受験体験記2020

大村高校

Home > 受験体験記 > 長崎地区 | 大村高校

受験を通して成長

大村高校|数理探求科合格
  稲谷 旭晃さん(諫早中学校)

  僕は中学3年生の夏期講座から九大進学ゼミに通い始めました。最初は日々の宿題が大変で、たくさん解き直しをしました。解けないことで落ち込んだときもありました。しかし九大進学ゼミの先生方の指導で、解けるようになっていくのが目に見えてわかるので、勉強がどんどん楽しくなっていきました。また、日々の宿題を毎日やっていくうちに、勉強をする習慣が身についていきました。受験が近くなっていくにつれて、日々の宿題の効果を実感することができました。
 僕は九大進学ゼミに入るのが遅かったですが、先生方の熱心な指導、そして親の支えのおかげで第一志望の高校に合格することができました。高校生活では中学校よりも大変な日々が続くと思いますが、これまでのことをバネに乗り越えていきます!

九大進学ゼミで学んだこと

大村高校|普通科合格
  坪森 省吾さん(玖島中学校)

 私は、九大進学ゼミに中学1年生の時からお世話になりました。小学校まで、勉強は得意な方ではなく中学校の勉強についていけるのかと、とても不安でした。しかし、九大進学ゼミに入ったことにより学力がとても上がりました。それだけではなく、無駄のない時間の使い方や効率の良い勉強方法を知ることができました。2年生の頃から英語が分からなくなってきたときも、とても丁寧に一つずつ教えてくださり、分からないものが少なくなっていきました。
 受験シーズンの宿題は、たくさんありましたが、どれもためになるものばかりでした。これからの高校生活は、中学校以上にきついこともたくさんあると思いますが、九大進学ゼミで学んだ、効率の良い勉強方法と無駄のない時間の使い方でたくさんの壁を打ち破っていきたいです。

毎日コツコツすることの大切さ

大村高校|普通科合格
  横山 功三郎さん(大村中学校)

 中学1 年生のころは、どこかの高校に受かればいいやくらいでした。1年生の後期に自分の将来の夢ができました。そのときに、それを叶えるためには、大学に進学しなければならないということを知りました。大学進学のため、大村高校を受験しようと思いましたがそのときの自分の学力では、絶対に受からないと考えて、九大進学ゼミに入りました。周りは自分よりも頑張っている人ばかりで正直焦りました。そして、学力は一時期上がったものの、途中で上がらないときがあり、あきらめそうにもなりました。
 しかし、日々の宿題など、毎日コツコツやっていくと成績がだんだんと上がっていきました。その結果、入試では自分の中で最高の状態で受けることができました。受験を通して、毎日コツコツ勉強をすることの大切さを知ることができました。

私がなぜ高校に合格できたのか

大村高校|普通科合格
  松尾 匠馬さん(玖島中学校)

 私は、九大進学ゼミに通ってよかったと思っています。九大進学ゼミでは基本的に予習をしていたので、学校の授業の問題をスラスラ解くことができました。そして、日々の宿題を毎日取り組んでいたことも大村高校に合格できた理由の一つだと思います。日々の宿題を毎日解いていたことにより、数学では計算問題を速く解けるようになり、社会や理科などでは、重要語句をたくさん覚えることができました。本番では、とても緊張しましたが自分の中ではしっかり解くことができたと思います。
 このように、自分に自信が持てたのは毎日の積み重ねがあったからだと思います。そして、合格もでき、本当に九大進学ゼミに通ってよかったと思いました。もし、通っていなかったら合格は難しかったかもしれません。改めて九大進学ゼミの先生や日々の宿題に感謝したいです。

受験を通して

大村高校|普通科合格
  田中 美空さん(大村中学校)

 私は、受験に対して「どうせ受かるだろう」「少しだけ勉強しておけばどうにかなる」というような甘い考え方をしていました。中学1 年生の時は、高校の名前すら分からずに、受験のことを全く意識していませんでした。部活を優先し、なんとなくしか勉強をしていなかったので、学力も少しずつ落ちてしまいました。
 3年生になって部活を引退してから、ようやく勉強中心になり、受験のことも少しずつ気にするようになりました。勉強になかなかついていけず、進路も悩みました。夏期講習や冬期講習では、毎日のように授業があり大変でしたが、先生や親にたくさん支えてもらったおかげで、乗り越えることができました。最後まであきらめずに、第一志望を目指してよかったです。

受験を通して学んだこと

大村高校|普通科合格
  森 華凜さん(玖島中学校)

 私は今回受験をして分かったことが二つあります。一つ目は日々の努力の積み重ねがとても大切だということです。私は社会や英語にとても苦手意識があったので、中学1・2 年生の時は最初からあきらめることが多かったです。しかし3年生になってからは自分の希望する学校に合格するためにはその苦手な2教科を頑張る必要がありました。そのため九進の授業と日々の宿題を一生懸命頑張りました。
 その結果、合格できました。この経験を活かして、大学受験に向けては最初から本気で頑張りたいです。二つ目は家族のサポートのありがたみです。私が勉強に集中できるように部屋の環境を良くしてくれました。だから、次は私が家族のサポートをしながら勉強も頑張りたいです。

高校受験を体験してみて

大村高校|普通科合格
  今 梨穂香さん(桜が原中学校)

 私は中学3年生の時、九進に入りました。九進に入って、公立高校の過去の問題を解いても成績がよくありませんでした。それでも、第一志望に合格するため、九進の授業や日々の宿題を頑張ったり、時間をはかりながらたくさんの問題を解いたりしました。夜遅くまで勉強をして睡眠不足になったり、辛くて泣きそうになったり、ストレスがたまり親にあたったりする時もありました。
 しかし、数々の壁を乗りこえて第一志望に合格することができました。それは、苦しみを分かち合い、支え合った友人、いつも私を励ましてくれた親、そして、九進の先生方のおかげです。学校が休校になった時も、受験日までの勉強のサポートや受験当日のアドバイスを親身になってしてくださいました。たくさんの人たちにとても感謝しています。なにより、一番近くで支えてくれた親に感謝しています。

受験を終えて感じたこと

大村高校|普通科合格
  藤原 大輔さん(桜が原中学校)

 僕はこの受験を振り返って、とても大変だったと感じました。中学3年生の4月の時点ではまだそれほど受験に対しての意識はありませんでしたが、月日が流れていくとともに受験への意識が高まっていき、勉強に熱が入っていったような気がします。夏休みの勉強合宿は今までで一番勉強したので、よく覚えています。
 受験勉強中は、苦しくて投げ出したくなるときもありました。そうなったときは外で散歩をしたり、自分の好きなことをしたりしてストレスを発散しました。周りの仲間や先生、家族が支えてくれたおかげで、無事に合格でき本当に感謝しかありません。受験に向けては「自分は一人じゃない」という考えで取り組むのも良いと思います。受験生になったときは最後まで頑張って下さい。てくださいました。たくさんの人たちにとても感謝しています。なにより、一番近くで支えてくれた親に感謝しています。

受験が終わって得たものとは

大村高校|普通科合格
  高橋 季里さん(桜が原中学校)

 中学2年生の3月、先輩方の受験が終わりついに私達の番なんだと思っていました。でも全然焦りもしていませんでした。4月、3年生になり日々を重ねていく中で学校や九進の先生方の話の中で受験という言葉が増えていました。受験という言葉を聞くたびに不安と緊張は増しました。夏休みの100問トレーニングは忘れられません。毎回の100問トレーニングは辛かったけれど受験生という自覚が芽生えてきました。
 9月は体育大会もあり正直体力的にも精神的にも大変な時期でしたが、仲間とともに乗り越え、冬休みには入試問題を解き始め、確実に実力がついていったと思います。入試が終わった今言えることは、やった分だけ達成感に変わるということです。今では良い思い出です。

受験への恐怖から自信へ、そして合格へ

大村高校|普通科合格
  板谷 康平さん(郡中学校)

 僕にとっての受験は、とても怖いものでした。自分が落ちるかもしれない、もしくは同じ高校を受験している仲間が落ちるかもしれない、もし、僕が九大進学ゼミに入っていなければ、緊張とプレッシャーでどうにかなっていたかもしれません。しかし、中学2年生から九大進学ゼミに入ったおかげで、怖さというのは無くなり、逆にそれが自信となって受験することができました。
 なぜならば、九大進学ゼミの日々の宿題や模試など、何回も行うことで入試の形式を理解し、慣れることができたからです。100問トレーニングや合宿など、辛い時もあったのですが、それを乗り越えることで自信がついていったのだと思います。入試での検査室の雰囲気は九大進学ゼミの模試にそっくりでした。だからこそ落ち着いて、自信を持って合格することができました。

きっかけを作ること

大村高校|普通科合格
  堀田 甫さん(桜が原中学校)

 僕は、中学3年生になるまで勉強をあまり真剣にやっておらず、家ではゲームばかりをしていて、学校の宿題をさぼったこともありました。しかし、九大進学ゼミに入塾してからは、勉強に対する意欲が上がりました。僕は、夏の勉強合宿に参加しました。この合宿には、第一志望校に合格してみせようという熱い意思を持つ人が多くいました。僕はそのときに、自分も負けていられないと思いました。そのときから、僕は家でも熱心に勉強するようになりました。
 特に頑張ったのは、100問トレーニングの練習です。これを家で何回も繰り返すことで、毎日の勉強の習慣をつけ、学力をつけました。僕が一番大切だと思うことは、何事にも全力で取り組むことです。嫌だと思うことはたくさんあるかもしれませんが、あきらめずに取り組む姿勢が大切です。