受験体験記2020

西陵高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 西陵高校

自分に自信をもつこと

西陵高校|普通科合格
  井上 春菜さん(明峰中学校)

  私は、中学1年生の冬期講座から九大進学ゼミに通い始めました。初めは、部活との両立が難しく、宿題に気持ちが入らなかったこともありました。しかし中学3 年生になると、受験を意識し、日々の宿題などの課題を毎日欠かさず取り組むようになりました。物事を継続することは私にとって苦手なことでしたが、課題をコツコツとすることによって苦手な部分を克服でき、自分に自信をもてるようになりました。模試の結果は、良い時と悪い時との差が大きく、つらいと感じる時もありましたが、周りの仲間が支えてくれたおかげで乗り越えることができました。
 私が合格できたのは九大進学ゼミの先生方、周りの仲間、両親の支えがあったからだと思います。九大進学ゼミに通うことができて、本当によかったです。ありがとうございました。

感謝の九大進学ゼミ

西陵高校|普通科合格
  溝越 美来さん(北諫早中学校)

 私は小学6年生のときに、九大進学ゼミに入りました。初めは勉強の仕方がわからず、成績が伸びるか不安でした。しかし、効率のよい課題と授業のおかげで、小学生のときから成績を伸ばすことができました。私は中学校で吹奏楽部に所属しました。そのため部活動が3年生の秋まであり、夏休みから本気を出して勉強していく同級生に差をつけられるのでないかという不安がありました。
 しかし、九大進学ゼミの先生が気がけて声をかけてくださったおかげで、最後まで思いっきり部活を楽しむことができました。部活動を引退してからは、授業が終わった後残って質問し、差を縮めようと頑張りました。九大進学ゼミの先生も質問を丁寧に教えてくださり、また両親のサポートもあり、合格することができました。先生や両親には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

受験勉強を通して

西陵高校|普通科合格
  原口 蓮太朗さん(高来中学校)

 僕は中学1年生の夏期講座から九進に通い始めました。入塾した理由は、1年生の1学期期末テストの結果が悪かったからです。九進に通い始めた成果は、すぐに出ました。2学期の期末テストで50点アップ、さらに3学期の学年末テストで50 点アップし、人生で初めて勉強は楽しいと思いました。入塾したころは、勉強のやり方が分かっていませんでしたが、九進の先生のおかげで勉強に対する意識も変わってきました。
 そして僕は、中学校入学時には、考えられなかった進学校に合格することができました。先生方は、僕たちのことを第一に考えてくれて、相談にも気軽にのってくださいました。良いところはほめてくださったので、とても自信がつきました。これからの日々、九進の先生方に感謝して高校生活を送っていきたいと思います。

自分が頑張れた理由

西陵高校|普通科合格
  原口 佳己さん(長与中学校)

 僕は中学3年生の夏休みまで、勉強以上に、部活に力を入れていました。そして、部活が終わってからもなかなか部活から勉強への切り替えができず、勉強に集中して取り組むことができませんでした。こんな僕を本気にさせてくれたのは、周りにいるみんなでした。よく、模試や小テストの結果を勝負して、みんなと切磋琢磨しながら頑張りました。だからこそ、しっかりと勉強に集中できたのだと思います。励ましあい、競い合って勉強したおかげで、自分の第一志望校だった高校に合格することができたと思います。
 これまで僕に、勉強だけではなく、いろいろなことを教えてくださった先生方、今まで一緒に頑張ってくれた周りのみんなに、本当に感謝しています。