受験体験記2020

大分上野丘・大分舞鶴・大分豊府・大分雄城台・大分鶴崎高校

Home > 受験体験記 > 大分地区 |大分上野丘・大分舞鶴・大分豊府・大分雄城台・大分鶴崎高校

日々の努力と周りの支えの大切さ

大分上野丘高校|普通科合格
  宮﨑 瑞世さん(南大分中学校)

 私は、中学3年生の夏期講座から入塾しました。それまでは、部活に気をとられてばかりで、受験生ではあるものの勉強に集中できない日が続いていました。ですが、九進に入塾して、勉強が習慣になりました。毎日、基礎を確認することのできる日々の宿題や、トップ校選抜コースで練習したレベルの高い問題は確実に私の力になっていったと思います。もちろん難しい問題にぶつかって心が折れそうになることもあったけど、周りの友達に解き方を教わったりして、乗り越えることができました。
 私が志望校に合格することができたのは、こうした日々の積み重ねと、周りの人の支えのおかげだと思います。入試が近づくと不安は大きくなりますが、最後まで諦めず、志望校に対する気持ちを強く持ち続けてください。

最後まで諦めず、全力で!

大分舞鶴高校|普通科合格
  朝来野 菜月さん(南大分中学校)

 私が、受験生になって常に考えるようにしていたことは、どんなことにも全力で最後まで諦めないことです。私は九進や学校でのテスト中に、初めて見る問題やわからない問題が出てきた時、とても焦ってしまい、そのあとの問題でもできるはずの問題を間違えることがありました。1点でも多くの点をとるためにはこのようなミスをなくすことが大切だと思いました。そのため、多くの過去問を解き、わからないことをなくし、テストのやり直しは自分がわかるようになるまで徹底的にすることを心がけるようにしました。そのおかげで高校に合格することができたと思います。
 くじけそうになっても、今までの自分の努力を信じて、最後まで諦めずに全力でがんばってください。

 

諦めないことの大切さ

大分舞鶴高校|普通科合格
  熊谷 紗衣さん(野津原中学校)

 私が、高校受験で特に意識したことは、「あたりまえ」をあたりまえに出来るようにすること、諦めないことです。私は、中学3年生の前期後期、生徒会長を務めていました。初めは委員会との両立が出来ず成績も上がらず苦労していました。しかし、1度解いた問題を次解いた時にまちがえないようにしたり、日々の宿題の数学でわからない所を質問したりすることで少しずつですが、成績を上げることが出来ました。
 受験勉強をしている最中、何度も何度も諦めたくなった時がありました。そんな時、私は九進の先生、家族に支えられて、諦めずに最後までやりきることが出来ました。今年、受験をひかえるみなさん。最後まで諦めない人が勝ちます。自分が信じたいと思える人を信じて、最後まで諦めずがんばってください。

勉強のやり方

大分舞鶴高校|普通科合格
  佐藤 亜海さん(鶴崎中学校)

 私が中学3年生になった時は、舞鶴高校より楽な高校に行こうと思っていました。ですが、夏休み明けの九進の面談で高い目標を持ち、舞鶴高校に合格したい。という自分の意思がはっきりしました。その日から、自分の苦手とする国語を克服するため、先生に相談し、教えてもらった問題を計画的に解きました。
 また、トップ校選抜コースでは、レベルの高い高校への合格に向けて、他の校舎からの人とともに少し緊張感をもちながら難しい問題を解きました。それも、私にとって良い経験となり、同じぐらいの人がこんなに頑張っているから自分も頑張ろうと勇気が出ました。そして、受験では今までの成果が私の自信となり、挑戦することができました。苦手としていた国語も解けるようになりました。合格した時、達成感を味わいました。

何があっても諦めません。

大分舞鶴高校|普通科合格
  日野 泰志さん(碩田中学校)

 僕は、この九大進学ゼミに中3の夏から参加し始めました。最初は、知らない人がたくさんいてとても緊張しました。しかし、しばらくすると和やかな先生方などのおかげでとても楽しくなりました。
 僕は、最初九大進学ゼミに入れば誰でも成績が上がるものだと思っていました。しかし、僕は九進の授業を受けるだけで、自習はまったくしていなかったため、成績がどんどん下がっていきました。そこで、ついに自習をするようになりました。今まで出したことのない頑張りで続けていましたが、あまりよい結果は出ませんでした。しかし、私は志望校を変えませんでした。たとえ模試でE判定をとったとしても、諦めませんでした。この事が、僕を合格に導いたもっとも大きなかぎだと思います。

最後まであきらめずにやりとげる

大分豊府高校|普通科合格
  藏本 雅音さん(明野中学校)

 私はこの1年間を通して、「最後まであきらめないこと」の大切さを学びました。私は10月まで部活があり、大事な時期に勉強から逃げていました。焦りを感じたのは、志望校の判定がEになった9月。その後も、入試本番まで安心できたことは1度もありません。そんな私が志望校に合格できたのは、九大進学ゼミの先生方が「あきらめるな」と最後まで応援してくださったおかげでした。
 そして、あきらめないためには弱い自分に勝たなければいけません。私は家に帰ると誘惑に負けてしまうので学校からそのまま毎日九大進学ゼミに行き、質問するようにしました。自習室や授業、トップ校選抜コースで苦手な問題に取り組んだから入試本番で過去最高点を取ることができたと思います。最後の最後まで努力し、やり遂げれば夢は叶います。

一番大切な事

大分豊府高校|普通科合格
  宮本 紗矢香さん(南大分中学校)

 受験で一番大切な事は自信をつけることだと思います。私は、模試の点数や判定が、志望校に余裕で合格できるものではなく、自信を持つことができませんでした。しかし私は、全国入試問題正解を解くことで日本全国の問題に挑戦し、「私は、これだけがんばってきたんだ」と自信をつけることができました。
 自信を持って受けたテストと、不安な気持ちで受けるテストでは、点数が変わってくると思います。だから、受験生の皆さんも自分を信じてがんばってください。

私の受験体験記

大分雄城台高校|普通科合格
  佐藤 新大さん(稙田中学校)

 僕は8月まで部活をしていたので、本気で受験勉強をスタートするのが、みんなよりも少し遅くなりました。なので、この遅れを取り戻すためには、部活を引退したらすぐに受験勉強をスタートしなければならないと思いました。しかし、部活を引退してからもなかなか切り替えることが出来ないでいました。2学期の途中でさすがに切り替えなければいけないと思い、授業が終わった後に残って勉強するようになり、授業がない日も九進に行って過去問を解くようになりました。九進で勉強すると分からない問題もすぐに先生に質問することができるのでとても良いです。
 また、日々の宿題を、しっかりと取り組むことがとても大事です。日々の宿題は入試と似ているのでとても良い問題です。受験生の皆さんがんばってください。

僕が受験勉強で大切だと思ったこと

大分雄城台高校|普通科合格
  仲宗根 玄昌さん(稙田中学校)

 僕は、1月の中旬までサッカーをしていました。全国大会があったからです。大会後に勉強すればいいと思っていましたが、なかなか切り替えられなかったので、早めに九進に行ったり、残って自習しました。先生方のサポートもあって、最後のテストでは、志望校のボーダーと同じくらいの点数になりました。
 なぜ点数が上がったのか振り返ると、自習に行くこともそうですが、やはり日々の宿題をしっかり解いたからだと思います。日々の宿題を毎日復習までやれば高得点を取ることができます。僕がそれに気づいたのは、1月くらいでした。だからみんなには今から取り組んでもらって、志望校に余裕で合格できるくらいの実力をつけてほしいです。1年間苦しいと思いをするかもしれないけれど、頑張ってください。

気持ちの持ち方は全てを変える

大分雄城台高校|普通科合格
  山本 翔太さん(南大分中学校)

 僕は小学5年生のころに九大進学ゼミに入塾しました。それから受験までのおよそ5年間の道のりは、決して楽なものではありませんでした。そうした九進生として過ごす中で、僕が大きく変われるきっかけとなった先生のある言葉があります。それは「その人の合格は、その人だけの合格ではない」という言葉です。この言葉は、自分を支えて下さっている周囲の方々への感謝の気持ちを忘れてはならない、という意味だと僕は捉えました。
 受験は、1人だけで立ち向かうのではなく、周りの方々の支えがあるからこそ挑戦ができるという謙虚な気持ちを常に持って取り組んでみてください。そうすれば必ず、成績につながります。気持ちの持ち方で全てが変わる!! そう信じて1日1日を大切に頑張って下さい。

勉強のやり方

大分鶴崎高校|普通科合格
  大土 蒼太さん(明野中学校)

 中学に入学してすぐのテストでは僕は230人中180位をとりました。進路も決めていなかった僕は「まぁ大丈夫やろ」と思っていました。そのまま3年になり部活が終わって、少しションボリしていた僕に栄木先生と藤田先生が「部活は高校に行ってもできるけど、勉強は今しないと後悔するよ」と言ってくれました。僕はそれがきっかけで自分のための勉強を始めました。九大進学ゼミが開いている日は九大進学ゼミに行くようにして社会と理科の一問一答をしたり、過去問を解いたりしました。
 しかし数学は慣れなので日々の宿題をしっかり解いて分からない所は先生に質問する、これをくり返すことで確実に計算ミスを減らしていきました。その結果最後のテストで72位を取ることができ、目標だった鶴崎高校に合格しました。ライバルを決めて競ったのも大切だと感じました。