受験体験記
諫早高校
Home > 受験体験記 > 長崎地区【諫早高校】
合格への道

普通科 合格 女子

 私は、小学校から九大進学ゼミに通い始めました。はじめは部活もあり疲れて、日々宿やノートを真剣にすることができていませんでした。ですが、受験を意識するようになってから自分の足りないところを見つけ取り組むことができ、合格へとつながったと思います。定期テスト対策の時、先生方が分からないところは分かるまで教えてくださり、満足のいく点数をとることができました。1回1回の定期テストや実力テストを大切にすることで、推せんで合格できたと思います。夏休みの合宿では、上の人の勉強の仕方や知らなかった人とも仲よくなれてより自分が成長できたと感じました。
 今まで熱心なご指導ありがとうございました。九大進学ゼミを選んで本当によかったです。


今までをふり返って

普通科 合格 女子

 私が諫高に合格できたのは、九進の先生方のおかげです。私は理科、社会が苦手でした。しかし、日々宿を欠かさずしたり、暗記テストで満点を目指し頑張ったり、先生方に特にわからない単元のプリント集をもらって解いたりしたことで、克服できました。また、私は部活を八月下旬くらいまでしていたので部活を引退した人達との差は、広がっていたと思います。しかし、「みんなより勉強する!」という強い気持ちで、きつい時も頑張りました。特に三日間勉強漬けの合宿は私にとってとてもきつかったですが、新しい仲間と共に助け合い、励まし合ったことで乗り越えることができました。私は、九進に入塾して本当に良かったと思っています。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これからも頑張ります!


私の中学校3年間

普通科 合格 女子

 私は、中学校1年生のころからコツコツと自分の苦手と向き合いながら勉強に励んできました。特に学校の宿題でもあった自主学習ノートは、毎日目標を持って取り組みました。そして、授業の内容をその日のうちに理解していくようにしました。しかし、まとめるだけでなく、それを使っていく活用する力もつけなければなりません。それをカバーしてくれたのは、日々宿でした。日々宿は、毎日少しずつ問題を解く練習ができ、とても私の勉強の支えになりました。3年生になってからは、量が増えて、きついと思ったこともありました。しかし、先生の言葉や仲間が共に頑張っている姿を見て、私も頑張ろうと思いました。受験は、きつくて大変なものですが、日々の積み重ねが重要だと学び、たくさんの人に支えられてできるものだと感じました。


この1年を通して

普通科 合格 女子

 私は、中学2年生のときに九大進学ゼミに入塾しました。最初は集団塾と聞いて、授業についていけるのか不安でした。しかし、授業を受けてみると、とても理解でき、テストの成績も上がりました。私は、中学1年生からこの塾に入りたかったと思いました。
 私は、この1年を通して、今までにないくらい緊張し、不安になり、よく泣いてしまいました。しかし、家族や友人、先生方に相談することで、最後まで諦めずにここまでくることができました。
 今年、受験生になる方々は、とても大変だと思います。緊張や不安で精神的にきついこともあると思いますが、その時は必ず誰かに相談したり、思いっきり泣いたりして、自分の気持ちが少しでも軽くなる方法を1つでも持っておくことをおすすめします。


継続すること

普通科 合格 男子

 私はこの一年間をとおして、「継続すること」の大切さを学びました。
 今までの自分は、家であまり勉強しないことが多くありました。しかし、日々宿を毎日コツコツとやることで、苦手だった理科をはじめ、各教科の点数を伸ばしていくことに成功しました。だから、不安を自信に変えることができました。入試当日も、「ここまでやってきた」と思いテストを受けました。入試の時の緊張感は、定期テストなどとは比になりません。なので、メンタルを強くしておくと、本当に大切だと思います。
 新三年生のみなさん、「継続は力なり」です。一日一日を大切にして、無駄のない、効率的な勉強をコツコツと続けて下さい。そうすると、合格への道は開けると思います。がんばって下さい。


塾に通って思えたこと

普通科 合格 女子

 私は中学3年生の夏期講座から通い始めました。初めは、学校から以外の宿題が増えるし、普段テレビを見ている時間に授業を受けるのは苦痛でした。日々宿や100トレも毎日毎日大変で、塾を休みたいと思う日もありました。他の塾はもっと楽しそうと思ったりもしました。しかし、私が日々宿や100トレの成果を感じることができたのは秋からでした。九進のおかげで、基礎もしっかり復習でき、実力テストでも、わかる問題が大幅に増えました。「勉強が楽しい」と心から思えました。そして学校の周りのみんなも受験勉強に本気になり始めても、私はあせらず、今まで通りに勉強することができました。私は九大進学ゼミに通って本当に良かったです。みなさんも大変だと思いますが頑張ってください。応援しています。


受験勉強を通して

普通科 合格 女子

 私は、中学3年生の夏休みに九大進学ゼミに入塾しました。塾に入る前までは、部活に打ち込み、勉強はあと回しになっており、学校でのテストの成績も悪く、勉強に対して抵抗がありました。そんな私を変えてくれたのはこの塾だと思います。「日々宿」をきちんとこなすことは大変でしたが、毎日コツコツすることで、自分の努力が目に見え、私の勉強に対する考え方が変わりました。模試の結果がとても悪かった時にも、周りの仲間から刺激を受け、すぐに切りかえてやる気につなげることができました。  受験勉強をここまで頑張ってこれたのも自分だけではなく、様々な面で支えてくださった両親、塾の先生、周りの仲間のおかげです。これらの方々に感謝し、これからの高校生活もがんばっていきたいと思います。


受験までの勉強

普通科 合格 男子

 私は中学三年生の夏に九大進学ゼミに入塾しました。私が入塾した理由は姉に「第一希望の高校に行きたいなら九進が絶対に良い」と勧められたからです。中学二年生から塾に行き始めはしたものの成績があまり伸びず、三年生の夏に塾を変えようかと悩んでいました。私も母も思いきって姉の言葉を信じ、九進に塾を変えることにしました。塾では、入試の傾向や出やすいところを教えてくれました。また、塾の課題で家庭学習の時間を増やすことができました。私は入塾してから真面目に出された課題や模試で見つけた自分の弱点をなくすように取り組みました。苦手だった理科も九進のおかげで得意科目になりました。そして夏の初めのC判定が、十二月にはA判定を取ることができ、合格することができました。本当にありがとうございました。


本気を出すことで

普通科 合格 女子

 私は小学校の時から九大進学ゼミに通っていました。しかし、なかなか自分の本気を出し切れず、苦しい日々が続いていました。そんな私を見かねて、九進の先生方はたくさんのアドバイスをくださいました。そのおかげで、私は成長できたと思います。勉強方法やテストや受験にむけての道筋など、だれも教えてくれないことを九進の先生方は教えてくださりました。それから私は変わりました。未来に向け、一歩踏み出す勇気を持つことができました。目標の高校に入学するため、一日中勉強することはつらかったですが、九進の先生や仲間たちと支え合いながら自分の目標を実現するために頑張りました。受験を通して学んだことをこれからに活かしていきます。私に自信を与えてくださった先生方に感謝しています。