿題などの課題が多く嫌になることも少なくありませんでした。
しかし、他の塾に通っている友人に比べ基礎から応用まで、解ける問題が増えていると感じていました。九大進学ゼミで出された宿題などを分かるようになるまで徹底してやり直すということを入塾当初からずっと続けてきたことで、つかんだ合格だと思っています。そして、他の中学校の多くの人たちと競い合って勉強する中で、きついのは自分だけではないと思うことが出来ました。九大進学ゼミで積み重ねた3年間をこれからの高校生活に活かしていきたいです。

仲間と共に頑張る

諫早高校|普通科合格
  田中 咲羽さん(長与中学校)

 私は中学3 年生の春期講座から九進に通い始めました。初めは長崎商業高校か諫早高校かで迷っていました。九進に通い始めたら、学校のテストが50点以上上がり、学年順位も30位以上上がりました。また、塾の模試でも、どんどん点数が上がり、高いレベルの学校に進学したいと思い諫早高校を目指しました。ですが、部活動との両立は難しく甘えが出てしまい、7月まで本気で受験勉強に取り組みませんでした。
 夏期講座では、今までで一番勉強しました。遊びに行くなどの自由時間が減り、ストレスを感じることもありましたが、同じ九進の仲間たちと励まし合いながら頑張ることができました。私はこの1年間の受験勉強を通して、支えてくれる人たちの大切さを感じました。みなさんも仲間や一番近くで支えてくれる家族に感謝して頑張ってください。

経験することの大切さ

諫早高校|普通科合格
  辻 勇夢さん(諫早中学校)

 僕が九大進学ゼミに入塾したきっかけは、両親の勧めでした。それまでは部活に熱心に励んでいたため、勉強のことは後回しになっていました。中学3年生の初めの模試では偏差値53。諫早高校の基準の61 には遠く及びませんでした。「まずいな…」初めて受験勉強の重要性に気づきました。そこから少しずつ勉強の量、質を高めていきました。日々の宿題をはじめ、多くの問題を解くことで、実際のテストにも活かされるようになってきました。苦手だった理科も、繰り返し問題を解いていくことで克服することが出来ました。
この受験で学んだことは、多くの問題を経験することの大切さです。その経験のおかげで自信を持って入試本番に臨むことができました。九大進学ゼミの先生方、本当にありがとうございました。

やる気は待つものではない

諫早高校|普通科合格
  松尾 龍晟さん(高来中学校)

 私は、中学1年生の頃から志は高かったのですが、やる気が不安定で日々の積み重ねが得意ではありませんでした。その原因は、自分がやる気になるまで待っていたことにありました。私たちは、1日24時間しか与えられていません。その中で、やる気が出るのを待つことは時間を無駄にしていることになります。
そこで、毎日の勉強を実のあるものにするためにサポートしてくれたのが九大進学ゼミでした。先取りした授業を受けると、学校での授業が復習となり、理解がより一層深まりました。「やる気」、これに左右されるのが受験勉強だと思います。そして、やる気を上手く利用すれば理想の勉強が出来るはずです。みなさんも志を高く持って志望校合格に向けて頑張って下さい。

合格に近道はない

諫早高校|普通科合格
  川口 理桜さん(諫早中学校)

 中学3年生になり、僕たちの本格的な受験勉強がスタートしました。3年生最初の模試は、2年生の模試と比べて格段に難しく、D判定からのスタートでした。そして迎えた勝負の夏。勉強時間も多くなり、特に勉強合宿では自分の限界を超えたような気さえしました。その甲斐あって、国語という自分の得意教科も見つけることができました。秋、冬と、どんどん受験が近づいていくにつれて不安と共になぜか安心感もありました。その時の安心感は今までの積み重ねという長い道のりからなるものであると僕は思っています。
だから、最後の最後まで自分を信じて、九大進学ゼミを信じて良かったです。合格するまでの道を作って下さった九大進学ゼミの先生方や両親には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

意識の移り変わり

諫早高校|普通科合格
  勝野 敬士さん(玖島中学校)

 中学1年生の頃の私は、諫早高校を受験しようとは全く考えていませんでした。なぜならば、私は勉強が好きではなく、やらされているという感覚だったからです。中学1年生の後期には、50位ぐらい順位が落ちても全く気にしていませんでした。でも、九大進学ゼミに入ってから少しずつ勉強の癖がつき、初めこそ酷かった模試は一年間でぐんと伸びました。その結果が少しずつ自信になり、より頑張ろうと思えるようになりました。
3年生では、勉強合宿に参加し、皆の入試への強い思いを感じました。それから、その人達と同じ学校に入ろうと決め、家族はもちろん、先生方や友達にも助けてもらい、合格できました。私はいろいろな面で迷惑をかけましたが九大進学ゼミのサポートが合格に最も大切なものだったと思います。

苦手を克服

諫早高校|普通科合格
  阪元 向日葵さん(大村中学校)

 私は、九大進学ゼミに中学2年生の秋から通い始めました。最初の頃は出される宿題が多いと感じ大変だと思っていました。しかし、今では九大進学ゼミの指導と日々の宿題のおかげで苦手な数学を克服することができたと思います。問題を解く時は、一つ一つの問題を丁寧に解いて、分からない場合は先生に質問したり、自分で調べながら解いたりしました。
さらに、解いた後のやり直しと解き直しを徹底しました。小学生の時から算数が苦手でしたが、今では他の教科と同じくらいの点数を取れるようになりました。ずっと不安だった数学の克服ができて本当に良かったです。これからも一つ一つの問題を丁寧に解いて、やり直し、解き直しを徹底していきます。