受験体験記2020

中津南・中津北高校

Home > 受験体験記 > 大分地区 |中津南・中津北高校

日々の宿題の大切さ

中津南高校|普通科合格
  小野 桂さん(豊陽中学校)

 最初は、なぜ日々の宿題が必要なのか、面倒臭いとばかり思う日々でした。しかし、受験生になり、学校の友達と計算スピードや暗記の量に差がついていることを感じ今まで行ってきた日々の宿題は無駄ではなかったと思えるようになりました。みんなもきっとそう感じていたと思います。
 また、日々の宿題は復習にもなります。3年間で学んだことが問題として出るので忘れていた内容も思い出すことができます。受験当日の1週間前に日々の宿題で分からない問題があったのでそこをしっかりと復習しました。すると、受験当日にまったく同じ内容の問題が出ていました。最初は、面倒臭いと思ってしまうけれど、日々の宿題をすることは、絶対に無駄ではありません。真剣に取り組んで本当に良かったです。

受験に対する思い

中津南高校|普通科合格
  後藤 大和さん(豊陽中学校)

 私は、中津南高校を受験しました。高校受験は決して楽なものではありませんでした。しかし、今は将来の夢への通過点だったと思えます。将来の夢を実現させるために、受験を通して努力の積み重ねが大切だと学べたのは良かったと思います。受験前日の夜は、次の日のために勉強しすぎず、いつもより少し早めに寝ました。翌日は朝6時くらいに起きることにより、頭の中がスッキリして、試験中不要なことを考えてしまうことがないようにしました。
 受験は、個人戦でもあり団体戦でもあります。試験直前までは、同じ中学校の人と、励ましあうことも大事ですが、試験が始まってからは、周りの人全員と自分の心との戦いです。今後も、周りの人や自らの心に負けぬよう努力を積み重ねます。

 

ありがとう九進

中津南高校|普通科合格
  中島 陸玖さん(豊陽中学校)

 私は小学5年生のときに九進に入塾しました。最初は何もわからず、不安な気持ちでいっぱいだったけれど、すぐに慣れ、九進に行くのがとても楽しくなりました。そして、中学生になってからも行き続けました。中学1年生のとき、家よりも塾の方を中心にして勉強していましたが、中学2年生のとき、九進の先生から両立が大変になると聞いて、家での勉強時間を増やしました。3 年生になってからは、受験生という意識も高まり、さらに家での勉強時間を増やしました。
 部活を引退すると九進に行く日数も増えました。家での勉強に加えて九進での勉強を続けていくと、入学からの目標であったトップ10に入ることができました。そして、志望校合格も実現しました。いつも的確なアドバイスをしてくれた先生方、本当にありがとうございました。ありがとう九進。

九進で学んだこと

中津北高校|普通科合格
  山岡 美結さん(城北中学校)

 私が九進に通った中で印象に残っていることは、夏の勉強合宿です。初対面の人と同じ部屋やクラスで過ごすことは不安もあったけれどとても新鮮でした。朝から晩まで集中して勉強をしたことがなかったので、きつかったけれどたくさんの知識を得ることができました。
 私にとって最も大切だと感じたものは、日々の宿題です。初めの頃は、学校の宿題もたくさんあるのになぜしないといけないのかと思っていたけれど中学3年生になり重要性をとても感じるようになりました。日々の宿題で解けなかったところを先生に質問したり、友達に聞いたりして解決していくことで模試でも点数を上げることができました。九進の先生や、支えてくれた家族、友達がいたから合格することができたと思います。本当に有難うございました。