受験体験記
長崎西高校
Home > 受験体験記 > 長崎地区【長崎西高校】
過去問を解くべき。

普通科理系コース 合格 女子

 私が受験勉強で頑張ったことは、長崎県に限らず全国の過去問を解くことです。過去問を解くとき、はじめは時間も足りず、問題も難しくてあまり解けず、自信を失ってしまいましたが何回か解いているうちに問題に慣れることができるようになったので、一度目にすべての問題ができなくても、自信を失わず最後まであきらめないように頑張って下さい。
 私は勉強が嫌いではなかったので、勉強すること自体はそこまで苦になりませんでしたが解けない問題があると気になってしまう性格なので、九進の先生にたくさん質問しました。
 九進の先生は、とてもフレンドリーで基本的にどんな質問でも答えてくれます。そのため、受験するときには、とにかくたくさん問題を解いて、分からない問題はすべて質問しました。


日々の積み重ねでの成長

普通科 合格 女子

 私は中学3年生の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。2年生ごろから長崎西高校に合格したいと考えていましたが、最初の模試はD判定でした。このままではいけないと思い、日々の宿題や模試の解き直しに力を入れて取り組みました。特に日々宿では、間違えたところを「なぜ間違えたのか」が分かるまで熱心に頑張りました。今の合格があるのは、やはり日々宿などの積み重ねがあったからだと思います。また授業では、先生方が学校では教えてくれない便利な解法を積極的に教えて下さいました。そのおかげで、たくさんの問題をより効率的に解けるようになりました。受験勉強はとても厳しかったです。でもそれ以上に、合格した喜びは大きな自信になります。自分自身の様々な成長がみられた1年間でした。


自信を持って!

普通科 合格 女子

 私は、私立高校に絶対行きたくないという思いで、毎日勉強していました。私の受験は、学力を上げることも意識していましたが、気持ちとの勝負が大きかったです。
 英語は好きだったけど、長文がすごく苦手で、全国の長文をたくさん解いて力をつけていました。
 2学期から、プログレスを制覇するという目標を立てて、毎日、たくさんの教科をしてきました。模試を受けるたびに力がついていくのを実感していたので、私みたいにプログレス制覇という目標ではなく、小さな目標を少しずつ達成したら、その先に「合格」の2文字が待っていると思います。
 最後は、自分を信じて、受験するしかないので、その自信がつくまで、一生懸命勉強に取り組むしかありません!


受験を終えて

普通科 合格 男子

 中学校3年生になった時受験は、まだ先のことだと思っていました。だけど、気がつくともう100日を切っていて、周りはもう受験モードになっていました。そしてそこから先生に頼んでプリントをもらったりしてひたすら問題を解きました。特に日々の宿題は、時間をはかったりして本番を意識して解いていました。朝休み、昼休み、放課後は、全部勉強に集中しました。私立入試が終わるとみんなの目つきが変わり始めました。自習の時に誰も話さないとても静かに教室となりさらに受験を意識するようになりました。最後の一週間は、空いている時間を見つけて自分の苦手な所を無くすことに集中していきました。


プログレスまでがんばるべき。

普通科 合格 女子

 私は、自分の夢を叶えるためにはどこの高校に進学すべきかを考えて、受験する学校を決めました。
 普段の私は、緊張しやすいのですが、日々の学習に励み、過去問を何年分も解いていたので、本番は緊張せずに問題に取り組むことができました。
 私が合格できたのは、日々宿に加えて、プログレスにしっかり取り組んだからだと思います。私は、プログレスを校舎にあった分、全てに取り組み、やりきりました。その継続する力がついたことで、夏からの長い受験勉強をやり通すことができました。みなさんも日々宿を最後までやり通しましょう!きっとあなたの希望する高校に進学することができると思います。


受験をふりかえって

普通科 合格 男子

 最初は佐世保高専と北陽台で迷っていましたが、西高に挑戦してみようと思い、西高を受験しました。 でも模試の結果とかで全然良くない結果になったりしたときは西高をやめようかなとも思いました。けど塾の先生に大丈夫と言われ、最後まで西高志望を変えませんでした。途中で他の学校に変えていたら終わった後で後悔していただろうし、西高に落ちても合格してもいい経験となりました。本番ではいろいろやらかしたりして気持ちが沈むことがありました。面接も緊張してまともなことも言えなかったかもしれませんが、自分のできるかぎりの全力をぶつけられたと思います。受けおわったあとでもいろいろとくやむことはありますが、終わったことは変わらないことなので、もう気にしないようにしようと思っています。


私の受験体験記

普通科 合格 女子

 私は小学5年生の時に塾に入りました。小学生のころは全然苦でなかった日々宿も、中学生になると部活が始まりやる気がない日もありました。しかし、そこであきらめずにコツコツ取り組めたため、簡単な計算ミスがなくなっていったり、重要な語句を定着させれるようになりました。受験生となり、与えられた課題以上の勉強をしないといけないし、苦手な数学がなかなかできるようにならなかったこともあり、いつも心の片すみには不安がありました。そんな時に自信をつけるきっかけとなったのが日々宿を含め、今まで問いてきた問題の量です。
 受験生になるみなさんは、あきらめず、今まで自分がやってきたことを信じて受験にのぞんでください。がんばれ!


受験まで努力をふり返って

普通科 合格 男子

 僕は、小5から九大進学ゼミに通い始めました。入塾した当初は、長崎西も受けるほどの実力など全く無く、成績もいまいちでした。しかし、日々宿やテキストをコツコツ解いていくことで、分かる問題が増え、自信がつき、テストの結果も良くなっていきました。中学に入ると、学習内容も難しくなりました。でも、塾の先生方の分かりやすい指導、テスト対策のおかげで、学年で10位以内に入ることもできました。しかし、中3の秋の模試で志願していた長崎西の合格判定でDをとりました。この日をきっかでとして、「絶対に落ちない。」と強く思い、夜遅くまで勉強するようになり、中3の春に偏差値60を切っていた僕は、受験前の最後の模試には、偏差値67まで上がり、合格できました。今まで支えて下さった九進の先生方、ありがとうございました。